広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

英国ウェールズラグビー協会から交流親善大使が来学されました!【広報スタッフ日記】

8月2日(木)、英国ウェールズラグビー協会から、

元ウェールズ代表のライアン・ジョーンズさんら交流親善大使9名が来学され、
学長を表敬訪問および学生との交流を行いました。

こちらの日記でも以前にご紹介をしていますが、
北九州市は「ラグビーワールドカップ2019 日本大会」において、
ウェールズ代表チームの事前キャンプ地に選定されています。
そのきっかけの一つに、ウェールズにあるカーディフ大学と本学とが、
長年にわたって交流を続けているということが挙げられています。

松尾学長は、
いよいよ来年に迫るラグビーワールドカップ2019 日本大会に向けて、
北九州市民の皆さんとともに本学もその気運を高め、
ウェールズラグビーチームを応援していきたいとお話をされました。




学長表敬に続き、学生との交流を行いました。
交流親善大使の皆さんと学生たちとで意見交換を行った後、
晴れ渡る夏空の下、大学の中庭でラグビー教室を行いました。
本学ラグビー部員の学生をはじめ、ラグビーボールを生まれて初めて触る学生や教職員も加わります。
まずはハンドリング(ボールの手さばき)をしてボールに慣れ、
次に十字形や円陣でパス練習をしたり・・・とラグビーの基本を体験しながら、
世界でもトップクラスを誇るウェールズ代表チームの技術の一端を伝授していただきました。

  

初めは緊張していた学生や教職員も、
身体を動かすうちに笑顔がこぼれ、チームワークを体感することができました。
最後に皆で記念撮影を行い、楽しいひとときを過ごしました。



北九州市立大学は、ラグビーワールドカップ2019 日本大会での、
ウェールズ代表チームの健闘と活躍を心よりお祈りし、応援しています!!

<登録日>
2018年08月13日

2018年日本大学英語模擬国連(JUEMUN 2018)に参加しました!(写真も追加しました)【広報スタッフ日記】

「日本大学英語模擬国連(JUEMUN)」は、模擬国連の国内年次大会の一つです。

学生の国際問題への理解を深め、英語による議論の力を養うために始まりました。
第9回大会は6月下旬に京都外国語大学で開催され、本学からは外国語学部の学生4名が参加しました。

この英語模擬国連では、参加学生は国連に派遣された各国の代表として、
一つの国際問題に対する施策案を持ち寄って議論を重ね、決議案を練り上げます。
議論はすべて英語です。

今年度は、日本国内および海外の22大学、252名の学生が集まりました。
国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)を模擬し、
「持続可能な開発目標」のうち特にグローバル目標2(Zero Hunger:飢餓をゼロに
・・・飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、
持続可能な農業を推進する)の達成に向けた、国際的な施策を検討しました。

本学から参加した学生は、
2名がモンゴル国、2名がブルネイ・ダルサラーム国の代表として、
外国語学部の齊藤准教授とともに2ヶ月間にわたるリサーチ期間を経て参加しました。

参加した学生たちは、国内外から集まった大学生・大学院生と、
朝から夜まで英語で討議を重ねました。
国際問題に関心を持つ同年代の学生と親交をを深めながら、
国際問題を議論する刺激的な3日間になりました。

また大会で、
ユネスコ第8代事務局長を勤められた松浦晃一郎氏
国連食糧農業機関(FAO)駐日連絡事務所長のンブリ・チャールズ・ボリゴ氏
東ティモールで国連平和維持及び平和構築活動に
官房長として携わった経験をお持ちの元国連職員の黒田順子氏
世界銀行元職員の黒田和秀氏
といった国際的に活躍する要人から貴重なお話を伺うことができたことは、
かけがいのない経験になりました。

開催校の京都外国語大学からは、学生スタッフの方々が多数活躍されました。
ありがとうございました。

    

