MENU

教員&講義・ゼミ紹介

教員紹介

田村 慶子 TAMURA-TSUJI Keiko

研究室 : 2-510 (ドア近くに阪神タイガーズのポスターがある)
E-mail : keikott

(メールアドレス:@の後は、kitakyu-u.ac.jpをつけてください。)

学歴
  • 国際関係学修士号-津田塾大学大学院国際関係学研究科
  • 博士号(法学)-九州大学大学院法学研究科
経歴
  • 1997年 北九州市立大学に赴任
  • 2011~2012年 シンガポール国立大学客員研究員
専門分野
  • 国際関係論
  • 東南アジア地域研究
担当科目
  • (学部)政策入門演習Ⅰ・Ⅱ
  • (学部)外国文献研究
  • (大学院)東南アジア研究概論
  • (大学院)東南アジア政治研究
  • (大学院)東南アジア地域研究Ⅰ
  • (大学院)東アジア社会圏研究
研究関心
  • 東南アジアの政治と社会
  • 民族問題
  • ジェンダー
所属学会
  • Association of Borderlands Studies
  • アジア政経学会
  • 日本国際政治学会
  • 南島史学会
  • 東南アジア学会
主要業績
  • 単著『シンガポールの基礎知識』(アジアの基礎知識シリーズ2)めこん、2016年。
  • 単著『多民族国家シンガポールの政治と言語:「消滅」した南洋大学の25年』明石書店、2013年。
  • 共著『シンガポール謎解き散歩』(本田智津絵との共著)KADOKAWA、2014年。
  • 編著『シンガポールを知るための65章』明石書店、2013年。
  • 編著『東南アジア現代政治入門』(共編著)ミネルヴァ書房、2011年。
  • 編著『現代アジア研究3:越境』(共編著)慶応義塾大学出版会、2008年。
  • 論文「民主化に向かうシンガポール:2011年総選挙と活発化する市民社会」『国際問題』No.625、2012年10月号。
  • 論文 “Changing Family and Gender in Singapore,” Hayami, Yoko eds, The Family in Flux in Southeast Asia: Institution, Ideology, Practice, Kyoto University press, 2012.