大学案内

学長挨拶

大学も時代にあわせて衣替えを

北九州市立大学 学長 松尾 太加志

松尾学長

 北九州市立大学のホームページにようこそ、そして、このページを開いていただきありがとうございます。ホームページは2020年3月にリニューアルしました。スマートフォンでも見やすくなるよう工夫を重ねました。

 大学の教育内容も、ホームページをリニューアルするように、時代にあわせて新しく衣替えをしてまいります。本学では、外国語学部、経済学部、文学部、法学部、地域創生学群、法学研究科、社会システム研究科、マネジメント研究科が北方キャンパスに、そして、国際環境工学部、国際環境工学研究科がひびきのキャンパスにあります。

 昨年の2019年度から、全学で新しいカリキュラムをスタートさせました。外からみた看板に違いはないのですが、それぞれの学部・学群、大学院で、特徴的な教育プログラムを提供できるように工夫しました。その成果が明確に表れてくるのは卒業生・修了生を輩出した時期になることでしょう。

 また、昨年度から新しい社会人教育を開始しました。北方キャンパスには社会人の学び直しやキャリアップを支援する「i-Designコミュニティカレッジ」を開設しました。昨年度は予想を上回る受講希望があり1年間の学修を終えられました。これからも新たなコースを加えて衣替えするなど、さらに魅力的なプログラムを提供してまいります。

 一方、ひびきのキャンパスでも、文科省から補助を受けた高度情報技術の人材育成のenPiT-everiというプログラムを昨年度から開始しています。人工知能やロボット技術などの新しい技術を身につける実践的な教育プログラムを提供するもので、今年度は受講しやすいように少し衣替えをしました。

 衣替えはこれで終わりではありません。大学は、6年をひとつの区切りとして中期目標・中期計画を立て、その計画に沿った実行をしていますが、次の6年、さらにはもっと先の10年、20年先を見据えた大学の将来計画も検討しなければなりません。本学では大学戦略会議を設け、大学の将来について考えるための将来構想の検討会を設置し、若手の教職員を中心に議論を進めているところです。

 時代に即した教育プログラムに衣替えをし、学ぶ人の未来に、社会の未来に貢献できるよう、教職員一同尽力をしてまいります。

keyboard_arrow_upTOP