学部・大学院・付属機関等

【教職員向け】遠隔等授業に関するFAQ

随時更新します。

(2020/4/20) Microsoft Teamsの参加者映像画面数について補足、Moodleの解説動画の配置場所の変更

(2020/4/19) Zoomの利用に関するプライバシーとセキュリティについて追記

遠隔等授業のツールについて

Q. 公式に認めている遠隔等授業のツールは何ですか?

A. Moodle、Microsoft Teams, Microsoft Stream等の Office 365, Cisco Webex, MATLABです。

これら以外のツールを利用することも可能ですが、情報総合センターでは利用方法等に関する問い合わせは対応しかねます。教員ご自身の責任でご利用ください。また、大学が認めていないツールを使用する場合には、必ず学生から利用の同意を得てください。

大学が認めていないツール等のアカウントの作成を強制したり、個人のSNSアカウントを利用させることは絶対に避けてください


Q. Microsoft Teams が利用できるのに、なぜ Cisco Webex を契約しているのですか?

A. Microsoft Teamsの利用においては、Office 365 ライセンスが必要です。授業によっては、履修者数や使用目的でMicrosoft Teamsが適さない場合があります。また、本学の授業では、大学連携などにより他組織の学生が受講していることがあります。これらの授業においても遠隔等授業を提供できるように、本学では、Cisco Systems, Inc. の高等教育機関特別支援プログラムにより無償で Cisco Webex の提供を受けています(180日間の期間限定)。Cisco Webex は Zoom とほぼ同様な機能を有しており、Zoomの代用として使用できます。

Moodle の利用について

Q. 非常勤講師はMoodleを利用できますか?

A. 本学の統合認証IDが必要です。2020年度第1学期は全非常勤講師を対象にアカウントを発行済みで担当部局より郵送しています。統合認証IDの発行により、本学の統合認証IDが交付されますので、そのIDを利用してMoodleにログインしてご利用ください。


Q. Moodleの簡単な利用ガイドはどこにありますか?

A. Moodle の「遠隔等授業演習(教員向け)」に解説動画を用意しています。

Zoomアプリの利用について

Q.  Zoom は利用できますか? (2020/4/19 更新)

A.  現在の Zoom については、プライバシーとセキュリティに関する懸念事項があるため本学では利用を推奨していません。利用禁止とはしませんが、Zoomを利用する場合には、Zoom Video Communcations社が推奨するセキュリティとプライバシーの設定を行った上で、利用者全員が最新版を利用し、教員の自己責任でご対応ください。Zoomの利用に関する問い合わせについては対応できません。

(参考) セキュリティとプライバシー (Zoom Video Communications, Inc.)

上記の設定をすべて行ったとしても、秘匿性が求められる内容をZoomで共有することは絶対に避けてください。現在の Zoomの仕様では秘匿性は保証されていません。


Q. Zoom の代替機能のツールはありますか?

A. 多くの機能は Microsoft Teams の Teams会議や Cisco Webex の Webex Meetings 等で代用可能ですが、参加者映像画面数の差異などがあります。


Q. Zoom はアンインストールした方がよいでしょうか?

A. Zoom は必ず最新版を利用してください。古いバージョンでは、セキュリティやプライバシー対策が十分行われていないため、悪意のあるユーザにパソコンが制御される事例まで報告されています。Zoomが不要であればアンインストールしてください。

Microsoft Teams の利用について

Q. 非常勤講師はMicrosoft Teamsを利用できますか?

A. 本学の統合認証IDが必要です。2020年度第1学期は全非常勤講師を対象にアカウントを発行済みで担当部局より郵送しています。統合認証IDの発行により、本学のメールアドレスが交付されますので、そのアドレスを利用してOffice 365にサインインしてご利用ください。


Q. ゼミでMicrosoft Teamsを利用したいのですが、 「チームを作成する」ボタンを押しても動きません。

A. Microsoft Teamsを授業で利用するためには、情報総合センターで授業の「チーム」を作成する必要があります。授業科目でMoodleのコースがある場合には連携機能によりMicrosoft Teamsのチームを用意することができます。Moodleのコースがない場合にはこちら(Microsoft Formsへ)からチーム登録申請をお願いします。


Q. インタラクティブな授業の場合、Microsoft Teamsではどれを利用すればよいでしょうか?

A. Microsoft Teamsでは、Teams会議とライブイベントの2種類が提供されていますが、インタラクティブな授業ではTeams会議を利用してください(参加者数は最大250)。参加者映像画面数が最大9という制約があります。

来日できない学生への対応について

Q. 来日できず、「パスワード等配付通知」を受け取っていない学生は Moodle, Office 365 を利用できますか?

A. 担当事務局を通じて情報化推進課までご相談ください。

学生との意見交換の機会の確保について

Q. 学生との意見交換で利用できる大学のツールとしてどのようなものがあるでしょうか?

A. 大学で提供できるツールとしては、Moodle(フォーラム、課題など)、Microsoft Teams(画面共有、チャットなど), Cisco Webex (画面共有、チャットなど)があります。

keyboard_arrow_upTOP