お知らせ

JICA草の根技術協力事業(カンボジア)の研修が無事終了しました!【広報スタッフ日記】

8月20日(月)から31日(金)まで実施をしていました、

本学がJICA(国際協力機構)の「草の根技術協力事業」を活用して実施する、
産業人材育成研修が無事に終了しました。
カンボジアからの研修生7名は、予定していたすべてのプログラムを受講を終え、
研修生全員に修了証書が手渡されました。



以前の日記でもお伝えしましたが、
研修期間中は、講義の受講だけでなく、工場などの現場見学も行いました。
研修生たちからは「日本の労働環境がどのようなところか肌で感じることができ、
大変満足した研修でした」との感想がありました。

    
       <講義の様子>              <見学の様子(安川電機みらい館)>

また、研修の合間の休暇を利用して、
8月25日(土)には小倉のミクニスタジアムで、
北九州市がホームのサッカークラブ・ギラヴァンツ北九州の試合を
ユニフォームを着て観戦しました!
ギラヴァンツ北九州は、カンボジアのプノンペン・クラウンFCと
クラブ間パートナーシップ提携を締結しており、研修生たちも興味深く観戦していました。




研修の最終日には学長表敬を実施し、研修の報告を行いました。



研修生の皆さん、お疲れ様でした。

今後は、講師が定期的に日本から現地へ赴き、研修生へのフォローアップを実施していきます。
また本学では、来年度も研修生を受け入れる予定です。

<登録日>
2018年09月05日