広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

スターフライヤートレーニングセンターで「学外体験エアライン講座」を実施しました!!【広報係長日記】

北九州市立大学では、平成22年度から株式会社スターフライヤーと連携し、

航空業界への就職を希望する学生の就職活動を支援するため、
航空業界の現状及び職務内容をスターフライヤー社員から学ぶ「エアライン特別講座」を実施しています。

今年度は、2月22日(木)に、
講座の一環として「スターフライヤートレーニングセンターにおける学外体験エアライン講座」を実施しました。
当日は、26名の講座生が参加し、松石禎己社長様の講話や安全に関する講話をお聞きしました。

        
           株式会社スターフライヤー 松石禎己社長様の講話

また、モックアップ(機体実物大モデル)内でのドリンクサービス業務の模擬体験、
シミュレーター見学のほか、現役社員の方々との座談会など、
学生にとって得難い大変貴重な経験をさせていただきました。

 
    機内サービス実習の様子           現役社員の方々との座談会

参加した学生からは、「涙が出るくらい嬉しく、感激した」
「絶対に航空業界で働きたい、との気持ちを新たにした」と大変好評で、
今後の就職活動に意欲を見せていました。

      
           モックアップ(機体実物大モデル)の前で



<登録日>
2018年03月01日

法学部の学生達が、北九州市へ「文化まちづくり」の提案を行いました!【広報係長日記】

本学法学部政策科学科では、公共政策分野の課題解決に向けた政策分析・政策立案能力を養うため、

フィールドワークを実施し、実践的な政策研究活動を行う「政策実践プロジェクト」を展開しています。

今回、都市政策や文化的資源を活用した地域づくりの研究を進めている
政策科学科の田代ゼミ(田代洋久教授)では、
北九州市の市民文化スポーツ局文化部の協力を得て「文化まちづくり政策」をテーマに、
学部2〜3年生16人による政策研究を進め、学生視点からの政策提案を行いました。

このプロジェクトでは、4つのグループに分かれ、
いくつかのキーワードを元にグループテーマを設定し、
北九州市の文化施策担当部署による事前レクチャーや市内の文化施設見学などを経て、
現状と課題の洗い出し、フィールドワークの実施・結果分析を行い、
政策提案の確定およびプレゼンテーションの実施という、
約9ヶ月間に及ぶ長期の取り組みとなりました。

政策提案報告会には、市の文化施策や観光関連部署の課長、担当係長等にご参加頂き、
ゼミ長の植山真理さん(3年)から本プロジェクトの取組み経過に関する全体報告に続いて、
それぞれのグループがフィールド活動と事例研究等からヒントを得た、
学生目線からの「北九州市の文化まちづくり」に対する政策提案を行いました。

     

また、各グループ報告後には、田代教授より、
「文化創造都市に向けた文化まちづくりの方向性」として、
かつての工業都市から、創造性を核としながら公共施設整備や創作活動といった
ハード・ソフト面の連携した取り組みによって観光集客都市として変貌を遂げた海外の事例や、
国内での成功例を紹介しながら、
今後、北九州市が創造都市への変貌に向けては、
学生視点の政策アプローチで示したとおり、文化の枠組みを広げ、
分野横断的な価値創出に向けた取り組みが必要ではないかとして、総括されました。

     

提案された政策のなかには、企業や他の公共的施設等との連携をうまく活用したものや、
市の担当部署だけでは思いつかないような斬新なプログラムを提案するなど、
学生達の自由な視点から生まれたユニークな政策に、
市の文化部長等からも「ぜひ市役所に来てください」などのお褒めの言葉をいただきました。

各グループの報告テーマは以下のとおりです。

【Aグループ】
 テーマ報告:「都市空間の魅力向上―アートによる空間の創造」
  提案内容:「気軽にアートプロジェクト」

  

【Bグループ】
 テーマ報告:「ノスタルジック門司―私たちの門司港ストーリー」
  提案内容:「日本遺産を活用したノスタルジックまちあるき」

  

【Cグループ】
 テーマ報告:「メディア芸術活性化計画〜『銀河鉄道999』40周年プロジェクト〜」
  提案内容:・「公共空間での999の世界観を広げる」
       ・「漫画ミュージアムの魅力を高める」

  

【Dグループ】
 テーマ報告:「『多様な文化のまち北九州』の定着に向けて〜北九州文化まるごとパスポート〜」
  提案内容:「北九州市文化・観光施設共通観覧券のリニューアルの提案」
       (北九州の文化体験と多彩な文化の発信)

  

田代ゼミのみなさん、お疲れ様でした!

