ひびきのキャンパス

情報システム工学科

情報システム工学科

概要

高度な情報技術をベースに、未来の快適環境づくりを探求する。

 IT技術の進歩は、地域や価値観を超えたコミュニケーションを実現し、システムを通じて新しい文化を生み出しています。基礎技術から最先端まで国際的な視野で、新しいサービスやコンテンツが企画でき、ベンチャービジネスにより、自ら産業を開拓できる人材を育成します。

教育課程・教育方法の特色

人・社会・文化の発展に貢献する情報技術の探求

 情報技術の進歩は、今や地域や価値観を超えたコミュニケーションを可能にし、創造性豊かなメディアを通して新しい文化を生み出しています。

 また、材料、生産、空間設計などのさまざまな技術を結びつけ、さらに物流や経済を巻き込み、新しい産業を創る原動力となっています。こうした情報とメディアの技術が、豊かで安全な環境を創り出していくためには、単に技術を追求するだけにとどまらず、地球や社会の声に耳を傾け、自ら未来を描くことができる技術者の育成が必要なのです。

 情報システム工学科では、未来を担う技術者の要素として知性・技能・感性・創造力・実践力を育む教育研究を行っていきます。

<h4">システムを駆使して未来を描く情報のスペシャリストになる

●高性能な計算機(コンピュータ)を実現するための大規模集積回路(VLSI)の設計
●ロボットや自動車の制御システム設計やそのソフトウェア開発
●インターネット、携帯電話などの多様化する通信サービスの企画・技術開発
●個人情報を保護するための通信システムの開発
●環境におけるさまざまな情報(信号)をコンピュータで処理するための技術開発
●コンピュータ、通信などの技術を融合・統合・制御する技術開発
●次世代の映像音声メディアを実現するための技術開発

ハードからソフトまでの多彩な教育・研究分野

 本学科の教育・研究分野である電子情報通信技術は、いわば"ユビキタスネットワーク社会"の扉を開くキーテクノロジです。ハードウェアからソフトウェアまで実に多岐にわたる教育・研究が進められており、これからの高度情報化社会で広く活躍できる技術者を育成しています。

学科長メッセージ

よく学べ.よく遊べ.少なくとも三兎は追え

情報システム工学科長 中武 繁寿 (Shigetoshi Nakatake)

 私は学生時代に「情報化社会の到来」という言葉を非常に頻繁に耳にしました。それから四半世紀を経た今、情報技術が社会にもたらすインパクトの大きさをつくづくと実感しています。みなさんもこれから、今は想像すらできないような、技術革新による大きな社会の進歩を体験することでしょう。みなさんには、是非、その進歩の担い手になっていただきたい。
 そして、そうあるためには,学生時代をいかに過ごすかが極めて重要であるということを、今、しっかりと自覚していただきたい。徹底的に学び,徹底的に遊んでください。三羽のうさぎを追い掛け回して全部捕まえるくらいの気持ちで毎日を過ごしてください。
 そうすれば、みなさんが社会に旅立つころには、おのずと自分の進む道が見えることでしょう。

カリキュラム

卒業要件単位数 130単位

各科目の詳細はこちらから→シラバス(カリキュラム)

授業科目間の系統図はこちらから→カリキュラムツリー

   カリキュラムツリーや、下記の授業科目は平成27年度入学生用を掲載しています。
   平成26年度以前入学生のカリキュラムについては、各自履修ガイドを参照してください。 

基盤教育科目

教養教育科目 (24単位)
人文・社会
入門ゼミ 経済入門Ⅰ 心と体の健康学
考え方の基礎 職業と人生設計 経済入門Ⅱ
企業と技術者 経営入門 倫理入門
日本語の表現技術 アジア経済 ことばとジェンダー
工学倫理 技術経営概論 企業研究
現代の国際情勢 グローバル化する経済 現代人のこころ
共生の作法 歴史の読み方Ⅱ 現代社会と新聞ジャーナリズム
都市と地域 キャリア・デザイン 地域防災への招待
環境
環境問題特別講義 地球環境システム概論 生物学
未来を創る環境技術 環境問題事例研究 生態学
環境マネジメント概論 エネルギー・廃棄物・資源循環概論 環境と経済
環境都市論
外国語教育科目 (8単位)
英語実習Ⅰ プレゼンテーションⅠ Intensive English Course
TOEIC基礎 TOEIC応用 英語演習Ⅱ
プレゼンテーションⅡ TOEIC Ⅰ 科学技術英語Ⅰ
TOEIC Ⅱ 科学技術英語Ⅱ Basic R/W Ⅰ
Discussion and Debate English Communication Scientific R/W Ⅰ
Basic R/W Ⅱ English Presentation Extensive Reading
Scientific R/W Ⅱ Academic Writing Topic Studies A
Topic Studies B Topic Studies C Topic Studies D
留学生特別科目
日本事情 総合日本語A 総合日本語B
技術日本語基礎 ビジネス日本語 総合英語Ⅰ
総合英語Ⅱ

専門教育科目

工学基礎科目 (25単位)
物理実験基礎 解析学Ⅰ 計算機演習Ⅰ
線形代数学Ⅰ 電気回路基礎・同演習 理工学基礎演習Ⅰ
解析学Ⅱ 確率論 計算機演習Ⅱ
線形代数学Ⅱ 電磁気学 理工学基礎演習Ⅱ
力学基礎 認知心理学
専門科目 (65単位)
離散数学 アルゴリズム入門 フーリエ解析
過渡回路解析 情報メディア工学実験Ⅰ 信号理論
データ構造とアルゴリズム・同演習 電子回路 複素関数論
応用電磁気学 形式言語とオートマトン 情報メディア工学実験Ⅱ
コンピュータシステム 線形システム解析 通信工学基礎
論理回路 情報メディア工学実験Ⅲ ソフトウエア設計・同演習
コンピュータ アーキテクチャ システム制御Ⅰ 情報理論
信号処理Ⅰ 通信方式 電子計測
ネットワークとセキュリティ 情報メディア工学実験Ⅳ プログラミング・同演習
画像工学 システム制御Ⅱ システムモデリング
集積回路設計 信号処理Ⅱ 数理計画法
センサ信号処理 通信ネットワーク論 ディジタルシステム設計
メディア工学
卒業研究 (8単位)
卒業研究

卒業後の進路

予想される未来のフィールドと取得できる資格等

予想される未来のフィールド

●ベンチャー起業/環境産業ベンチャー、ネットベンチャー、米国シリコンバレーベンチャー
●メーカー技術者/携帯通信業、インターネットサービス業、家電メーカー、半導体メーカー
●国際的な活動/国際標準化団体、自治体の情報産業(IT)企画
●教育研究/大学、国立研究所の研究者(情報工学、メディア工学、通信工学、システム工学)
●情報管理/あらゆる企業、自治体、教育研究機関

取得できる資格など

≪在学中に受験が可能なもの≫
情報処理技術者(ITパスポート、基本情報技術者、応用情報技術者)、電気通信主任技術者、画像処理エンジニア検定、Linux技術者認定試験

卒業生の進路状況

keyboard_arrow_upTOP