公立大学法人 北九州市立大学 地域戦略研究所

研究者

名前 南 博  (みなみ ひろし)
職名 北九州市立大学 地域戦略研究所 教授
個人ページ http://www.hminami.jp/ 
(大学の公式ホームページではありません。学外のサイトへリンクしています。)
略歴 1969年 岡山県生まれ 
【学歴】
1992年 筑波大学第三学群社会工学類(都市計画主専攻) 卒業 (1988年 入学)
1994年 筑波大学大学院修士課程環境科学研究科 修了 (1992年 入学)
2017年 筑波大学大学院博士課程システム情報工学研究科 退学 (2012年 入学)
【職歴】
1994年 株式会社富士総合研究所入社 
  (2004年 社名変更により、みずほ情報総研株式会社所属) 
2007年 北九州市立大学都市政策研究所 准教授
2015年 北九州市立大学地域戦略研究所 准教授 (改組に伴う変更)
2016年 北九州市立大学地域戦略研究所 教授
学位 修士(環境科学)
所属学会 日本計画行政学会、日本自治体危機管理学会、九州都市学会、日本都市学会、
環太平洋産業連関分析学会、日本島嶼学会、日本環境共生学会、日本都市計画学会、
日本スポーツマネジメント学会、日本地方自治学会
専門分野 都市政策・地域活性化
主要研究業績
など

【主な著書】(いずれも分担執筆者)

  1. 「スポーツにおける地域貢献活動」、
    仲澤眞・吉田政幸編著『よくわかるスポーツマーケティング』ミネルヴァ書房、
    pp.12-13、2017年11月
  2. 新修・北九州市史編纂会議『新修・北九州市史 市政編』、2017年3月
     うち「第1章 北九州市の誕生」、「第5章 生活環境の向上を目指して」の一部
  3. 「自治体と住民間の情報受発信-応急対応時のインターネットの有効性」、
    中邨章・市川宏雄編著『危機管理学-社会運営とガバナンスのこれから-』第一法規、pp.174-192、2014年2月
  4. 「統計学で分析するビッグイベントの経済波及効果」、
    『最強のスキル「統計学」 必須のツール「ビッグデータ」(別冊宝島2056)』宝島社、pp.84-95、2013年8月


【主な論文】

地域経済、地域社会の活性化に関する研究
  1. 南博「地域活性化の観点から見た自治体事務の外部委託化・協働化提案制度」、
     『日本都市学会年報』Vol.42、pp.23-32、2009年5月
     ※2011年日本都市学会論文賞受賞
  2. 藤本倫史、藤本浩由、南博「中核市におけるスポーツ振興の現状と課題」、日本都市学会『日本都市学会年報』Vol.50、pp.109-117、2017年5月
  3. 南博、藤本倫史「都市政策の観点から見た日本の地方都市における「まちなかスタジアム」整備の特長と課題」、日本都市学会『日本都市学会年報』Vol.49、pp.195-204、2016年5月
  4. 南博「スポーツによる地域創生の現状と課題」、日本体育学会編集協力『体育の科学』66(5)、pp.345-349、杏林書院、2016年5月
  5. 南博「関門地域の観光の現状と課題-地域外住民からの意識に着目して-」、関門地域共同研究会『関門地域研究』Vol.25、pp. 63-89、2016年3月
  6. 南博「「食」をテーマとした集客イベントの地域活性化効果の検証-「全国餃子祭りin北九州」を事例として-」、『都市政策研究所紀要』Vol.9、pp.99-124、2015年3月
  7. 南博「北九州マラソン2014開催に伴う経済波及効果」、
    北九州市立大学都市政策研究所『北九州における集客イベントの効果と展望』、pp.3-18、2015年3月
  8. 南博「2020年東京オリンピック・パラリンピック開催に関する北九州市民の意識」、
     北九州市立大学都市政策研究所『北九州におけるスポーツを活かしたまちづくりの
     課題と展望』、pp.3-14、2014年3月
  9. 南博「集客低迷期のプロスポーツクラブのスタジアム観戦者実態と課題~2013年ギラヴァンツ北九州スタジアム観戦者調査結果から~」、『都市政策研究所紀要』Vol.8、pp.67-93、2014年3月
  10. 南博「B-1グランプリin北九州への来場者の評価および開催に伴う経済波及効果に関する
     研究」、『都市政策研究所紀要』Vol.7、pp.75-98、2013年3月
  11. 南博「2011年におけるギラヴァンツ北九州のスタジアム観戦者像」、
     『都市政策研究所紀要』Vol.6、pp.83-112、2012年3月
  12. 南博「Jリーグ加盟3年目を迎えるギラヴァンツ北九州に関する市民意識分析」、
     北九州市立大学都市政策研究所『2011年度におけるギラヴァンツ北九州に関する調査
     研究』、pp. 11-21、2012年3月
  13. H.Minami: “Professional Sports Policy of a City on the Decline”, 7th Asian Association for Sport Management Conference Proceedings, Ulan Bator, Mongolia, 2011.7, pp.12-13
  14. 南博、神山和久、片岡寛之「Jリーグ加盟当初のギラヴァンツ北九州に関する市民意識
     分析」、北九州市立大学都市政策研究所『スポーツを通じた地域活性化に関する基礎的
     研究』、pp.37-48、2010年3月
  15. 南博「プロサッカーチームが北九州市に与える経済効果に関する研究」、
     北九州市立大学都市政策研究所『地域課題研究』、pp.187-210、2009年3月

