ひびきのキャンパス

環境生命工学科

環境生命工学科

前期入試が変わります!

概要

生物のもつ高度な仕組みを活用し、新時代の技術を創造する。

 新材料や新エネルギーを生み出し、地球環境を守る技術として、化学、生物、物理の知識を融合したバイオテクノロジーヘの期待が高まっています。エコプロダクツや機能性材料開発のためのしっかりした技術的基礎を持ち、生態系の保全や、社会との共存に配慮しながら技術の発展に貢献できる人材の育成を目指します。

教育課程・教育方法の特色

学科の理念

 本学科では、生物や生態系の持つ高度な仕組みを活用して新しい材料や素材、エネルギーを生み出すためのバイオテクノロジーの技術を身に付け、さらに、それらの技術を環境・生態系や社会にとってよりよい形で活かせる人材を育成します。

教育内容

バイオテクノロジーの基礎として、化学、生物、物理にまたがる必要知識を講義と実験を通じて広く学びます。さらに、生態系を守るための環境管理手法や、環境にやさしい社会を作り上げるための環境マネジメントの知識を身に付けます。3つの分野の教員が共同して教育を行います。

●生命材料工学分野   【所属教員紹介】

化学をベースに分子レベルから個体レベルの生命現象を学びます。
また、生物のしくみや材料を有効利用・応用するためのバイオテクノロジーを学びます。

●生物生態工学分野   【所属教員紹介】

生態系のしくみを理解するための数理的な手法を学び、生態系に配慮した科学技術、また社会を作り上げるための環境管理手法を学びます。

●環境マネジメント分野   【所属教員紹介】

複雑な環境問題を理解し対策を見いだすための数理シミュレーション技法、リスク評価技法、また、よりよい社会づくりのための政策論や政策評価手法、科学技術管理手法を学びます。

カリキュラムの特徴

 4つの科目群の習得と卒業研究に取り組むことによって社会で即戦力となる総合的な実力が身につきます。

学科長メッセージ

バイオ技術で私たちの生活をより豊かなものに!

環境生命工学科長 中澤 浩二 (Kohji Nakazawa)

環境生命工学科_中澤浩二_IMG_72 60.jpg

 私たちヒトも含めて、地球上に存在する全ての生物の祖先は「単細胞生物」であると考えられています。この「単細胞生物」はおよそ38〜40億年の年月をかけて、現在の地球上に生息する多種多様な生物体へと進化を遂げてきました。その進化の過程で、生物は生命活動を維持するために必要な様々な緻密で巧妙な仕組みを備えるようになりました。このような生物がもつ高度な仕組みを活用することが「バイオ技術」の根幹となります。
 「バイオ技術」は皆さんの身のまわりの医薬品、食品、農業、環境分野などに様々な形で使われています。しかしバイオ技術の分野においては、単に新しい技術や材料を開発するだけではなく、その管理手法、例えば生態系を守るための環境管理手法や、環境にやさしい社会を作り上げるためのマネジメント手法についても考えていくことが求められています。
 環境生命工学科は「生命材料工学分野」、「生物生態工学分野」、「環境マネジメント分野」の3つの分野で構成されており、私たちの健康や生活を支えるバイオ技術の新しい発展と生態系や社会との共存に配慮しながら技術の発展に貢献できる人材の育成を目指しています。
 将来はバイオ技術を様々な分野に応用・発展していきたいと考えている熱意ある皆さんの入学を心からお待ちしています。

カリキュラム(環境生命工学科)

卒業要件単位数 130単位

各科目の詳細はこちらから→シラバス(カリキュラム)

授業科目間の系統図はこちらから→ カリキュラムツリー

   カリキュラムツリーや、下記の授業科目は平成27年度入学生用を掲載しています。
   平成26年度以前入学生のカリキュラムについては、各自履修ガイドを参照してください。

基盤教育科目

教養教育科目 (24単位)
人文・社会
入門ゼミ 経済入門Ⅰ 心と体の健康学
考え方の基礎 職業と人生設計 経済入門Ⅱ
企業と技術者 経営入門 倫理入門
日本語の表現技術 アジア経済 ことばとジェンダー
工学倫理 技術経営概論 企業研究
現代の国際情勢 グローバル化する経済 現代人のこころ
共生の作法 歴史の読み方Ⅱ 現代社会と新聞ジャーナリズム
都市と地域 キャリア・デザイン 地域防災への招待
環境
環境問題特別講義 地球環境システム概論 生物学
未来を創る環境技術 生態学 環境問題事例研究
環境マネジメント概論 エネルギー・廃棄物・資源循環概論 環境と経済
環境都市論
外国語教育科目 (8単位)
英語演習Ⅰ プレゼンテーションⅠ Intensive English Course
TOEIC基礎 TOEIC応用 英語演習Ⅱ
プレゼンテーションⅡ TOEIC Ⅰ 科学技術英語Ⅰ
TOEIC Ⅱ 科学技術英語Ⅱ Basic R/W Ⅰ
Discussion and Debate English Communication Scientific R/W Ⅰ
Basic R/W Ⅱ English Presentation Extensive Reading
Scientific R/W Ⅱ Academic Writing Topic Studies A
Topic Studies B Topic Studies C Topic Studies D
留学生特別科目
日本事情 総合日本語A 総合日本語B
技術日本語基礎 ビジネス日本語 総合英語Ⅰ
総合英語Ⅱ

専門教育科目

工学基礎科目 (25単位)
物理実験基礎 微分・積分 一般物理学
線形代数 一般化学 電気工学基礎
化学実験基礎 基礎有機化学 基礎無機化学
応用数学演習 化学熱力学 基礎生物化学
微分方程式 力学基礎 確率論
基礎化学工学 環境統計学 認知心理学
専門科目 (65単位)
物理化学実験 化学平衡と反応速度 有機化学Ⅰ
無機化学 情報処理学 生物化学
化学産業技術論 有機化学実験 分析化学
統計熱力学 分子生物学 錯体化学
化学工学 環境政策概論 多変量解析
有機化学Ⅱ 環境分析実習 高分子化学
分離工学 大気浄化工学 構造化学
先端材料工学 機器分析 環境分析化学
資源循環工学 環境保全学 反応工学
環境経営学 環境計画学 生理学
微生物学 環境生命工学実習 電気化学
地圏環境論 水処理工学 食品工学
生態工学 生物工学 遺伝子工学
環境シミュレーション 環境リスク学 環境計画学演習
環境シミュレーション演習 バイオインフォマティクス
卒業研究 (8単位)
卒業研究

卒業後の進路

予想される未来のフィールドと取得できる資格等

予想される未来のフィールド

●化学会社、バイオ企業、繊維会社、自動車会社、食品会社での新材料・新製品開発
●リサイクル企業での技術開発、再生品の市場開拓
●製造業、流通業でのエコ製品開発、環境管理・環境マネジメント、企業の社会的責任(CSR)推進
●農業法人・企業でのバイオ栽培管理、土木建設業での都市線化・自然再生
●環境調査機関での環境アセスメント調査、環境計画立案、環境管理支援業務
●公務員:国、自治体の環境管理、産業政策、都市計画などの部門

取得できる資格など

≪在学中に受験が可能なもの≫
バイオ技術認定(上級・中級)、環境計量士、一般計量士、公害防止管理者、危険物取扱責任者、毒物劇物取扱責任者、環境管理士、ビオトープ管理士2級
≪卒業後に受験資格ができるもの≫
環境マネジメントシステム(ISO14001)審査員補、ビオトープ管理士1級、環境カウンセラー

卒業生の進路状況

keyboard_arrow_upTOP