イベント

【7/25(木)開催】 2019年度「関門地域共同研究会 成果報告会」の開催について(ご案内)

北九州市立大学地域戦略研究所は、1994年度より、下関市立大学附属地域共創センターと共同で「関門地域共同研究会」を設立し、関門地域に関する調査研究を行っています。

このたび2019年度「関門地域共同研究会 成果報告会」を下記のとおり開催いたします。是非お誘いあわせの上、ご来場ください。

 



2019年度「関門地域共同研究会 成果報告会」



◆日時:2019年7月25日(木) 14001630



◆場所:西日本総合展示場新館 AIMビル3F 314・315会議室

       (北九州市小倉北区浅野3―8―1)



◆内容


◯第1部 2018年度研究報告(14051455


1) 高齢労働者による地域支援活動への意識に関する研究―山口県の事例をもとに―

     難波 利光 (下関市立大学 経済学部教授)

     坂本 毅啓 (北九州市立大学 基盤教育センター准教授)

2) 日本遺産「関門″ノスタルジック″海峡」認定後2年間の現状分析

     南 博 (北九州市立大学 地域戦略研究所教授)



◯第2部 シンポジウム(15051630


「関門地域における″文化財を活かした地域活性化″の可能性」

       ・パネリスト(予定)

黒木 俊彦 氏 (JR九州ステーションホテル小倉(株) 代表取締役社長)

藤本 有紀 氏 (下関市教育委員会 教育部文化財保護課主任)

  圭子 氏 (北九州市 産業経済局地域・観光産業振興部観光課係長)

福田 悠美 (下関市立大学 経済学部国際商学科4年)

  祐輔 (北九州市立大学 地域創生学群地域創生学類4年)

・コーディネータ

南   博 (北九州市立大学 地域戦略研究所教授)


 

◎入場無料(要事前申込み)


※詳しくはこちら(PDF)をご覧ください。

 


お申込み・お問合せ】

北九州市立大学 地域戦略研究所

802-8577 北九州市小倉南区北方4-2-1 

電話:093-964-4302  FAX093-964-4300

メール:chiikiken@kitakyu-u.ac.jp


<登録日>
2019年06月27日