北九州市立大学図書館

教員著作図書

マラッカ海峡 : シンガポール、マレーシア、インドネシアの国境を行く


著者・編者名
田村慶子
所属(学部)
法学部
発行年月
2018年 8月
出版社名
北海道大学出版会
内容
マラッカ海峡を挟むマレーシアのジョホール、シンガポール、インドネシアのリアウ諸島。中世は同じマレー王国だった三つの地域が植民地支配によって分断され、異なる国家として独立し、異なる歴史を歩んだ。しかし、現在は、発展するシンガポールからの投資がジョホールとリアウ諸島の経済発展を牽引している。同時に、人の流れも活発で、この三つの地域の交流は国境が引かれても活発である。本書は、三つの地域の人とモノの交流の歴史と現在をシンガポールを中心に綴り、さらにリアウ諸島に残る二つの大きな戦争の記憶について述べる。もちろん、日本との関わりについてもクローズアップしている。さあ、本書を片手にマラッカ海峡を旅してみよう。                                                       【構成】
はじめに………田村慶子 
Ⅰ 地名から見る世界都市シンガポール………田村慶子
Ⅱ マラッカ海峡―安全と平和を求めて………佐々木生治
Ⅲ コーズウェイ―愛憎と共存のシンガポールとマレーシア………田村慶子
Ⅳ 「昭南島」―戦争の記憶を見る………田村慶子
Ⅴ ガラン島・レンパン島―島に残る大戦の痕跡………本田智津絵
おわりに………岩下明裕

※図書の画像は出版社から許可をいただいて掲載しています。

登録日:2018年08月21日