広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

第85回北方サロンを開催しました!【広報係長日記】

11月15日(水)、北方キャンパス図書館ラーニングシアターにて、

第85回北方サロンが開催されました。

今回は、文学部の竹川先生、基盤教育センターの眞鍋先生、
外国語学部の下野先生、法学部の田代先生の合計4名の先生方に、
ご自身の研究成果についてそれぞれお話しいただきました。

     【文学部 竹川 大介先生】
   
  <テーマ:ニホンミツバチ養蜂をとおした地域比較調査と
       環境教育における実践学習への応用>

   【基盤教育センター 眞鍋 和博先生】
   
<テーマ:小倉北区「馬島」と韓国「統英市」の海岸漂着ゴミの実態調査>

馬島や韓国での活動内容については、
地域共生教育センターの村江先生にも、お話しいただきました。
   


    【外国語学部 下野 寿子先生】
   
  <テーマ:訪日ブームが牽引する地方の国際化の諸相
       ―多様なアジアに向き合う熊本県の事例―>

     【法学部 田代 洋久先生】
   
  <テーマ:文化的資源を活用した地域創造のメカニズム
       に関する研究―創作活動の可能性>

参加された方々からの熱心な質問や意見も飛び交い、充実した会になりました。

次回は、12月20日(水)の開催を予定しております。今年度最後の北方サロンです。
今年度から図書館で開催しておりますので、市民の皆さんもお気軽にご参加ください。


詳細については、後日お知らせいたします。


<登録日>
2017年11月16日

『Keeple』の活動が学生防犯ボランティア団体表彰に選出・表彰されました!【広報係長日記】

本学地域創生学群の実習活動「モビリティプロジェクト」の学生が中心となって実施している
『Keeple』の活動が、福岡県警察本部と公益社団法人福岡県防犯協会連合会による
「学生防犯ボランティア団体表彰」にて選出され、表彰されました。

「学生防犯ボランティア団体表彰」とは、
学生防犯ボランティア団体が実施する防犯ボランティア活動について、
特に優れた取り組みを顕彰して県内から2団体が表彰されるものです。


〈学生防犯ボランティア団体表彰式の様子〉

『Keeple』は、
「放置自転車はいけないこと」という認識を高め、放置自転車を行う人を減らしていくこと、
防犯の意識を持ち、ツーロックを行う人を増やしていくことを目標に、
平成26年度から北九州市の小倉都心部で実施している取り組みです。
月に2回青いベストを着て、小倉駅からモノレール沿いを中心に
地域のボランティアの方々と共に、
放置自転車の整理や駐輪場利用を呼びかける啓発ステッカーの添付を行いながら、
ごみ拾いなどの清掃活動を行っています。


小倉北警察署生活安全課によると、
『Keeple』の活動開始後6ヶ月の小倉都心部での窃盗件数は、
前年同期比で約20%も減少するなど、目に見える効果も表れています。
このような成果を受けて、平成27年と29年の2回、小倉北警察署から感謝状も贈呈されました。


『Keeple』という言葉には
keep × people 駐輪場にきちんと停めよう
key × people   駐輪する時は鍵をかけよう
という想いが込められています。

〈Keepleメンバー〉

これまでの地道な活動が認められ、このような名誉ある表彰を受けることができました。
『Keeple』は、今後も小倉都心部に市民の皆さんが明るく笑顔で集えるように、
活動を継続していきます。

〈学長報告の様子〉

○Keepleの活動については、こちらから詳しくご覧いただけます。
 ・RKB毎日放送「旬感 北九州」(平成29年10月25日(水)放送)
  「放置自転車対策に取り組む学生たち Keeple」

<登録日>
2017年11月10日

全国大学ビブリオバトル2017~首都決戦~の学内予選会を観戦しませんか?【広報係長日記】

以前の日記にも書きましたが、

「全国大学ビブリオバトル2017〜首都決戦〜」の学内予選会が、
いよいよ今週土曜日に開催されます。

5回目を迎えるこの予選会、
今年は史上最多となる発表者が集結し、東京で行われる全国大会を目指します。

この予選会の観戦者を募集しています。
学内関係者はもちろん、学外の方も観戦できます。

今年は例年以上の盛り上がりが予想されます。
ぜひお見逃しなく!!

