国際環境工学部について

沿革

学部・大学院の歩み

年 暦 内 容
平成11年(1999)4月 設置準備室設置
平成11年(1999)6月
校舎着工(7月起工式)
平成12年(2000)4月
開設準備室設置、設置認可申請提出
平成12年(2000)5月
文部省から大学設置・学校法人審議会に設置認可を諮問
平成12年(2000)11月
校舎竣工
平成12年(2000)12月
学部設置正式認可
平成13年(2001)4月
学部開設、第1期生受入れ、大学名を「北九州市立大学」に改称
平成13年(2001)7月
計測・分析センター開所
平成14年(2002)4月
特殊実験棟開所、留学生会館開所
平成14年(2002)11月
国際環境工学部運営諮問会議(第1回)開催
平成14年(2002)12月
大学院国際環境工学研究科設置認可
平成15年(2003)4月
大学院国際環境工学研究科設置開設
平成17年(2005)3月
第1期生卒業(早期卒業者は除く)
平成17年(2005)4月
大学が市機関から独立し「公立大学法人」へ
平成18年(2006)4月
アクア研究センターが北九州市から本学へ移管
平成20年(2008)4月
国際環境工学部エネルギー循環化学科、環境生命工学科開設
環境機械システム工学科を機械システム工学科に名称変更
環境空間デザイン学科を建築デザイン学科に名称変更
大学院国際環境工学研究科に環境システム専攻を開設
基盤教育センターにひびきの分室を開設
平成21年(2009)4月
北九州学術研究都市連携大学院カーエレクトロニクスコース開設
参加大学:本学、九州工業大学、早稲田大学
平成24年(2012)3月
環境技術研究所開設