〈以下写真提供:JUEMUN〉

<登録日>
2018年07月31日

第87回・第88回北方サロンを開催しました【広報係長日記】

6月20日(水)と7月18日(水)、北方キャンパス本館7階のラウンジにて、

「北方サロン」を開催しました。

「北方サロン」とは、
研究者相互の知的交流と新たなネットワークの構築を目的とした、
学部学科、専門領域を越えた交流の場で、定期的に開催しています。
今回は第87回と第88回の北方サロンを開催しました。

第87回の6月20日は、経済学部の久多里先生他1名、
第88回の7月18日は、法学部の田村先生、外国語学部の大平先生、
合計4名の先生方に、ご自身の研究成果についてそれぞれお話しをいただきました。

○第87回(6月20日開催)
経済学部 久多里 桐子先生「我が国における株主提案の特徴」


○第88回(7月18日開催)
法学部 田村 慶子先生「混迷化する時代における学際的文理融合」
※大平先生にも共同研究者としてオープニングトークをしていただきました。


外国語学部 大平 剛先生「北九州市をフェアトレードタウンにするための方法論研究」


参加された方々からの熱心な質問や意見も飛び交い、
充実した北方サロンになりました。


ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました。

次回は、少し先になりますが、10月17日(水)の開催を予定しています。
詳細につきましては、また後日お知らせいたします。

<登録日>
2018年07月31日

JICA短期ボランティア(グアテマラ派遣)学生が帰国報告会を行いました!【広報スタッフ日記】

以前の日記でもお伝えしていましたが、
本学とJICA(独立行政法人国際協力機構)との連携事業
「グアテマラ共和国スポーツ・健康振興支援」について、
6月28日(木)に第3期生として中米のグアテマラ共和国で活動した、
本学学生12名が帰国報告会を行いました。



この事業は、中米にあるグアテマラ共和国からの要請に基づき、
本学の学生を青年海外協力隊の短期ボランティアとして派遣し、
グアテマラ共和国におけるスポーツ(野球)の普及・振興を図るもので、
今年は協定期間の最後の年次です。

学生の報告発表に先立ち、JICA九州国際センター研修業務課の中野由美様より、
青年海外協力隊制度に関する説明や、
実際に長期派遣隊員として赴任し2年間を過ごした、
中東のヨルダン・ハミシテ王国での活動内容や経験談をお話いただきました。




続いて第3期生の登壇です!
今年の2月26日から3月25日までの約1ヶ月間、
グアテマラ共和国内の4都市で行った野球教室や小学校訪問、
同国のメジャーリーグ選手らとの親善試合などの活動を報告するとともに、
同国の歴史、食文化、生活環境、現状や課題などを紹介しました。

これまでの第1期、第2期での反省点を踏まえつつ、
現地の子どもたちを対象とした野球教室や学校訪問の際には、
子どもたちが基礎練習に飽きてしまわないようミニゲームやレクリエーションを取り入れ、
意欲を維持できるように工夫したことや、野球のルールや技術だけでなく、
挨拶や礼儀、野球用具を大切に扱うことも教えるように心がけたことなどを
報告しました。



学生たちは、
「言葉がうまく通じなくて苦労した場面もありましたが、
 単語やボディーランゲージを使って交流することができました。」
「献身的な気持ち、柔軟性が必要だと感じました。」
「初めて海外に行くので不安もありましたが、
 現地の人々があたたかく迎えてくれ、嬉しかったです。」
「何事も経験しなければ学ぶことができないと実感しました。」
と感想を述べ、本事業の集大成にふさわしい報告会となりました。

この事業は、3年間で延べ28名の学生が参加しました。
野球を通じて様々な体験をすることで、
視野を広げ、異文化理解を深める貴重な経験を積むことができました。
また、グアテマラ共和国の子どもたちに、野球のルールや技術を教えるだけではなく、
“用具を大切に扱うこと”や“時間を守ること”などの、
生活習慣や生活態度を伝えることもでき、
この事業の目的である、同国の青少年の健全な成長を促すうえでの一助となったことは、
重要な一つの成果であると言えます。



北九州市立大学は、学生の皆さんが「世界(地球)とつながる」よう、応援しています。
この連携事業は最終年次となりましたが、
本学には他にも海外留学や海外インターンシップ等の制度もあります。
ぜひ利用し、力強く世界に羽ばたいてください!!