〈ビブリオバトル 北九州市立大学予選会〉
日時:11月11日(土)13:30〜15:00(予定)
会場:北九州市立大学 北方キャンパス
   図書館1階 ラーニングシアター

観戦ご希望の方は、当日13:30までに上記会場にお集まりください。
(事前申し込みは不要です)

<登録日>
2017年11月08日

北方シネマ、今月は11月10日(金)の開催です!【広報係長日記】

北方シネマの7回目の作品として、今週末の金曜日に「花はどこへいった」を上映いたします。


5月より毎月第1金曜日に定期開催している北方シネマですが、
今月は学園祭とかさなり
第2金曜日の11月10日18:30を予定しております。

アフタートークでは、この作品を制作した映画監督の坂田雅子さんをお招きし、
みずからの体験をもとに作品の背景について語っていただきます。


上映作品:北方シネマ007『花はどこへいった』

日時:平成29年11月10日(金)18:30開演(18:00開場)

場所:北九州市立大学本館1階 A-101教室


以下、「北方シネマ」運営委員会世話人の文学部 竹川 大介教授より、メッセージです。
---------------------------------------------------------------------------------------------

政治や教育の現場で、きな臭い雰囲気が生まれている昨今の日本の中で、
この映画を通して、もういちど戦争とはなにかを考えたいと考えています。

ベトナム戦争をすでに歴史の話として記憶している人は多いと思いますが、
この映画ではベトナム戦争の「今」を描いています。

それは私自身も知らなかった、
あるいは忘れかけていた、驚きの「今」でした。
さらに悲惨な傷跡だけではなく、
そこで生きていく人々の力強さも印象的でした。

ベトナム戦争なんて生まれる前の昔ことだと思っている学生や、
個人の記憶の中にかさなるさまざまな想い出をもとに市民の方々と、
この映画を見たいと思います。

---------------------------------------------------------------------------------------------

北方シネマHPは、こちらから

<登録日>
2017年11月07日

経済学部+ビジネススクール(K2BS)インスパイア・フォーラムを開催しました!【広報係長日記】

10月25日(水)、本学経済学部と大学院マネジメント研究科(K2BS)が合同で、

特別フォーラムを開催しました。

      

テーマは、『本気で、地球サイズの環境ビジネスを考えてみよう―そのやりがいと、すごいワクワク感―』。

ゲストには、本学商学部(現:経済学部)OBであり、
2016年12月に発刊された日経BP社「日経ビジネス『次代を創る100人』」に
トップバッターとして掲載された 
日本環境設計株式会社 代表取締役会長 岩元 美智彦さんをお迎えして、
文字通り「地球規模」のお話を伺うことができました。

   
      <岩元会長は、2015年にアショカ・フェローにも選出されています>

大手繊維商社での経験を基に、ベンチャー企業を立ち上げ、
成立が非常に難しいと考えられていた「『経済』と『環境』の両立」を証明したいとの想いから、
全ての物質の元となる共通の元素(C炭素・H水素・O酸素)に注目し、
原子レベルまで分解することにより、高効率のリサイクルシステムを確立し、
世界中の企業から注目を集める会社に10年足らずで育て上げた岩元会長。

講義では、「わくわくドキドキ」「楽しみながらみんなで参加」といったキーワードが
至るところに散りばめられており、
環境問題=きつい、深刻」といったマイナスイメージでは事業や取組みが長続きしないこと、
石油などの地下資源ではなく、
既に製品化された衣類等の「地上資源」を繰り返し利用することで、
真の循環型社会が実現し、
資源の奪い合いから起こる紛争や戦争をなくすことに繋がるといった仕組みを確立するプロセスを、
分かりやすくご紹介いただきました。

      
        <学生からの質問にも丁寧に答えていただきました>

また、技術はもちろん大事であるが、
それを効果的に運用していくためのモデルの確立が何よりも大事であること、
人脈や様々な業種間での情報交換の広がりでたくさんのアイデアが生まれてくること、
なによりも諦めずにチャレンジすることなど、
環境だけでなくいろんな分野や社会で必要となるスキルを指南していただいた、
あっという間の90分でした。

<登録日>
2017年11月06日

第84回「北方サロン」を開催しました!【広報係長日記】

10月25日(水)、図書館ラーニングシアターにて第84回北方サロンを開催しました。

今回は、文学部の野井英明先生、

法学部の三宅博之先生、
基盤教育センターの小林道彦先生の合計3名の先生方に、
ご自身の研究成果についてそれぞれお話しいただきました。

       【文学部 野井 英明先生】
       
   <テーマ:対馬島における縄文時代以降の植生変遷>

       【法学部 三宅 博之先生】
     
<テーマ:北九州市立大学における「食」と「農」の実践教育に関する調査研究>

     【基盤教育センター 小林 道彦先生】
     
<テーマ:山県有朋意見書の再校訂による研究基盤の再構築>


参加された方々からの熱心な質問も飛び交い、90分の時間では物足りないほどの充実した会になりました。

次回は、11月15日(水)の開催を予定しております。
今年度から図書館で開催しておりますので、市民の皆さんもお気軽にご参加ください。

詳細については、後日お知らせいたします。

<登録日>
2017年10月30日

今年も「エアライン特別講座」、開講しています!【広報係長日記】

10月24日(火)、航空業界への就職を希望する学生を支援する講座、

「エアライン特別講座」が開講しました。

本講座は、北九州市に本社を置く株式会社スターフライヤーと連携し、
平成22年度から実施しているものです。
今年度も、株式会社スターフライヤーCS推進部 シニアマネージャーの渕けい子様を講師にお招きし、
例年を上回る37名の学生が受講しています。

