北九州市立大学図書館

教員推薦図書

東大に入るということ、東大を出るということ

推薦者名
田中淳平
著者・編者名
中島敏(他)
所属(学部)
経済学部経済学科
発行年月
2003年12月
出版社名
プレジデント社
内容
本書は、3人の東大出身の若者に、自分のこれまでの人生の歩みを赤裸々に振り返ってもらう形で東大出身という経歴を背負うことの意味を問うた本です。周囲の期待に応えて東大に進学することで、いかに自分が真に望む道を模索するのが難しくなるのか等について、3人の若者が真摯に自分自身と向き合いながら率直に自分の思いを述べているのが印象的です。
 本書のあとがきでこの本を企画した原氏は「私たちは若者が伸びやかに挑戦する精神を育めるような環境を整えてきただろうか、教育とは本来、人を励まし勇気づけるためのものなのに、日本の教育といったら若者を意気消沈させる側面が強すぎるのではないか」と述べています。私自身、同様の問題意識を持っています。この点をどのように改善していくかは今後の重要な課題ではないでしょうか。

※図書の画像は出版社から許可をいただいて掲載しています。

登録日:2014年03月26日