お知らせ

北九州市立大学からのお知らせ

お知らせ

大学院社会システム研究科入学試験における英語資格試験の取扱いについて

大学院社会システム研究科の入学試験については、出願資格において、英語資格試験を条件としていますが、新型コロナウイルス感染症の影響に伴い、同資格試験の中止が続いているため、2020年度入学試験の10月入学及び2021年度入学試験の夏期日程については、同条件を次のように変更します。
なお、冬期日程については、英語資格試験の開催状況を踏まえ、今後ホームページにてお知らせします。

【社会システム研究科 博士前期課程 現代経済専攻】
2021年度入学試験 一般選抜の夏期日程は、出願資格として「TOEIC L&R 500点以上」に加え、「TOEFL iBT(含、TOEFL iBT Special Home Edition) 38点以上」を認めることとします。(※なお、両試験とも出願時から遡って3年間の成績とする)

【社会システム研究科 博士後期課程 国際開発政策コース】
2020年度入学試験の10月入学及び2021年度入学試験の夏期日程は、出願資格から「TOEFL PBT 550点相当以上」の条件を免除します。

(重要)大学院社会システム研究科入学試験における英語資格試験の取扱いについて

大学院学生募集要項はこちらをご覧ください。

keyboard_arrow_upTOP