<登録日>
2018年07月21日

北九州の過去・現在・未来を考える教育旅行プログラム『歩こう!もじこう!』を実施しました【広報スタッフ日記】

6月4日(月)、地域創生学群の「学生まちあるき実習」と小林ゼミ、

そして「門司商店街活性化プロジェクト」とが、旅行会社のJTBとコラボレーションして制作した
『歩こう!もじこう!』が実施されました!!

『歩こう!もじこう!』とは、修学旅行生と、
地域が抱える社会問題について考え、地域を活性化できる人材を育成している
本学の地域創生学群生が一緒になって、北九州の歴史を知り、
現在そして未来のこの街について考え、創造するプログラムです。

今回は、修学旅行で北九州市を訪問した横浜市の高校生約30名と一緒に、
フィールドワークやワークショップを通しながら、
普段とは違った視点でまちを歩き、様々な発見をして、
意見などを共有しあう内容としました。


※スタート地点の和布刈からトロッコ列車に乗って移動している様子

フィールドワークでは、門司港の様々なスポットを、
「景観」「にぎわい」「ユニバーサルデザイン」の視点で歩きます。
そのガイドを行うのが北九大の地域創生学群の学生!
各スポットの魅力や、もっとこうしたほうが良いといったポイントなどを、
高校生自身に考えてもらいます。


※旧門司三井倶楽部の前でガイドをする様子と、それに対して質問のメモを取っている様子 




上の写真は、日本最大級のはね橋「ブルーウィングもじ」をガイドしている様子です。
この橋は遊覧船を通すために、1時間おきに橋が上がります。
また、恋が叶うというジンクスもある橋で、高校生も興味深々♪

フィールドワークのあとは、ワークショップ開始!!


ワークショップでは、班ごとに分かれて、
今日歩いたコースやスポットを大きな地図に書き込みながら、
「どんな印象をもったか」「こういうところがすごかった」などの
意見も一緒に落とし込んでいきます。



今回参加した高校生のほぼ全員が門司港に来たことがなかったそうで、
たくさんの発見があったようです。
それもあって、皆さんはとても楽しそうに、そして積極的に意見交換を行い、
ワークショップは大いに盛り上がりました!!

最後には、皆さんがまとめた大きな地図をもとに、全体の前で発表を行いました。
班ごとに違う視点から門司港を見たこともあって、この発表を通じて、
さらに新しい発見があったのではないかと思います。



高校生の皆さんからは「とても楽しめました!」との感想をいただきました。
プログラム制作に携わった学生は、本当に良かったと思うと同時に、
プログラム1つでも制作することの難しさ、
全体で連携していくことの難しさなども実感したようです。
「まだまだ学ぶところがたくさんありました。
 今回の経験を踏まえて、次のプログラムに生かして行きたいです。」
と学生たちは話していました。

<登録日>
2018年07月12日

【広報スタッフ日記】6月1日公開!北九州ロケ映画『OVER DRIVE』羽住監督来学!


420日(金)、『海猿』『MOZU』シリーズ等数々のヒット作を生み出した羽住英一郎監督が、

新作『OVER DRIVE』 の完成にあたり、松尾学長と

撮影に協力してくれた、学生サークル「ロマンダム」「映画研究会」の学生に

挨拶に来てくださいました。

 


学生は、撮影場所の除草からテント設営、スタッフやエキストラの方の身のまわりのお世話など

朝早くから夜遅くまでお手伝い。

思い入れのある映画の完成版を観て、「ぐっと来た・・・。」とのこと。



羽住監督からは

「学生がこんなに撮影に協力してくれる大学は他にはない。本当に感謝している。」とのお言葉が!!

