所長あいさつ

所長挨拶

北九州市立大学地域戦略研究所は、1959年に設立された「北九州産業社会研究所」をルーツとして、60数年の歴史を積み重ねてまいりました。その途上の2006年4月には「財団法人 北九州都市協会」の研究部門を統合して活動分野を広げ、「都市政策研究所」として活動をはじめました。さらに2015年には、文部科学省の補助事業「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+事業)」の採択(事業名:「北九州・下関まなびとぴあ」を核とした地方創生モデルの構築)を受けました。この事業を着実に推進していくため、都市政策研究所から 「地域戦略研究所」 に改組することとなり、従来の調査研究活動に加えて、人材の地元定着を促進するために、本学カリキュラムにおける地域科目を担当する教育活動等も推進しております。

2020年4月からは、本学アジア文化社会研究センターのセンター事業を継承するとともにSDGsに関わる研究や企業支援を行う機能を追加するなどの再編を行っております。「地域社会部門」、「SDGs推進部門」、「アジア地域連携部門」の3部門体制のもと、各種調査研究や人材育成、情報提供等に取り組んでいます。北九州地域を主としながら地域課題に関する諸問題やアジア地域について調査研究を行うとともに、様々な提言を行いながら地域社会の発展に寄与する体制が整っております。

本学の設置者である北九州市は「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」に選定され、北九州市SDGs未来都市計画を策定しております。当大学においてもこれを地域課題の1つとして受け止め、SDGsの推進に向けた調査研究や企業支援、地域に関わる人材の育成を行うことにより、地域の発展に寄与する活動を行っております。低炭素エネルギーの振興や環境産業の活性化、女性や高齢者の活躍、エネルギー・リサイクル産業の技術向上と海外展開等を促進する活動に、本学が持つ知的資源の範囲で寄与してまいります。

従来の調査研究部門とあわせ、北九州地域および関門地域の大学、自治体、経済団体、企業等とも連携しながら、地域政策の提言、SDGs活動支援、アジア研究の拠点化、学生の地元定着促進等に関する調査研究、企画立案及び事業推進に今後とも取り組んでまいります。

地域戦略研究所長    柳井 雅人

Copyright © 公立大学法人 北九州市立大学 地域戦略研究所  All Rights Reserved.