お知らせ

2018年日本大学英語模擬国連(JUEMUN 2018)に参加しました!(写真も追加しました)【広報スタッフ日記】

「日本大学英語模擬国連(JUEMUN)」は、模擬国連の国内年次大会の一つです。

学生の国際問題への理解を深め、英語による議論の力を養うために始まりました。
第9回大会は6月下旬に京都外国語大学で開催され、本学からは外国語学部の学生4名が参加しました。

この英語模擬国連では、参加学生は国連に派遣された各国の代表として、
一つの国際問題に対する施策案を持ち寄って議論を重ね、決議案を練り上げます。
議論はすべて英語です。

今年度は、日本国内および海外の22大学、252名の学生が集まりました。
国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)を模擬し、
「持続可能な開発目標」のうち特にグローバル目標2(Zero Hunger:飢餓をゼロに
・・・飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、
持続可能な農業を推進する)の達成に向けた、国際的な施策を検討しました。

本学から参加した学生は、
2名がモンゴル国、2名がブルネイ・ダルサラーム国の代表として、
外国語学部の齊藤准教授とともに2ヶ月間にわたるリサーチ期間を経て参加しました。

参加した学生たちは、国内外から集まった大学生・大学院生と、
朝から夜まで英語で討議を重ねました。
国際問題に関心を持つ同年代の学生と親交をを深めながら、
国際問題を議論する刺激的な3日間になりました。

また大会で、
ユネスコ第8代事務局長を勤められた松浦晃一郎氏
国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長のンブリ・チャールズ・ボリゴ氏
東ティモールで国連平和維持及び平和構築活動に
官房長として携わった経験をお持ちの元国連職員の黒田順子氏
世界銀行元職員の黒田和秀氏
といった国際的に活躍する要人から貴重なお話を伺うことができたことは、
かけがいのない経験になりました。

開催校の京都外国語大学からは、学生スタッフの方々が多数活躍されました。
ありがとうございました。

    

〈以下写真提供:JUEMUN〉

<登録日>
2018年07月31日