学部・大学院・付属機関等

メールシステムの切り替えについて

概要

2019年9月1日(日)13:00より、本学のメールシステムは、Active!mail からマイクロソフト社が提供するクラウドサービス Exchange Online(Office 365で提供されるメールサービス)を利用したものに切り替わりました。

このメールシステムの切り替えにより、利用者のメールアドレスは変わりません。
クラウドサービスを安全に利用するために、IDとパスワード以外に他の手段(音声電話、SMSなど)により本人確認を行う多要素認証(2段階認証)を導入します。

多要素認証(2段階認証)の設定について

多要素認証(2段階認証)とは、第三者が不正に入手した知識(IDとパスワード)のみでサインインできないようにする仕組みの1つで、追加のセキュリティとして、ユーザが持っている電話やスマートフォンなどに届いたメッセージの応答により本人確認を行うものです。

Office 365 を利用するためには、まず利用者自身で2段階認証の認証方法を設定し、登録した電話番号またはアプリなどで応答する必要があります。

① Office 365への接続

ウェブブラウザを起動し、メールアドレスとパスワードを使用して Office 365 ( portal.office.com へ移動)にサインインします。

Office365への接続

注意:Internet Explorer 11の標準設定では2段階認証の設定に失敗します。別のウエブブラウザを利用して2段階認証を設定してください。

② 「追加のセキュリティ確認」の設定

サインインに成功すると、詳細情報を要求されます。追加のセキュリティ確認にて応答方法(SMS、音声電話、認証アプリ)を登録してください。SMS または音声電話への応答または認証アプリにより本人確認を行うことができます。下図に音声電話の設定例を示します。後から応答方法の追加や変更が可能です。

「追加のセキュリティ確認」の設定

パソコンとスマートフォンを同時に利用できる方のみ認証アプリでの本人確認を選択してください。

多要素認証を設定する(support.office.comに移動) ※モバイルアプリにおける設定方法

Office 365におけるメールの利用について

メール利用の詳細については、北九大ポータル内のOffice 365 関連マニュアルからご確認ください。

① パソコン (Windows/ macOS) では、Outlookソフトウェア、Outlook on the web (ウェブブラウザから利用できる Office 365 のメール機能)の利用を推奨します。その他の標準的なメールソフトウェアも利用できますが、利用できる機能に制約があります。
② スマートフォン(Android/ iOS)では Outlook アプリの利用を推奨します。標準のメールソフトウェアも利用できますが、利用できる機能に制約があります。

Get it on Google Play Download on the App Store

Office 365では常に最新の機能やインターフェースが提供されるため、予告なく仕様が変更されることがあります。

注意

・メールシステムを切り替えてから、しばらくの間 Active!mail にメールが届くことがあります。
・Active!mail は当面の間参照用として利用できます。但し、アカウントの有効期限内に限ります。

商標等について

・Microsoft®、Office 365®、Outlook®は米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
・「マイクロソフトの著作物の使用について」に従い、マイクロソフトの許諾を得て使用しています。

Microsoft 365 Education に関する FAQ (よくある質問)

keyboard_arrow_upTOP