   

第1回目の講座では、5名の社員の方がご登壇くださり、
航空業界の現状や企業紹介のほか、学生とのフリーディスカッションを行いました。
受講した学生からは「社員の方々の仕事への信念を知り、航空業界への熱意を新たにした。」
「日常の行動や心構えの大切さが分かった。小さな目標を積み重ねることで夢を達成したい。」
などの感想がありました。

   

この講座は、現役社員の方から、
航空業界の最新情報やプロフェッショナルの仕事について直接学べる、
学生にとっては大変貴重な内容となっており、
2月までの全13回を予定しています。

本講座を通じ、航空業界の知識を深め、
マナーやプレゼンテーション能力を身につけ、
共に学ぶ仲間と成長し、
一人でも多くの学生が「エアライン業界に就職する」という
夢を叶えて欲しいと思います。


<登録日>
2017年10月30日

<本学学部生・院生対象>全国大学ビブリオバトル2017~首都決戦~の学内予選会を開催します!【広報係長日記】

今年もビブリオバトルが開催されます!



本学で取り組みを始めて、今年で5回目となります。
昨年度は開催史上最多の参加者を記録し、
2年ぶりに全国大会出場を果たすなど、大盛況でした。
今年も大盛り上がりの予感です!

現在、学内予選会の発表者・観覧者を募集しています。

学内予選会等の詳細は以下のとおりです。

―――――――――――――――――――――――――――

【発表者募集締切】 
 10月31日(火) ※本学学部生・院生対象

【学内予選会】
 日時:11月11日(土) 13:30-15:00
 
 場所:図書館1階ラーニングシアター(予定)

【説明会】
 日時:10月16日(月)〜28日(土) 各日13:30-16:30 ※22日(日)を除く
    予約不要・上記時間帯ならいつでも可
 
場所:図書館1階ラーニングコモンズエリア 
    ※「ビブリオバトル説明会」の看板が目印です


――――――――――――――――――――――――――― 

詳しくは、こちら


全国大学ビブリオバトル2017〜首都決戦〜公式ホームページは、こちら(外部リンク)

<登録日>
2017年10月13日

法学部で特別講演会を開催しました!【広報係長日記】

106日(金)、西欧諸国の地域主義の専門家であるレジス・ダンドワ博士(早稲田大学高等研究所/ベルギーULB大学博士)をお招きし、特別講演「Regionalism in Western Europe: Current trends and perspectives(西欧諸国における地域主義:現下の傾向と将来の展望)」を、法学部 中井遼准教授の研究事業の一環として開催しました。

 

近年、ヨーロッパの政治が大きな変動を見せています。その変動は、主権国家単位の政変だけではなく、カタルーニャ独立運動や、イタリア北部の自治要求、スコットランドの問題など、地域主義とも密接に結び付いており、ダンドワ博士にはヨーロッパにおける地域主義と政治の関連についてご講演いただきました。


 スペインのカタルーニャで独立の是非を問う住民投票が行われた直後ということもあり、学生からの質疑が日本語・英語双方で多く飛び交い、大いに盛り上がった講演となりました。




<登録日>
2017年10月12日

こくらハロウィン、今年も開催されます!そして、北九州市の北橋市長にもPRしてきました!【広報係長日記】


小倉北区で毎年開催されている、
西日本最大級のハロウィンイベント「こくらハロウィン2017」が
10月15日(日)に行われます。
これに先立ち、北九州市の北橋市長や報道機関の皆さまに
イベントをご案内するため、
北九州市役所へお邪魔しました。

 

本学もこくらハロウィン実行委員会の一員として、
学生達が中心となり様々な企画を行っていますが、
今年は『クリーンハロウィン』と題して、
green bird北九州(地域創生学群「小倉活性化プロジェクト」)が
参加者の皆さまと一緒に、学生デザインのごみ袋を使って、
会場内外のごみ拾いを楽しんで行うという企画があります。

  
地域創生学群2年 松下さん 1年 小林くん>     <学生デザインのゴミ袋(右)> 

また、仮装して街なかをパレードする「ハロウィンパレード」では、
キッズの部の先導を本学吹奏楽部の学生達が担当します。

このほか、
売り切れのため追加増産中の特典付限定缶バッジ(1個100円)を購入すると、
熊本地震で被災した子ども達へ寄付されるとともに、
ろんなお店で特典が受けられるなど、
楽しみながらボランティアにも参加できる企画も盛りだくさんです。

       
       <北九州市のていたんと熊本のくまモンのコラボです>

JR小倉駅から小倉城隣のリバーウォークまで、
小倉の街なかをハロウィン一色にしてしまうこのイベントに
参加してみてはいかがでしょうか。

     

詳細は、こちら(外部リンク:こくらハロウィン2017ホームページ)


<登録日>
2017年09月28日

月別アーカイブ