イベント

【北方シネマ】12月7日「沈黙の春を生きて」上映と監督来場のお知らせ

北方シネマでは2017年4月より、定期的にドキュメンタリー映画を上映しています。

12月の映画は、「沈黙の春を生きて」です。


※クリックすると拡大します。(裏面もご覧いただけます)

ベトナム戦争で用いられたダイオキシン被害はベトナムのみにとどまりません。
ベトナムに派兵されたアメリカ兵もダイオキシンに触れたため、
その子どもたちに影響が出ています。

上映後のアフタートークには、坂田 雅子 監督がいらっしゃいます。
お誘いあわせのうえご来場ください。
なお、本作は昨年上映した「花はどこへ行った」の続編となります。
前作を観た方もぜひお越しください。

なお、本学北方キャンパス図書館カウンターそばでは、
映画上映にあわせて関連図書が特集されています。
あわせてご覧ください。

本企画は、学長選考型研究費Aの支援を受けております。
多くの学生のみなさん、市民のみなさんの来場をお待ちしています。

映画の公式ウェブサイトはこちらです。

《上映について》
■日時 12月7日(金)18:30〜(開場18:00頃)
■場所 北九州市立大学北方キャンパス 本館1階 A-101教室
     ※駐車場は使用できませんので、公共交通機関をご利用いただくか、
      近隣の有料駐車場をご利用ください。
■料金 (当日)学生500円、一般1,200円
      前売予約(一般1,000円)は以下のページから
      「北方シネマ前売りサイト」にお入りください。
        https://kitagata-cinema.blogspot.com/
     ※予約いただいた方は当日の割引価格でご購入いただけます。
■お問い合わせ 080-6458-1184(水曜日を除く平日11:00〜17:00)

<登録日>
2018年12月04日