    



<登録日>
2018年02月26日

「学生による学生のための北九州・下関地域業界MAP2018年版」、完成しました【広報係長日記】

本学では、地方創生に資する取り組みの一環として、

地域の学生の地元定着・地元就職の促進を目的に地域の産学官が連携し、
「北九州・下関まなびとぴあ」による取り組みを推進しています。

その一環として、昨年発行した北九州・下関地域における業界MAPに、
新たに7業種を追加し、
約590社の情報を網羅した業界MAP2018年版を制作しました。

  


今回も、北九州市立大学地域戦略研究所が中心となって本学学生と協働し、
昨年よりも大幅にページ数も増えて、デザインもより見やすくなっています。

2月2日(金)には、
関係教員とともに制作に携わった学生8名が、
松尾学長へ完成報告を行いました。

 

学生達は、自分の担当したページについて、
苦労した点や工夫した点などを報告するとともに、
この冊子制作を通して得られたことを
今後の就職活動にも生かしていきたいと意気込みを語っていました。

       
       (読売新聞社様より取材を受けました)


<登録日>
2018年02月07日

英国ウェールズラグビー協会の皆さんが来学されました!【広報係長日記】

1月18日(木)、英国ウェールズラグビー協会から、

元ウェールズ代表選手のライアン・ジョーンズさんら4名が来学し、
学長への表敬訪問及び学生等との交流会を行いました。

北九州市が「ラグビーワールドカップ2019日本大会」における
ウェールズ代表チームの事前キャンプ地として選定されたきっかけの一つには、
本学とウェールズにあるカーディフ大学との、
長年にわたる交流があることも挙げられています。
このような経緯から、今回、学長表敬と学生等との交流会の実施に至りました。

交流会では、
ライアン・ジョーンズさんら4名と本学ラグビー部を中心とする学生たちが、
競技としてのラグビーが地域に与える影響などについて、
積極的に意見交換を行いました。

最後に学生から、ラグビーワールドカップ2019日本大会へ向けて、
ウェールズ代表チームを応援するメッセージを贈りました。

        ウェールズラグビー協会関係者



後列左から 山﨑国際交流アドバイザー、二宮国際教育交流センター長、カーディフ大学留学生、
      カーディフ大学留学経験学生、ラグビー部員
前列    ウェールズラグビー協会関係者


その後の学長表敬では、サイン入りのユニフォームの贈呈を受け、
今後は、ウェールズ代表チームが北九州市で事前キャンプをする際などにも、
交流を行っていくこととなりました。


           学長表敬の模様

ラグビーワールドカップ2019日本大会での、
ウェールズ代表チームの健闘と活躍を心からお祈りしています。

<登録日>
2018年01月25日

地元製品「街かどショールーム」展示会コラボ、企業研究発表会を行いました!【広報係長日記】

北九州市産業経済局が実施する、

優れた地元製品PRのための「街かどショールーム」展示会が、
12月12日〜1月31日まで北方キャンパス地下1階で開催されています。

今年は初の試みとして、
経済学部 経営戦略研究ゼミ(浦野 恭平研究室)とのコラボレーションにより、
展示企業のうちの2社について、
学生達が行った企業研究の成果発表会を実施しました。

研究対象は、
大阪シーリング株式会社様(シール・ラベル・フィルムなどの印刷・製造)
シャボン玉石けん株式会社様(無添加石けんの製造)
で、いずれも市内に製造拠点や本社を置く企業です。

学生達は、企業研究を進めるなかで、
各社の経営理念や製品が生まれるまでの経緯や今後の事業展開に関すること、
実際に働く方々へのヒアリング等を通じて得た魅力などを
プレゼンテーションしていました。

  

  

また、展示会では今回発表した2社を含め、
全部で4社の製品・パネル等の展示を行っています。
お時間のある方は、こちらもぜひご覧ください。

  


<登録日>
2018年01月23日

入試直前相談会in福岡にお越しいただき、ありがとうございました!【広報係長日記】

1月20日(土)、福岡市の博多駅前にある博多バスターミナルにて、
入試直前相談会を実施しました。



   


当日は、370名を越える受験生ならびに保護者の皆さまにお越しいただき、
センター試験の結果を受けて、
個別学力検査に向けてどのような取組みを行ったらよいか、
小論文対策はどうしたらよいかなど、
本学の学部の教員や学生たちへ熱心にご質問をいただきました。

今年は、大学生協による住まいの相談コーナーも設置し、
県外からもお越しいただいた皆さまも多数いらしたため、
親子でご相談される姿もありました。


   

例年と同じく、特に午前中は会場が混雑し、
学部ブースによってはお待ちいただくこととなりましたが、
一般選抜前期試験の出願直前の休日だったこともあり、
保護者の方とともに進学先について
熱心に情報収集されている姿は印象的でした。
 
   

   

また、会場には本学同窓会福岡支部の岩崎支部長にもお越し頂き、
今回も相談会や本学の情報発信にお力添えいただきました。
ありがとうございました。


いよいよ本日(1月22日)より、出願受付も始まっています。
インターネット出願および出願確認票などの必要書類の提出締め切りは、
1月31日(水)必着となっておりますので、
お手続き漏れのないよう、余裕を持って出願書類をご準備ください。

