学部学科・大学院

エネルギー循環化学科 概要


化学のアプローチで、より良い物質循環のための技術開発を推進する。

低炭素・循環型社会に貢献する化学技術者・環境技術者を養成する。

 人類が直面する環境・エネルギー問題を解決するため、化学を基礎とする環境技術で、自然と共生する資源・エネルギー・物質の循環型システムを開発します。環境に優しい新素材の開発、エネルギー・資源の有効利用、物質の高度リサイクルシステムの開発、有害物質の処理および資源化、環境浄化、環境分析に貢献できるグローバルな環境人材を育成します。


エネルギー循環化学科 index エネルギー循環化学科 index

環境の保全・改善を目指した3つの教育・研究分野

3つの教育・研究分野

化学プロセス分野  【所属教員紹介】

 エネルギー負荷をできるだけ小さくする化学プロセスや、天然ガス・バイオマス・太陽光をはじめとする低炭素エネルギープロセス、物質の高効率な分離・回収・精製プロセスを開発します。

 ● エネルギー化学: 天然ガス・バイオマス・太陽光エネルギーの利用技術

 ● 触媒工学: 低環境負荷な物質合成プロセス、エネルギー化学プロセス

 ● 分離工学: 物質の高純度化プロセス、希少資源の回収プロセス


化学プロセス分野化学プロセス

先進マテリアル分野  【所属教員紹介】

 最先端のナノテクノロジーを駆使し、環境調和型の機能性材料や物質の超高感度検出法を開発します。

 ● 環境材料化学: 物質の分離・回収・輸送のためのソフトマテリアル

 ● ナノ材料化学: ナノメートルサイズの規則的な孔をもつ機能性材料

 ● センサ工学: 高感度な化学センサ、生体臭気からの疾病診断センサ


先進マテリアル分野 先進マテリアル分野

環境プロセス分野  【所属教員紹介】

 天然資源や廃棄物の有効利用技術、高効率で安全な汚染修復技術、高精度な環境分析技術を駆使して、自然と共生する循環型社会を創造します。

 ● 環境分析: 大気・土壌・水環境の超微量分析とモニタリング

 ● 環境修復: 土壌・地下水・上下水・水環境の汚染修復技術

 ● 資源循環: 生活排水・家庭ごみ・産業廃棄物の処理と再資源化


環境プロセス分野  環境プロセス分野

教育課程・教育方法の特色

基礎学力の手厚いサポート

エネルギー循環化学科 イメージ

 ● 高校で学ぶ数学・物理・化学の補習授業

 ● 無料のTOEIC対策 (英語の補習授業、英語学習支援室)

 ● 化学の知識を実際に活用し定着させるための演習科目
 (物理化学、有機化学、無機・分析化学、化学工学)

 ● 基礎的な実験技術の習得を重視した実験・実習科目


少人数での実践的教育

エネルギー循環化学科 イメージ

 ● 1学年45名の学生に対して16名もの教員を配置

 ● エンジニアリングアドバイザー(EA)やティーチングアシスタント(TA)による
親身な学修支援

 ● 学生実験室や計測分析センターの豊富な実験設備

 ● 卒業研究では充実した研究設備の他に、個人のパソコンと机を完備

 ● 個々の学生の特徴に合わせたマンツーマンでの研究指導


多様性と実力を兼ね備えた教授陣

エネルギー循環化学科 イメージ

 ● 国内トップレベルの教学歴の研究者 (東京大学・九州大学など)

 ● 企業や公的機関での実務経験が豊富な技術者
   (栗田工業・熊谷組・産業技術総合研究所・国立環境研究所など)

 ● 外国人教員・女性教員などの多様性

 ● 外部研究費の豊富な獲得実績

→ 平成27年度外部研究費受入状況 (国際環境工学部)


エネルギー循環化学科長メッセージ

エネルギー循環化学科のカリキュラム

エネルギー循環化学科の教員紹介

エネルギー循環化学科の研究紹介

エネルギー循環化学科の卒業後の進路

大学院 環境システム専攻の紹介