広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

今年も、ハチミツできました!【広報係長日記】

文学部 竹川大介教授より、「放課後みつばち倶楽部」のハチミツ販売開始のお知らせです!

-----------------------------------------------------------------------------------------------
「放課後みつばち倶楽部」の学生たちとともに、
12月2日に大学のハチミツをとりました。
本学北方キャンパスの屋上で今年の春に分蜂し、
夏と秋にたくさんの蜜を貯めた3つの巣箱のものです。

  

とてもよい蜜がとれ、昨日、瓶詰めが終わりましたので、
12月14日(木)の10時より旦過市場の大學堂にて発売することになりました。
北九大のハチミツは、昨年は蜜が少なかったため販売することができず、
2年ぶりの登場となります。

    

今回は、椎葉村で学んだ最も濃厚な「冬蜜」に挑戦しました。
この時期の採蜜は難しいのですが、最高品質の蜂蜜がとれます。
瓶詰めの際に糖度を計測したところ、85.2度という驚きの数値でした。
柔らかいキャラメルのようなねっとりとした蜜です。

    

【発売開始】
 12月14日午前10時 旦過市場大學堂(北九州市小倉北区魚町4丁目4-20)
【価格】
 ○北九州市立大学の冬蜜 50グラム瓶 1,000円
 ○九州山地の山蜜(ととろ・高千穂・霧島) 50グラム瓶 800円
 ○「味くらべセット」北九州市立大学の冬蜜+2種類の山蜜 2,500円


大学の冬蜜だけは限定おひとり1瓶まで。
山蜜および味くらべセットは、在庫がある限り購入できます。
クリスマスのプレゼントやお正月の楽しみにどうぞ。

※大學堂の店頭のみの販売となり、電話での予約や取り置きはしておりません。
※すべてニホンミツバチの百花蜜で、試食もできます。
※九州山地の山蜜は、秋にとれた蜜です。
※北九大の「放課後みつばち倶楽部」を主に取材して書かれた
 「誰でもチャレンジできる! イラストマニュアル・はじめての養蜂」も
 2,000円(税抜)で販売しています。


「放課後みつばち倶楽部」の活動については、こちら(外部リンク)

<登録日>
2017年12月12日

仁川発展研究院との共同研究発表会を開催しました【広報係長日記】

本学地域戦略研究所では、

平成11年に締結された韓国・仁川広域市の仁川発展研究院との友好交流協定に基づき、
毎年国際交流・共同研究発表会を開催しており、
今年度は北九州市での開催となりました。

これに先立ち、
仁川発展研究院 イ・ジョンヨル院長ほか4名による学長表敬が行われ、
その後会場を移して仁川側から2名、
本学側から2名の研究者による研究発表会が行われました。

     

今年度の研究発表のテーマは、
「ウォーターフロント地区におけるまちづくり」として、以下のタイトルで発表を行いました。

<仁川発展研究院>
「仁川海洋親水都市造成基本構想について」(ギ・ユンファン研究企画本部研究委員)
「仁川開港場の価値上昇プロジェクト」(ユン・ハヨン都市基盤研究室専任研究員)

<本学>
「門司港レトロ地区の歩みと展望」(内田 晃地域戦略研究所教授・副所長)
「北九州市と下関市の連携による日本遺産認定事業の展開と観光振興」(南 博地域戦略研究所教授)


     

研究発表後には、
仁川発展研究院関係者と本学地域戦略研究所の柳井 雅人所長ほか4名による意見交換の場を設け、
今後の研究交流に向けて活発な議論が交わされました。

<登録日>
2017年12月08日

推薦入試の合格発表がありました【広報係長日記】

12/8(金)に、推薦入試と社会人特別選抜試験の合格発表がありました。
    
北方・ひびきのキャンパスの掲示板に

推薦入試の合格者418名と
社会人特別選抜の合格者10名の受験番号が張り出されると、
寒空のなか、発表を待ちわびた受験生や保護者
および高校の先生などが自分の番号を確認されていました。

      

なお、本学ホームページでも合格者の受験番号を確認できます。

合格された受験生のみなさん、おめでとうございます!

<登録日>
2017年12月08日

JOB×Lab.2019(学内合同業界セミナー)を開催しました!【広報係長日記】

11月29日(水)、JOB×Lab.2019を開催しました。

JOB×Lab.とは本学の全学部(群)・全学年の学生を対象とした、学内で開催する合同業界セミナーです。
各業界のトップ企業のお話を、大学内で同時に聞くことができるという、
学生にとっては大変貴重な機会です。
11月8日(水)から始まったこのセミナー、この日は第2回の開催日でした。



今回のJOB×Lab.2019に参加いただいた企業は、
 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
 日本航空株式会社
 株式会社ベネッセコーポレーション
 株式会社星野リゾートマネジメント
 株式会社レベルファイブ
の5社です。

セミナーでは、それぞれの業界がおかれている現状や、これから目指していく姿などをお話いただきました。



今回は237名の学生が参加しましたが、異なった業界の話を同時に聞くことができたことで、
自分自身の視野が広がり、考えていなかった業界にも興味を持つきっかけになったようです。

JOB×Lab.2019の開催も、残り2回となりました。
JOB×Lab.は業界研究にも繋がります。
本学学生の皆さんの積極的な参加をお待ちしています!

