研究・産学官連携

2022年度 表彰関連

バンダルランプン大学(UBL)設立50周年記念 UBL賞を受賞しました(デワンカー・バート教授)

本学関係者 デワンカー・バート教授(国際環境工学部 建築デザイン学科)
主催 バンダルランプン大学
発表日 2022年7月21日
内容

【受賞名】UBL賞

【受賞理由】バンダルランプン大学(バンダルランプン市、インドネシア)と長年の国際交流のため

 UBL賞.jpg

ICAE2022 XVIでベストプレゼンテーション賞を受賞しました(XIN YUAN)

本学関係者 XIN YUAN(国際環境工学研究科 建築デザインコース 博士後期課程3年 龍 有二 研究室)
主催

International Conference on Architecture and Environment

発表日

2022年6月16-17日

内容

【開催地】カナダ トロント(オンライン参加)

【受賞名】ベストプレゼンテーション賞

【発表件数】220件

表彰(エン).jpg

2022年(第33回)日本建築学会優秀修士論文賞を受賞しました(福積 慶大)

本学関係者 福積 慶大(国際環境工学研究科 建築デザインコース 博士前期課程2022年3月修了 安藤 真太朗 研究室)
主催 日本建築学会
発表日 2022年7月21日
内容

この賞は、日本建築学会が、1989年7月に建築教育振興基金(タジマ基金)による学生を対象にした論文の顕彰事業「優秀卒業論文賞」「優秀修士論文賞」を設け、優れた論文を顕彰してきたものであり、2022年は第33回となるものです。

【論文名】「冬季の室温改善が居住者の過活動膀胱抑制にもたらす便益評価」

優秀卒業論文賞・優秀修士論文賞 | 日本建築学会 (aij.or.jp)

第38回日本DDS学会学術集会で優秀発表賞を受賞しました(隅谷 和樹)

本学関係者 隅谷 和樹(大学院環境システム専攻バイオシステムコース 博士2年 櫻井 和朗 研究室)
主催 日本DDS学会
発表日 2022年7月11日
内容

【発表題目】「腫瘍に対するマイクロRNAと免疫アジュバント併用療法による治療効果」

【発表形式】口頭発表

免疫活性化剤として知られるCpG-ODNに対して、生体由来の核酸であるmiR-155を併用させることで、CpG-ODN単体よりも高い免疫活性化を実現することができた。これは、マウスを用いた実験でも実証された。

第38回日本DDS学会学術集会

令和4年廃棄物資源循環学会九州支部研究ポスター発表会で優秀ポスター賞を受賞しました(LI YAJUAN)

本学関係者 LI YAJUAN(大学院環境システム専攻環境生態システムコース 博士後期3年 松本 亨 研究室)
主催 廃棄物資源循環学会九州支部
発表日 2022年5月14日
内容

【発表題目】「竹バイオマスの活用を想定した賦存量と供給可能量の推計:北九州市のケーススタディ」

北九州市の竹バイオマスについて、土砂災害の発生可能性の推計と伐採・輸送のコスト計算から、伐採の優先度を考慮して供給可能量を推計しました。それをもとに、利活用策の評価を経済的側面から評価を行いました。

令和4年度廃棄物資源循環学会九州支部 研究ポスター発表会・留学生等交流会開催報告 | 九州支部 (jsmcwm.or.jp)

令和4年廃棄物資源循環学会九州支部研究ポスター発表会で優秀ポスター賞を受賞しました(井口 颯一朗)

本学関係者 井口 颯一朗(国際環境工学研究科 資源化システムコース 博士前期課程1年 大矢 仁史 研究室)
主催 廃棄物資源循環学会九州支部
発表日 2022年5月14日
内容

【発表題目】「機械学習による金属リサイクル技術の開発」

ディープラーニングによる一般廃棄物焼却灰から回収したステンレスとスラグの識別精度を99.7%まで向上する方法を開発し、手選別に代わるAIを用いたソータ開発の基礎的な知見蓄積を行いました。

第34回中小企業優秀新技術・新製品賞で産学官連携特別賞を受賞しました。

本学関係者 李 丞祐 教授(国際環境工学部 エネルギー循環化学科)
主催 (公財)りそな中小企業振興財団、日刊工業新聞社
発表日 2022年4月22日
内容

東横化学㈱と共同開発した「液種判別センサー」が産学官連携特別賞を受賞しました。

楯.jpg表彰状.jpg

keyboard_arrow_upTOP