そして、

「本格的な映画撮影の生の現場でお手伝いできたことは、とても貴重な体験になったと思います。
ぜひ今後に活かして欲しいですね。」<学長>

<登録日>
2018年05月31日

【広報スタッフ日記】大学ブランド酒第2弾「とよとよ」が発売になりました!

「とよとよ」とは、文学部竹川教授主宰の「九州フィールドワーク研究会」に所属する
法学部3年の本田 真悠(ほんだ まゆ)さんを中心に、学生達が自ら栽培した古代米を原料とし、
溝上酒造株式会社の協力のもと、仕込みにも学生が参加して作った日本酒です。

※九州フィールドワーク研究会とは
 1999年の発足以来、参加学生達とともに、石垣島のサンゴ礁保全に関する社会調査、
バヌアツ共和国での村落開発国際協力、北九州の観光拠点旦過市場「大學堂」の運営等の活動を行っています。

今回の発売に先立って、松尾学長と北橋市長へそれぞれ報告を行いました。
 
報告では、本田さんが、古代米や日本酒作りのきっかけやその思いなどについて熱く語りました。

<本田さんのコメント>
これまで狩猟採集ばかりしてきたので、農耕による定住革命が、どんなに大きな出来事だったのかが、身に染みてわかりました。

<竹川教授のコメント>
紅杯を めぐりてかたる こぞの夢

「とよとよ」は、5月15日(火)から下記の店舗で販売店されています。

【販売店】
■ひらしま酒店(北九州市八幡東区羽衣町22-10)
■はらぐち酒店(北九州市戸畑区中本町194) 
■尾池酒店(北九州市戸畑区千防1-5-5)
■みつばや酒店(北九州市若松区本町1-8-10)
■地酒処田村本店(北九州市門司区大里本町2-2-11)
■力丸酒店(北九州市小倉北区馬借2-2-6)
■井筒屋小倉店(北九州市小倉北区船場町1-1)
■井筒屋黒崎店(北九州市八幡西区黒崎1-1-1)
■井筒屋北九州空港店(北九州市小倉南区空港北町6番)
※売り切れの場合もございます。販売状況は個別にお問い合わせください。

<登録日>
2018年05月24日

JICA短期ボランティアの学生たちがグアテマラから帰国しました!【広報スタッフ日記】

北九州市立大学とJICA(独立行政法人国際協力機構)の連携事業

「グアテマラ共和国スポーツ・健康振興ボランティア連携」に参加した学生12名が、
短期ボランティアの活動を終え、松尾学長に帰国報告を行いました!



この事業は、中米にあるグアテマラ共和国からの要請に基づき、
本学の学生を、青年海外協力隊・短期ボランティアとして派遣し、
グアテマラ共和国におけるスポーツ(野球)の普及・振興を図るものです。

平成27年度から始まったこの事業も今回は第3期目、協定期間の最後の年次となりました。
学生たちは2月26日から3月25日までの約4週間、グアテマラ共和国内の4都市にて、
現地の青少年の健全育成を目的とする野球教室や、小学校訪問等のボランティアを行いました。

学生たちは、
現地の子どもたちとのふれあいや同国メジャーリーグ選手らとの親善試合を通じて、
言葉の壁を越えて青少年の健全育成に努めるとともに、
野球を純粋に楽しむことの大切さや、現地の人々が温かく迎えてくれたことへの感謝など、
この活動を通じて多くのことを学んだと、学長に報告していました。



来る6月28日(木)には、学内にて現地での活動を発表する報告会を行う予定です!

<登録日>
2018年05月07日

全米模擬国連会議参加、団体賞を受賞しました!!【広報スタッフ日記】

外国語学部国際関係学科の藤園子准教授の教育プロジェクトの一環で、学生有志7名によるグループが、

米国ニューヨークで開催された全米模擬国連会議ニューヨーク大会A日程

NMUNNew York 2018Conference A))において、

団体賞のうち“Honorable Mention Delegation Award”を受賞しました!