〈第3回参加企業:開催日12月6日(水)〉
九州旅客鉄道株式会社
人事院九州事務局
TOTO株式会社
日本生命保険相互会社
株式会社安川電機
※第3回予約結果発表・・・12月4日(月)17時〜

〈第4回参加企業:開催日12月13日(水)〉
アサヒ飲料株式会社
株式会社ゼンリン
日本放送協会
野村證券株式会社
株式会社リクルートキャリア

現在、第4回の予約を受け付けています。
本学の学生であれば、誰でも参加できます。
また、当日参加も可能となっていますので、予約をしていない方もぜひ参加しましょう。

詳しくはキャリアセンターにお問い合わせください。

<登録日>
2017年12月04日

市内高校進路指導担当者と経済学部の意見交換会を開催しました【広報係長日記】

11月2日(木)、JR小倉駅のアミュプラザ小倉7階にある小倉サテライトキャンパスにて、

北九州市内の高校で進路指導を担当されている先生方と、
経済学部教員による意見交換会を実施しました。

今年、近隣高校の進路指導担当の先生方からのご要望に沿って開催された、この意見交換会では、
北九州市内の高校の先生方へ直接学部の現況をお知らせするとともに、
高校現場からの忌憚のないご意見を伺える貴重な機会となりました。

   

まずは、経済学部 朱学部長の挨拶に始まり、
本学副学長でもある経済学部の柳井教授から、本学における第3期中期計画の概要について、
就職支援室より地元就職への取り組み状況の紹介といった全学の情報から、
経済学部での地元就職状況や平成31年度から始まる新カリキュラムに関するトピックスまで、
普段なかなかお伝えすることができない詳細情報を提供させていただきました。

   
 

入試改革、18歳人口の減少など、受験生を取り巻く環境は大きく変化していくなかで、
送り出していただく側の高校の先生方の想いと
受け入れて社会へ独り立ちしていくサポートをする側の大学の教員が、
今後のあるべき姿を共に探っていくよい機会となりました。

<登録日>
2017年11月27日

海外インターンシップ発表会が開催されました!【広報係長日記】

11月22日、本学図書館本館にて海外インターンシップに参加した学生達の発表会が行われました。

海外インターンシップは、グローバル人材育成の一環として、本学では平成25年度から実施しています。
平成28年度までの間に、17ヶ国・地域に延べ160名の学生が参加してきました。

今年度も、夏休み期間を利用して、2週間から4週間の間、世界4カ国(地域)・13プログラムに30名の学生が、
PBL(課題解決)型のプログラムを通して海外でのビジネスの現場を学んできました。

当日は、二宮副学長およびキャリアセンターの見舘教授より、ご挨拶と本事業の概要説明のあと、
参加学生らがそれぞれの活動経験とこのインターンシップから得られた成果などを
プレゼンテーションしました。

   


会場には、派遣先としてご協力いただいた企業関係者の方々もお見えになられ、
海外からご参加いただいた企業もありました。
学生の発表に対して、
「会社が直面する課題に取り組み、大変だったと思うが、よく乗り越えてくれた」
「学生から直接、日本の流行を聴くなど、交流の中で色々と学ぶこともあった」
などと高く評価していただいたり、今後についてのアドバイスをいただいたりしていました。

   


学生達は皆、堂々と、自信に満ちた発表を行い、成長を感じる素晴らしい発表会でした。
このインターンシップを通じた貴重な経験は、
今後のキャリアづくり、大学生活につながる掛け替えのないものになったのではないでしょうか。

チャレンジ精神を忘れずに、国内外で活躍できるグローバル人材になれるよう、
これからも頑張ってください!

