お知らせ

北九州ゆめみらいワーク2017、大盛況でした!【広報係長日記】

8月25日、26日に小倉北区の西日本総合展示場で開催された、

北九州市主催の「北九州ゆめみらいワーク2017」では、
大学ブースとして出展したほかに、
いろんなブース・イベントなどで本学の教員や学生が活躍しました!

会場では、「まちづくり」「エコ・エネルギー」「ものづくり」といった
キーワードで分野に分かれて、ブース展開しました。

文系からは、文学部人間関係学科の田島 司教授が、
「まずは心理学で自分を知ろう!」をテーマに、
簡単な心理テストの結果から自分の心理的な特徴を
客観的に知ることができるミニ講座を実施しました。

   

理系からは、国際環境工学部エネルギー循環化学科の天野 史章准教授が、
「エネルギー循環社会をつくる触媒技術」をテーマに、
身近な素材を使って発電させる化学実験や、
ゼオライトの分子構造模型を実際に作れる体験コーナーなどを
学生とともに実施しました。

  

また、その向かい側のブースでは
シャボン玉石けん株式会社さんとのコラボレーションで、
国際環境工学部環境生命工学科の上江洲 一也教授が
産学連携で共同研究を行っている「泡消化剤」を作る化学実験コーナーを実施していました。

  

このほか、ステージイベントでは、
TVQ九州放送「ぐっ!ジョブ」でおなじみの中島 浩二さんとともに登壇し、
いろんな地元企業でインターンシップなどを経験させてもらっている本学学生らによるトークショーや、
CROSS FMと地元大学生の共同企画イベント「キタQミスキャン」から、
「ミス&ミスター北九大」も参加して
地元企業の制服を企業の方と紹介するファッションショーなどが行われました。

  

実は、開会式や進行のアナウンス役にも本学放送研究会の学生が抜擢されていたり、
運営側として会場設営などにも多くの本学の学生が活躍していました。

         

ブースには、市内の高校生や企業の方、一般のお子様連れの方など、
多くの方にご来場頂きありがとうございました。
少しでもたくさんの方に、ほんの一部分ですが
本学での学びの内容を知っていただけるよい機会となりました。

<登録日>
2017年08月31日