お知らせ

社会人向け!情報技術人材育成事業(enPiT-everi)のHPをオープンしました。

北九州市立大学が代表校となり、九州・中国地域の全5大学が連携実施する人材育成事業が文部科学省の平成29年度大学教育再生戦略推進費「成長分野を支える情報技術人材の育成拠点の形成(enPiT)」enPiT-Proに採択をされ、現在、社会人向けプログラム"enPiT-everi"の開設準備を進めています。VoDや遠隔機能などを活用した参加しやすい形態をとることとしています。2018年度はパイロットプログラムとして始動し、プログラムの充実化に向けて地域産業のニーズ調査などを行っていきます。

新たにオープンしたHPで最新情報を提供していく予定です。


《 事業名 》
「地域産業の競争力強化を図る人工知能とロボット技術を駆使したIoT 技術の社会実装を推進する実践的人材育成コースの開発・実施」
愛称:”enPiT-everi” (エンピット・エブリ)・・・Everiは、Evolving and Empowering Regional Industriesの略です。地域産業を発展させ、力を与えることをミッションとしています。

《実施機関》
北九州市立大学(代表校)、九州工業大学、熊本大学、宮崎大学、広島市立大学

《補助期間》
 2017年度から2021年度(5年間)

《enPiT-Proについて》

<登録日>
2018年01月29日