<登録日>
2017年11月27日

英国カーディフ大学との学術交流協定締結25周年記念式典を実施しました!【広報係長日記】

10月27日(金)、英国カーディフ大学において、松尾学長等出席のもと、
両校の交流25周年を祝う記念式典を行いました。

英国カーディフ大学(ウェールズ地方カーディフ市)とは、1992年に学術交流協定を締結し、
交換留学プログラムを中心とした交流を行っています。
これまでに192名の本学学生が同大学へ留学し、
また、114名のカーディフ大学生が本学で学びました。

祝賀記念式典では、本学の松尾学長やカーディフ大学のBristow副学長等が
記念スピーチや講演を行いました。
終始和やかな雰囲気の中、四半世紀に及ぶ両校の交流を振り返るとともに、
今後のより緊密な連携と更なる交流の活性化を図っていくことで合意しました。

〈松尾学長のご挨拶(写真右奥 松尾学長)〉


〈記念品の贈呈(写真左からBristow副学長、Langford学部長(MLANG)、松尾学長)〉


その後、二宮国際教育交流センター長と山﨑国際交流アドバイザーが、
カーディフ大学で日本語を学ぶ学生を対象に、
本学の魅力や留学のメリットを紹介するプレゼンテーションを行いました。
会場には、カーディフ大学に留学中の本学学生や、
本学への留学経験のあるカーディフ大学生も応援に駆け付け、
活気あふれるセッションとなり、本学を積極的にPRすることができました。


〈本学学生、本学への留学経験学生、二宮センター長と山﨑国際交流アドバイザー〉


国際教育交流センターでは、在学生を対象とした、2018年秋開始の、
カーディフ大学を始めとする海外協定校での留学プログラムの募集を行っています。
※詳細はこちら

交換留学に興味のある在学生の皆さんの積極的な応募をお待ちしています。

<登録日>
2017年11月21日

ビブリオバトル2017 学内予選会が開催されました!【広報係長日記】

以前からお知らせしてしていました、
全国ビブリオバトル2017〜首都決戦〜の北九州市立大学内の予選会が、
11月11日(土)北方キャンパス図書館のラーニングシアターにて開催されました!

集まった発表者(「バトラー」といいます)は開催史上最多の9名!!
それぞれが思い入れのあるイチオシの1冊を持って集まりました。


 


バトラーの熱い思いが伝わって、
1度目の投票では同票獲得でチャンプ本が決定せず、
決選投票までもつれ込みました。

決選投票を制し、見事チャンプ本を獲得したのは・・・
この結果は、図書館のページでお知らせしていますので、ぜひチェックしてみてください!


松尾学長も観戦され、感想をお話いただきました。


チャンプ本を獲得した学生は、11月25日(土)に九州女子大学で開催される、
九州A,Bブロック地区決戦へと出場します。
(地区決戦の詳細はこちら

地区決戦の上位2名が出場できる東京での首都決戦は12月17日。
本学のバトラーの活躍を祈って、みんなで応援しましょう!!

<登録日>
2017年11月20日

小倉南区でたわわに実る古代米、収穫します!(日程変更しました)【広報係長日記】


文学部 竹川大介教授や学生らで作る
「九州フィールドワーク研究会」(以下、「野研」)に所属する
法学部 本田真悠さんを中心に、
小倉南区葛原の農地を借りて、
春から「野研」の学生たちが無農薬栽培をしてきた
古代米「豐とよ」の稲刈りがいよいよ11月19日(日)になりました。
(雨天のため、日程変更しています)

     

手刈りで、竪穴式ドームによる「はざ干し」をおこない、
刈り取りと住居づくり(藁の家)を同時にすすめる予定です。
「野研」と竹川 大介教授の講義をとっている学生たちが
総出で参加するイベントを予定しています。
場所は、小倉南区葛原にあるホームプラザナフコ小倉南店さんの裏です。

     

ちなみに、古代米は黒米の餅米です。
新たな物語が始まる匂いがします。

<登録日>
2017年11月17日

第85回北方サロンを開催しました!【広報係長日記】

11月15日(水)、北方キャンパス図書館ラーニングシアターにて、

第85回北方サロンが開催されました。

今回は、文学部の竹川先生、基盤教育センターの眞鍋先生、
外国語学部の下野先生、法学部の田代先生の合計4名の先生方に、
ご自身の研究成果についてそれぞれお話しいただきました。

     【文学部 竹川 大介先生】
   
  <テーマ:ニホンミツバチ養蜂をとおした地域比較調査と
       環境教育における実践学習への応用>

   【基盤教育センター 眞鍋 和博先生】
   
<テーマ:小倉北区「馬島」と韓国「統英市」の海岸漂着ゴミの実態調査>

馬島や韓国での活動内容については、
地域共生教育センターの村江先生にも、お話しいただきました。
   


    【外国語学部 下野 寿子先生】
   
  <テーマ:訪日ブームが牽引する地方の国際化の諸相
       ―多様なアジアに向き合う熊本県の事例―>

     【法学部 田代 洋久先生】
   
  <テーマ:文化的資源を活用した地域創造のメカニズム
       に関する研究―創作活動の可能性>

参加された方々からの熱心な質問や意見も飛び交い、充実した会になりました。

次回は、12月20日(水)の開催を予定しております。今年度最後の北方サロンです。
今年度から図書館で開催しておりますので、市民の皆さんもお気軽にご参加ください。


詳細については、後日お知らせいたします。


<登録日>
2017年11月16日

月別アーカイブ