<登録日>
2018年01月22日

フードドライブin北九州市立大学、開催しています!【広報係長日記】

法学部 三宅博之教授のゼミが中心となって行う学生プロジェクトによる「フードドライブ」、

再び開催のお知らせです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

     フードドライブin北九州市立大学 開催のお知らせ

昨年7月に2週間を通じて、
北九州市のマスコットキャラクターである「ていたん」「ブラックていたん」を招き、
皆様のご家庭より賞味期限1か月以前の食品をお持ちいただき、
ご寄付していただく企画「フードドライブ」を開催しました。
皆様の多大なご協力により、缶詰や乾麺など計32kgの食品が集まり、
食品ロス削減学生プロジェクトのメンバー一同感謝しております。
どうもありがとうございました。
即座に、フードバンク北九州ライフアゲインに引き渡しました。
市内の市民センター、環境ミュージアム、北九州ESDステーションでも同時開催された次第です。

このたび、1月15日(月)から26日(金)にかけて再びフードドライブを実施します。
場所は、北方キャンパス本館の1階ピアノ前と、
2号館 地域共生教育センター(421Lab.)前です。

ただし、22日(月)から26日(金)は、地域共生教育センター(421Lab.)前のみで実施しています。
下記の食品をご寄付ください。
改めてご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


*賞味期間が一か月以上あり、未開封のもの

*お米やパスタなどの主食 *食用油、醤油、砂糖など *インスタント麺、レトルト食品

*肉や魚、果物などの缶詰 *ペットボトルや缶などの飲料 *菓子類

注意:次の食品はお取り扱いできません。
*瓶詰、生鮮食品、開封済みのもの、賞味期限が不明、もしくは一か月未満のもの

*包装や外装を替えているもの *アルコール類

問い合わせ先:
  三宅博之 (法学部教員) 
          e-mail:h-miyake@kitakyu-u.ac.jp
 
  NPO法人 フードバンク北九州ライフアゲイン事務局(月〜金:10時から17時まで)
     電話:093-672-5347     
     e-mail :fbkitaq@iga.bbig.jp

   

       


<登録日>
2018年01月18日

大学入試センター試験が終わったら、余裕を持って出願登録を!【広報係長日記】

本学でも、1月13日(土)・14日(日)の2日間に亘り、

大学入試センター試験が行われました。

幸いなことに本学周辺は雪の影響もなく、

通常時間どおり約1,500名の方々が受験されました。


受験生のみなさまは、今後の一般選抜出願に向け、

最終的な志願先を決めていくことと思います。

 
そこで、北九州市立大学では、

出願期間直前の1月20日(土)に福岡市の博多駅前にある 博多バスターミナル にて

入試直前相談会 を行います。

相談会では、昨年度の入試問題集の配布や

本学教職員による入試相談、

在学生による入試アドバイスなどを行います。

また、大学生協による新生活準備のための相談窓口も設置しています。


詳しくは、チラシをクリックしてださい。

   

皆様のご来場をお待ちしております !

【今年度より、インターネット出願を導入しています】

すでに本学への受験を決めているみなさまは、

1月22日(月)からの出願期間に先立ち、

1月15日(月より出願サイトでの出願登録・入学検定料の支払を

受け付けております。(電子メールアドレスが必要となります)

気持ちに余裕を持って、出願登録に臨んでいただきますと幸いです。


出願サイトは、こちら


<登録日>
2018年01月15日

平成29年度北九州市立大学グローバル人材育成奨励奨学金「優秀者奨学金」の表彰式が行われました!【広報係長日記】

平成29年度北九州市立大学グローバル人材育成奨励奨学金「優秀者奨学金」の表彰式が行われました。

北九州市立大学グローバル人材育成推進事業「Kitakyushu Global Pioneers」の履修者で、
大変優秀な成績を修めた学生が英語によるプレゼンテーション審査にのぞみ、
6名が「優秀者奨学金」を受賞しました。

英語によるプレゼンテーションは、
留学や海外インターンシップ等の海外経験を活かした非常にレベルの高い内容で、
審査員の先生方も驚きの様子でした。


表彰式は、1月11日(木)に国際化推進室で行われました。
優秀者奨学金受賞者には奨学金13万円が授与され、これからのますますの活躍を期待し、
二宮副学長から激励の言葉が贈られました。



〈受賞者〉
外国語学部英米学科4年 岡村 遥さん
外国語学部英米学科4年 志波 かおりさん
外国語学部英米学科4年 末永 千晶さん
外国語学部英米学科4年 田中 彩夏さん
外国語学部英米学科4年 元村 萌さん
経済学部経済学科4年  荒木 勇太さん

みなさん、おめでとうございます。

<登録日>
2018年01月12日

西日本新聞で基盤教育センター アン クレシーニ准教授の連載が始まります!【広報係長日記】

1月11日(木)より、西日本新聞の毎週木曜日の生活面


本学基盤教育センターひびきの分室のアン クレシーニ准教授による

連載記事「アンちゃんの日本GO!」が始まります。


内容は日本語が大好きで、

外来語や和製英語などを中心に

日本語の研究を行っているアン クレシーニ准教授のコラムで、

第1回目は「『ちりばめられる』に恋をした」です。


連載は、3月まで続きますので、

ぜひご一読ください!


<登録日>
2018年01月11日

月別アーカイブ