イベント

【北方シネマ】4月13日「息の跡」上映と関連企画のお知らせ(追記:登壇者が変更しました)

北方シネマでは2017年4月より、定期的にドキュメンタリー映画を上映しています。
4月の映画は、「息の跡」です。




東日本大震災後の陸前高田市で、種屋を営む佐藤さんを追ったドキュメンタリー映画です。
震災後、店舗を自力で再建して営業を再開しつつ、英語で震災体験記を綴る佐藤さんの生活が、
映画監督小森はるかとの会話を通じて描き出されます。

映画上映後には、北九州市立大学地域共生教育センター(421Lab.)の活動の一環として、
東日本大震災・熊本地震・九州北部豪雨被災地支援をしてきた学生たちとの
トークイベントが開催されます。
生活環境が大きく変わってしまった人々と向き合った経験を持つ学生は、
この映画をみてどのように感じたでしょうか。

【登壇者】(五十音順)
有馬夕乃(地域創生学群4年・東日本『絆』プロジェクト)
岸本勝也(法学部法律学科3年・防犯・防災プロジェクト+個別のボランティア活動)
須磨航(地域創生学群3年・災害時緊急支援チーム+個別のボランティア活動)

※登壇者が変更になりました。
 村江史年先生(地域教育共生センター・特任教員)が有馬夕乃さんの代わりに登壇します。

司会:神原ゆうこ(基盤教育センター)

お誘いあわせの上、ぜひご来場ください。       

                記

■日時 4月13日(金)18時半上映開始(開場18時頃)
■場所 北九州市立大学北方キャンパス 本館A101教室
■料金(当日)学生500円、一般1200円

なお北九大北方キャンパス図書館カウンターそばで、関連図書が特集されています(4月22日まで)。


あわせてご覧ください。

<登録日>
2018年04月13日