お知らせ

子ども竹細工教室を行いました【広報スタッフ日記】

 2019年8月31日にひびきのキャンパスで、子ども竹細工教室が開催されました。竹細工教室の目的は、竹の活用や竹文化を改めて考えることと、子どもと地域人々のふれあいの場を作ることです。
 このイベントは、北九州ビオトープネットワーク研究会やひびきの市民センターが中心となって行ったもので、本学からは、環境生命工学科の野上 敦嗣教授、建築デザイン学科EAの草葉 敏一さんとディディット ノヴィアントさん、建築デザインコースの森 友里歌さんも参加しました。
 竹細工づくりでは、竹ぽっくりや竹鉄砲、竹箸を作りました。そのあとの流しそうめんでは、自分たちで作った竹箸を使いました。また、子どもたちに異文化に触れてもらうきっかけとして、ディディットさんのふるさとインドネシアの民族竹楽器「アンクルン」も演奏してみました。
 盛りだくさんのイベントで、皆さん楽しみました。

 
             竹鉄砲づくり                      竹箸づくり

 
             竹ぼっくり                    竹の楽器にも触れてみました

 
   自分で作った竹箸を使って流しそうめん

<登録日>
2019年09月11日