 


模擬国連とは、国際連合での会議を想定し、学生が国連加盟国や非政府組織の代表(大使)として、

自国の利害に配慮しながら、国際社会に有益な決議案の採択を目指して議論を行う会議のことです。

今回参加した全米模擬国連会議は、

アメリカに拠点を置くNPO法人((National Model United NationsNMUN))が主催しているもので、

ニューヨーク大会では、世界各地の約5,000人の学生が参加する世界最大規模の模擬国連となっています。

ニューヨークのホテルと、ニューヨーク国連本部の国連総会会議場を使用して開催されます。

毎年春にA日程とB日程の二回にわけて開催され、本学の学生は、A日程に参加しました。


(国連総会議場)


この会議で本学は、本学と交流協定を結んでいるアメリカのオールド・ドミニオン大学(ODU)の学生4名、

そして岡山大学の学生1名とともに、モナコ公国(西ヨーロッパ・地中海沿岸の国)の代表を担当しました

会議の議題については、11月半ばから授業の合間を縫ってリサーチを進め、政策方針を練り上げ、

会議前に政策方針書(ポジション・ペーパー)を大会側に提出して会議に臨みました。


会議は5日間にわたりますが、議論はもちろんすべて英語!

そして1日目の午後から連日連夜の会議、会議・・・特に2日目、3日目などは

深夜まで会議が行われるという厳しい日程でしたが、

すべての会議において期日内に決議案が採択されました。


受賞については、議内における担当国の役割に徹した外交的な姿勢、議論への参加程度・態度、

会議の手順や規範の順守などを点数化して決定されます。

本学学生は、パートナー・チーム・他の外交団と様々なレベルで力を合わせて議論に参加した結果、

見事、今回の受賞に至ることができました!


(表彰状と一緒に)


その他にも、国連本部の総会議場で行われた開会式では、歴代の各国代表等が会してきた席の一つに座り、

関係者の講演を聴くことができました。

このような経験も、参加した学生にとっては、受賞と合わせて将来に向けた大きな資産になったようです。

 

(国連総会会議場にて)

 

受賞した学生の皆さん、おめでとうございます!!


(学長に報告しました!)


※受賞については、こちらもご覧ください

※オールド・ドミニオン大学にも受賞記事が掲載されました!

 http://www.odu.edu/content/dam/odu/offices/mun/docs/nmun-2018-article.pdf


<登録日>
2018年04月23日

「新聞のちから」集大成が完成しました!!【広報スタッフ日記】

昨年度に開講された授業・基盤教育科目である教養特講Ⅰ「教養を磨く『新聞のちから』」。


この授業は、本学の基盤教育センターと読売新聞西部本社が協力して、
新聞を使って考える力や質問する力などをグループワークを通じて高めていくもので、
新しい学びのスタイルの授業を目指したものとして開講されました。

学生は9つのグループにわかれ、様々な演習や、模擬取材などにも挑戦しました。
その集大成として作成した新聞型ポスターのテーマは、
「『将来、暮らしたい街』を実現するには、どうすれば良いか」
ぜひ皆さんにもご覧いただきたいと思います。
(写真はクリックすると拡大します。)

A班:育児休暇が充実したまちで暮らしたい


B班:子育てしやすい街


C班:家族になれる街


D班:垣根のない街への第一歩


E班:安心して暮らせる街


F班:映画で広がる「じもあい」


G班:育児のしやすいまちで暮らしたい


H班:繋がる人と人


I班:誇りを持てる街で暮らしたい



最終授業日には発表会を開催しました。
大学ならびに読売新聞本社の関係者、また北九州市からも職員が来られ、
学生達と熱い意見を交わしました。
   

教養特講Ⅰ「教養を磨く『新聞のちから』」は今年度も秋から開講されます。
今年はどんなテーマに学生が挑戦するのか、とても楽しみです!

<登録日>
2018年04月23日

月別アーカイブ