学部学科・大学院

教員養成の状況についての情報公表に関すること

教員養成の目標及び当該目標を達成するための計画

○ 教員養成に対する理念・構想

   北九州市立大学は、建学理念として開拓精神を掲げ、豊かな未来をきりひらく進取の気風にあふれた人材の 育成を目指している。この理念に基づき、本学の教職課程では、東アジアや世界の出来事に深い関心を持つと ともに暮らしを営む場としての地域コミュニティやその中で生きる人々が抱える問題に常に関心を持ち、生徒とと もにその解決を模索していくことのできる教員を養成したいと考えている。

○ 教職課程の各段階の到達目標

1年次
(教職への意欲を高め、各教科の専門知識・技術と教育の基礎的知識を修得する)
 教員としての使命・責任を自覚し、教員を目指す上での自己教育の課題を明確にする。教育に関わる基礎的な知識・理解を修得するとともに、今日の教育をめぐっての諸課題に関する問題意識を醸成する。
  また、教員免許状の取得を希望する教科に関する基礎的な知識・技術の修得を行う。

2年次
 (各教科の専門知識・技術と学校教育の基礎的知識・技術を修得する)
 教員に求められる教科指導、生徒指導等に求められる基礎的な知識・技術を修得するとともに、教員に求められる人権感覚を培う。
 1年次に引き続き、教科に関する基礎的な知識・スキルの修得に取り組む。
 また、学校現場や大学の内外での様々な活動を通じてコミュニケーション能力を身につけ、教員に求められる実践的な指導力の基礎を培う。

3年次
 (教員としての基礎的な実践指導力を培う)
  実際に教員として授業を行っていくために必要不可欠な教科指導の専門的な知識・技術を修得する。2年次での教科指導、生徒指導等に関する基礎的な知識・技術の修得を基盤に、各教科の指導についての専門的な知識・技術を修得し、4年次での教育実習に向けて、教員としての実践的指導力を培う。学内の授業だけでなく、学校内外での様々な活動に参加し、教員に求められる指導力やリーダーシップの力を培う。

4年次
教員としての実践的指導力を培い、実践を振り返って自己の課題に取り組む
 1年次から3年次における学部・学科及び教職課程での学習、また、学校内外で様々な活動で培ったを発揮して、実習校実習での教科指導、生徒指導に取り組む。
 
実習校実習での経験を踏まえて、教員に求められる資質・能力に関する自らの到達点と課題を明確化し、卒業までの期間に、残された自己教育の課題の達成に努める。


教員の養成に係る組織及び教員の数、各教員が有する学位及び業績並びに各教員が担当
する授業科目


教員組織 
教員の数 
各教員が有する学位、業績および担当する授業科目
   教職専任教員以外については、 シラバス等でご確認してください。

教員の養成に係る授業科目、授業科目ごとの授業の方法及び内容並びに年間の授業計画


 ○学士課程各学部の授業科目 

外国語学部 
経済学部   
文学部 
法学部 

 ○大学院課程各研究科の授業科目 

大学院・社会システム研究科(文化・言語専攻) 
大学院・社会システム研究科(東アジア専攻) 
大学院・法学研究科(法律学専攻) 

 ○授業科目ごとの授業方法及び内容

卒業者の教員免許状の取得状況及び教員就職状況


教職免許の取得状況
教員就職状況

教員の養成に係る教育の質の向上に係る取組