学部学科・大学院

国際環境工学部環境生命工学科|教育設備・教育方法の特色

国際環境工学部 環境生命工学科の教育課程、教育方法の特色

環境生命工学科
生物の持つ高度な仕組みを活用し、新時代の技術を創造する。

学科の特徴

本学科では、生物や生態系の持つ高度な仕組みを活用して新しい材料や素材、エネルギーを生み出すためのバイオテクノロジーの技術を身に付け、さらに、それらの技術を環境・生態系や社会にとってよりよい形で活かせる人材を育成します。

教育内容

バイオテクノロジーの基礎として、化学、生物、物理にまたがる必要知識を講義と実験を通じて広く学びます。さらに、生態系を守るための環境管理手法や、環境にやさしい社会を作り上げるための環境マネジメントの知識を身に付けます。3つの分野の教員が共同して教育を行います。

  • 生命材料化学
    化学をベースに分子レベルから個体レベルの生命現象を学びます。
    また、生物のしくみや材料を有効利用・応用するためのバイオテクノロジーを学びます。
  • 生物生態工学
    生態系のしくみを理解するための数理的な手法を学び、生態系に配慮した科学技術、また社会を作り上げるための環境管理手法を学びます。
  • 環境マネジメント
    複雑な環境問題を理解し対策を見いだすための数理シミュレーション技法、リスク評価技法、また、よりよい社会づくりのための政策論や政策評価手法、科学技術管理手法を学びます。

予想される未来のフィールド

・化学会社、バイオ企業、繊維会社、自動車会社、食品会社での新材料・新製品開発
・リサイクル企業での技術開発、再生品の市場開拓
・農業法人・企業でのバイオ栽培管理、土木建設業での都市緑化・自然再生
・環境調査機関での環境アセスメント調査、環境計画立案、環境管理支援業務
・製造業、流通業でのエコ製品開発、環境管理・環境マネジメント、企業の社会的責任(CSR)推進
・公務員:国、自治体の環境管理、産業政策、都市計画などの部門

取得できる資格(受験資格含む)など

≪在学中に受験が可能なもの≫
バイオ技術認定(上級・中級)、環境測量士、一般計量士、公害防止管理者、危険物取扱責任者、毒物劇物取扱責任者、環境管理士、ビオトープ管理士2級
≪卒業後に受験資格ができるもの≫
環境マネジメントシステム(ISO14001)審査員補、ビオトープ管理士1級、環境カウンセラー



環境生命工学科の教育課程・教育方法の特色
環境生命工学科のカリキュラム
環境生命工学科の教員紹介