教育・研究・地域貢献

平成27年度 表彰関連

森嘉兵衛賞
本学関係者宮下 量久(地域戦略研究所 准教授
主催法政大学経済学部
受賞日平成27年6月6日
内容

 「森嘉兵衛賞」(法政大学経済学部主催)は独創的かつ実証的な研究を行った新進の経済学者に授与され、宮下准教授が編著者として加わった『官僚行動の公共選択分析』(勁草書房、2013年)がA賞に選ばれました。

 同書は、黒川和美法政大学名誉教授(2011年他界)の遺稿をゆかりのある研究者が大幅に加筆修正して出版されたものです。

全国銀行学術研究振興財団による刊行助成
本学関係者宮下 量久(地域戦略研究所 准教授
主催全国銀行学術研究振興財団
受賞日平成2824
内容

 全国銀行学術研究振興財団は経済・金融に関する学術研究の発展に寄与しうる研究調査を助成しています。

 厳正な審査の結果、宮下准教授の著書『「平成の大合併」の政治経済学』(中澤克佳東洋大学准教授との共著)が同財団から刊行助成を受けることになりました。

 経済分野では唯一の刊行助成であったそうです。

 同書は、20167月に勁草書房より出版される予定です。

第16回(2015年度)「日経STOCKリーグ」レポートコンテスト入選

本学関係者 髙田 凌佑・田中 絢子・真城 みらの・井元 聡大
 (上記4名は、経済学部経営情報学科3年・梅澤ゼミナール所属)
河本 彩加・川村 尚世・大森 有記・山ノ井 南・田中 梨沙子
 (上記5名は、経済学部経営情報学科3年・松本ゼミナール所属)
主催 日本経済新聞社
 (特別協賛:野村グループ、後援:文部科学省、金融庁、日本取引所グループ等)
受賞日 平成28年2月29日
内容  本学経済学部経営情報学科3年の2チーム(梅澤ゼミナールに所属する4名、松本ゼミナールに所属する5名)による研究レポート「中古住宅業界への投資〜課題業界を成長へ〜」、「Stand Up JAPAN―現在(いま)、オーナー経営企業がアツい―」が、第16回(2015年度)「日経STOCKリーグ」レポートコンテストで入選を果たしました。
 今年度で16回目を迎える「日経STOCKリーグ」は、中学生・高校生・大学生を対象にした、学校教育の場における投資学習の1つのツールとして企画されたコンテスト形式の株式投資学習プログラムです。
 具体的には、バーチャル株式の売買による「ポートフォリオ構築」と、レポートフォーマットをベースとした学習で、経済・株式投資の考え方を身につけることを目的としています。
 大学部門では、122大学672チーム(2,661人)が参加し、第一次審査・第二次審査を経て、最終的に44チームが入選しています。
 なお、九州圏内の大学で入選しているのは3チームだけであり、うち2チームが本学で占められています。
 詳細についてはホームページをご覧ください(http://manabow.com/sl/result/16/nyusen.html)。