ひびきのキャンパス

機械システム工学科

機械システム工学科

概要

持続可能な社会の構築を目指し、環境に配慮したものづくりを学ぶ。

 工業製品の開発とその製造プロセスが、地球環境に及ぼす影響の問題は、地球親模で深刻になっています。社会の発展と環境の保全を両立させるために、我々は何を成し、成さざるべきなのか。この地球上に生きる人や自然の立場を理解しながら、お互いが共存・共生できる技術の開発を目指しています。

教育課程・教育方法の特色

学科の特徴

 本学科では、あらゆる「ものづくり」を目指す学生諸君のために、機械工学の基礎、創造性、応用力だけでなく、環境問題に留意できる視点を身につけるようなカリキュラムを提供します。

「ものづくり」とは?

豊かな生活は「ものづくり」の上に成り立ちます。たとえば、コンピュータ、テレビ・ビデオ、自動車、カメラ、ロボット、医療福祉機器、火力・原子力発電所、金属・製鉄機械、化学プラント装置、船舶、航空機・宇宙開発システム装置、さらには、それら機械装置を作る工作機械や関連ソフトウェアなど、非常に広い範囲のものづくり技術と産業があります。機械工学はこれら「ものづくり」のための共通的な基盤技術です。

環境問題への対応

 皆さん方の先輩は、「豊かな生活=大量生産・大量廃棄」という思想で頑張りました。しかし、エネルギー・資源問題、地球温暖化、廃棄物処理・環境汚染などの「環境問題」が立ちはだかり、「豊かな社会」と「継続可能な社会」とを両立させる必要のあることが明らかになりました。
 このため本学科では、このような国際的な問題に対応する視点を、日本人と多くの留学生が一緒になって討論しながら学んでいきます。

教育の特色

●機械工学の専門科目については講義に加え、演習科目を設定し、根本的理解と応用力を養います。
●国際環境工学部付属加工センターを利用した各種の加工やFA実習システムを用いたFAの疑似体験など、実験・実習を重視したものづくりの実践的教育を行います。
●国際科目や環境科目を学び、環境問題やエネルギー問題に高い関心をもつ機械技術者を育成します。
●「フォーミュラカー」,「ロボット」、「電気自動車」、「鳥人間」など学生主体の創造的プロジェクトを支援しており、学生が自主的に、ものづくりを学べます。
→ 北九州市立大学学生フォーミュラチームホームページ
●少人数編成の英会話など、英語を実践的に学習します。
●GPA(Grade Point Average)制度の導入により、各科目の修学度を定量的に評価します。

DSC_0103.thumb_240_160.JPG

●卒業研究の研究成果を日本機械学会等の国内外の学会にて発表することを推奨しています。学会での発表機会を得るだけでなく、学会に参加することで最先端のものづくり研究について学びます。
→ 日本機械学会 ホームページ
→ 日本機械学会 女性エンジニア交流会 ホームページ

学科長メッセージ

「将来の機械エンジニアを目指して!」

機械システム工学科長 岡田 伸廣 (Nobuhiro Okada)

機械工学は、社会を支えるモノを作り、使うための基礎となる学問です。現代の世の中は、急速にグローバル化・デジタル化も進んでおり、さらに地球環境問題やエネルギー資源枯渇問題なども社会の重要な課題となっています。本学科では、このような社会からの要求に適切にこたえることができるような、専門知識と技術を学ぶことができます。

機械工学科の卒業生は、自動車・工作機械・船舶のように直接機械に関連する分野だけでなく、化学プラント、電気電子製品・薬品などの製造など広い分野の第一線で活躍する機械技術者や研究者となっています。

環境先進都市となった北九州市で、次世代の機械システムエンジニアを目指して我々と一緒に頑張ってみませんか。

カリキュラム

博士前期課程

各科目の詳細はこちらから→シラバス(カリキュラム)

共通科目
企業環境マネジメント論 知的財産の生産と活用 Academic Presentation Ⅰ
Academic Presentation Ⅱ 工学倫理特論 環境原論
学外特別研修(インターンシップ)
基礎科目
機械システム基礎Ⅰ(エネルギーシステム) 機械システム基礎Ⅱ(設計加工システム)
専門科目
流体力学特論 燃焼工学特論 流動光計測特論
伝熱工学特論 熱力学特論 制御工学特論
メカトロニクス特論 設計工学特論 加工学特論
材料力学特論 機械要素設計特論 システム工学特論
機械力学特論 トライボロジー特論
特別研究科目
特別研究Ⅰ 特別研究Ⅱ

博士後期課程

各科目の詳細はこちらから→シラバス(カリキュラム)

専門科目
熱動力システム特別講義 流動制御システム特別講義 設計システム特別講義
システム工学特別講義  ロボティクス特別講義 環境共生都市づくり講究
居住環境設計学講究 環境調和型材料工学講究 世代間建築講究
都市環境工学講究 建築環境工学講究 建築構造学講究
建築構工法講究 環境設備システム講究 建築材料講究
特別研究科目
特別研究

卒業後の進路

予想される未来のフィールドと取得できる資格等

予想される未来のフィールド

●現代社会を支える航空機、船舶、鉄道、自動車、生産加工技術、情報通信技術などの基盤型産業界
●未来社会を豊かにする宇宙機器、新世代エネルギー機器、高効率エネルギー機器、新素材、ロボット、福祉機器などの開発型産業界
●現代も未来もグローバルな視野で社会に貢献するリサイクル設計、環境監視技術などの環境ビジネス産業界
●環境適応技術に対する環境影響評価、国際基準の構築・運用などの環境研究者

取得できる資格など

≪在学中に受験が可能なもの≫
技術士補(機械部門)
≪卒業後に受験資格ができるもの≫
技術士、自動車整備士、自動車整備管理者、管工事施工管理技士、ボイラー技士、エネルギー管理士

卒業生の進路状況

keyboard_arrow_upTOP