地方自治、市民参画等のあり方に関する研究
  1. 南博、古藤浩、小林隆史、大澤義明「制度的・地理的隔絶要素に着目した
     地域間親密度の可視化~関門地域を事例として~」、
     日本計画行政学会『計画行政』36巻4号、pp.49-57、2013年11月
     ※2014年日本計画行政学会論文賞受賞
  2. 南博「地域防災の視点からみた公共施設等総合管理計画-平成29年7月九州北部豪雨災害における日田市を事例に-」、明治大学政治経済研究所『政経論叢』第86巻3・4号、pp.103-136、2018年3月
  3. 南博「北九州市民の防災・災害情報に対する意識の現状分析」、北九州市立大学地域戦略研究所『地域戦略研究所紀要』No.1、pp.69-96、2016年3月
  4. 南博「広域連携および道州制の社会的注目度合いの変化と政権交代の影響:
     関門地域への影響可能性の観点から」、
     関門地域共同研究会『関門地域研究』Vol.23、pp. 87-110、2014年3月
  5. 南博「関門地域における広域連携および道州制に関する市民意識調査」、
     関門地域共同研究会『関門地域研究』Vol.22(1)、pp.59-74、2013年3月
  6. H.Minami, T.Kobayashi, Y.Osawa : “The problem of the public service in the region that oneness and separation coexist”, 2nd Asian Seminar in Regional Science Proceedings, Kitakyushu, Japan, 2012.9 (8 pages) 
  7. 南博「東日本大震災後における市民のリスク関連意識の都市間比較」、
     『九州国際大学法学論集』第18巻第1・2合併号、pp.69-90、2011年12月
  8. 南博、金澤雅樹「インターネットによる自治体の情報受発信と住民意識-2010年度に
     おける宮崎県の3つの連続災害を事例として-」、
     『自治体危機管理研究』Vol.7、pp.43-55、2011年4月
  9. 南博、吉岡慎一「離島市町村の「平成の大合併」を巡る動向分析」、
     日本島嶼学会『島嶼研究』No.10、pp.13-28、2010年6月
  10. 南博「地方分権時代における海峡を挟んだ都市間連携の課題-関門地域の連携に対する
     市民意識を事例として-」、『日本都市学会年報』Vol.43、pp.294-301、2010年5月
  11. 南博「多様な市民意見の政策反映に関する一考察-防犯をテーマとした宗像市まちづくり
     検証会議(試行)を事例として-」、『都市政策研究所紀要』Vol.4、pp.29-54、2010年3月
  12. 南博「関門特別市構想の課題と展望に関する予備的考察」、
     『都市政策研究所紀要』Vol.3、pp.49-72、2009年3月
  13. 南博、清水徹「都区制度改革と区民意識に係る一考察」、
     せたがや自治政策研究所『都市社会研究』No.1、pp.141-156、2009年2月
  14. 南博「道州制を巡る議論の変遷と今後の論点」、
     『関門地域研究』Vol.17、pp.3-61、2008年3月

【主な受託調査研究実績】

■大学での実績
 道州制関連、大都市制度改革関連、Jリーグスタジアム観戦者調査など 
■前職での実績
 100案件以上
 (地域経済振興、市町村合併、道州制など行財政制度関連、総合計画策定など)
教育 2018年度担当科目
■大学院 国際環境工学研究科
   ・地域経済論研究ⅠA      ・地域経済論研究ⅠB
■大学院 マネジメント研究科
   ・自治体政策
■地域創生学群
   ・まちづくり実践論
■教養教育科目(全学対象)
   ・都市と地域
   ・地域防災への招待
   ・地域のにぎわいづくり
   ・地域の文化と歴史
社会活動など ■主な委員等(2018年度)
  1. 福岡県行政改革審議会 委員
  2. 関門地域連携推進協議会 会員
  3. 北九州地域連携懇談会 構成員
  4. 北九州市スポーツ推進審議会 副会長
  5. 北九州市災害時の避難に関する検討会 座長
  6. 宗像市総合計画等推進委員会 委員長
  7. 大野城市総合計画審議会 副会長
  8. 直方市行政改革推進委員会 会長
  9. 日田市行政改革推進委員会 委員長
  10. 九州経済連合会 行財政委員会企画部会 委員
  11. 関門海峡日本遺産協議会 会長
  12. 特定非営利活動法人 日本危機管理士機構 監事

■メディアへの出演など (2017年度前半のうち、主なもの)

  1. 毎日新聞、2017年5月16日、北九州面「輝け!ギラヴァンツ 「ミクスタ開業知っている」84.6%」
  2. 読売新聞、2017年5月19日、北九州面「Goギラヴァンツ北九州 ミクスタ認知度8割超 北九大教授調査「J3降格、PR不足」」
  3. 西日本新聞、2017年5月26日、北九州面「進め!ギラヴァンツ ミクスタ効果不十分 市民1088人調査」
  4. FBS福岡放送、2017年5月24日、めんたいプラス「期待そして課題 北九州の新スタジアム その後は?」
  5. NHK山口、2017年7月10日、情報維新!やまぐち「関門海峡の文化財 情報発信へ案内板など設置」
  6. NHK北九州、2017年7月13日、ニュースブリッジ北九州「ミクスタ 若い世代を呼び込め」
  7. 読売新聞、2017年7月25日、九州山口総合面「ラグビーW杯 交流効果期待」
  8. NHK北九州、2017年8月14日、ニュースブリッジ北九州「スペースワールド閉園 跡地利用めぐる地元の思いは」

その他、研究業績および社会活動等の詳細は、個人ページ(学外サイト)ご参照

連絡先 【研究室】3号館1階(3-121号室) 
【住所】〒802-0577北九州市小倉南区北方4-2-1 
    北九州市立大学 地域戦略研究所 
【電話・FAX】phone:093-964-4312/fax:093-964-4300 
【e-mail】minami@kitakyu-u.ac.jp

PageTop