広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

今年も大学ブランドの日本酒「ひびきのの杜」、仕込みます【広報係長日記】

2月29日(月)時折雪のちらつく中、

朝早くから八幡東区にある溝上酒造株式会社の作業場にて、

杜氏の皆さんと一緒に森田研究室の学生たちが

「添え仕込み(そえじこみ)」と呼ばれる仕込み作業を行いました。    


今年で3年目となる日本酒「ひびきのの杜」は、

ひびきのキャンパスにある国際環境工学部・森田研究室で生まれた新しい麹(特許取得済み)を使って、

北九州市内で生産された酒造用米「夢一献」と、

八幡東区の清冽な仕込み水で作られる濃厚な味わいの香り高い日本酒です。

今年は本学創立70周年を記念して、昨年の倍以上の約2,400本を製造し、

今年5月の販売を目指して、これから作業が続きます。 


本日の工程は、蒸した酒造用米を仕込みに適した温度にまで冷まし

麹室で発酵に欠かせない麹菌を付着させた後、

あらかじめ仕込んでおいた酒母の入ったタンクへ投入し、

まんべんなく撹拌してなじませるというものでした。


      


NHKの取材の方や、大学から立ち会った森田先生ほか職員達が、完全防寒の格好で見守る中、

学生達は半そでTシャツやトレーナーなどの軽装で真剣な表情で作業を行っていました。


            


普段なかなか入ることのできない場で、麹の心地よい香りに包まれながら、

4月末頃の完成時にはぜひ飲んでみたいという期待を膨らませていました。


             

                よく見ると、地模様が仕込みの様子でした(粋ですね)


この模様は、29日(月)のNHKのニュースブリッジ北九州でも取り上げていただきました。


<登録日>
2016年03月01日

本学の学生が第16回(2015年度)「日経STOCKリーグ」レポートコンテストに入選しました【広報係長日記】


 北九州市立大学経済学部経営情報学科3年の2チーム(梅澤ゼミナールに所属する4名、松本ゼミナールに所属する5名)による

研究レポート「中古住宅業界への投資〜課題業界を成長へ〜」、「Stand Up JAPAN―現在(いま)、オーナー経営企業がアツい―」が、

第16回(2015年度)「日経STOCKリーグ」レポートコンテストで入選を果たしました。
 
 今年度で16回目を迎える「日経STOCKリーグ」は、中学生・高校生・大学生を対象にした、学校教育の場における投資学習の1つのツールとして

企画されたコンテスト形式の株式投資学習プログラムです。

 具体的には、バーチャル株式の売買による「ポートフォリオ構築」と、レポートフォーマットをベースとした学習で、

経済・株式投資の考え方を身につけることを目的としています。

 大学部門では、122大学672チーム(2,661人)が参加し、第一次審査・第二次審査を経て、最終的に44チームが入選しています。

 なお、九州圏内の大学で入選しているのは3チームだけであり、うち2チームが本学で占められています。

 詳細については、こちらをご覧ください

<登録日>
2016年02月29日

防犯・防災プロジェクト【MATE’s】が小倉南警察署より表彰されました!【広報係長日記】

210日(水)に地域共生教育センターで活動する防犯・防災プロジェクト【MATE's】が

小倉南警察署長から感謝状をいただきました。


         


今年度は「ニセ電話詐欺防止啓発動画」の作成やモノレール駅での性犯罪防止ビラ配り、

小倉南区にある企救丘校区での小学生への防犯マップ作り指導など

大学の周辺校区において数々の活動をしてきました。


自分たちの所属する区からの受賞とあって、

地域の安全・安心をうたうプロジェクトの存在が認められたことになります。

授賞式には法学部法律学科年の富田和樹くんと加藤博人くんが参加しました。

本当におめでとうございます。


最後に署長と一緒に写真を撮っていただきました。


          


<登録日>
2016年02月29日

地域戦略研究所の宮下量久准教授が全国銀行学術研究振興財団から刊行助成を受けることになりました【広報係長日記】


 北九州市立大学地域戦略研究所の宮下量久准教授が、全国銀行学術研究振興財団『表彰・助成金贈呈式』に出席し、


助成研究者を代表してスピーチを行いました。


 全国銀行学術研究振興財団は、経済・金融に関する学術研究の発展に寄与しうる研究調査を助成しています。


 厳正な審査の結果、宮下准教授の著書『「平成の大合併」の政治経済学』(中澤克佳東洋大学准教授との共著)が


同財団から刊行助成を受けることになりました。


 経済分野では唯一の刊行助成であったそうです。


 同書は、20167月に勁草書房より出版される予定です。



スピーチする宮下准教授 

全国銀行学術研究振興財団『2015年度表彰・助成金贈呈式』(銀行倶楽部、201624日)


<登録日>
2016年02月24日

JICA短期ボランティアとしてグアテマラ共和国へ出発します!【広報係長日記】

平成2711月に独立法人国際協力機構(以下、JICA)と連携協定を結んだ、

「グアテマラ共和国スポーツ・健康振興ボランティア連携」事業により、

月下旬から第一陣が出発します。


この事業は、スポーツ(野球)を通じたグアテマラ共和国の青少年の健全育成や

本学学生の国際協力分野での人材育成を目的として、

2018月までの間に年回4週間程度、本学の学生を派遣するものです。

 


218日(木)にJICA九州で行われた出発式には、

学内公募で選考された8名の野球経験者である男子学生が出席しました。

いずれも本学硬式野球部・軟式野球部に所属する2年生で、

北方キャンパスの各学部から1〜3名程度派遣されます。


式では、JICA九州の瀧沢課長および地域創生学群の眞鍋学群長から

「経験を生かして充実した活動を」

「最後まで気を抜かず、体調管理は万全に行いつつ、楽しんできてほしい」

といった激励を受けました。

 

        


また、学生代表の文学部2年の浦瀬さんは

「今回の活動を通じて、グアテマラでの野球技術の普及とともに、

自分自身の人間形成にもつなげられるよう、

北九大生としての誇りを持って臨みたい。

帰国後は、この経験を今後の学生生活に生かしていきたい。」

と抱負を語っていました。


        

 

これに先立ち行われた、

JICA東京本部およびグアテマラ現地事務所とのテレビ会議では、

現地での活動に関する注意事項や滞在中の生活に関する情報提供のほか、

学生達からは野球指導対象者の技能レベルや

現地での生活で必要なものの確認など熱心な質問が続き、

今回の派遣に対して真剣に取り組む学生の姿に頼もしさを感じました。


 

227日から324日までの約4週間、体調にはくれぐれも気をつけて、

ひと回りもふた回りも成長した元気な姿を見せてほしいと思います!

<登録日>
2016年02月18日

学生とOB・OGとの交流会を開催しました!!【広報係長日記】


 北九州市立大学キャリアセンターでは、在学生の就職意識の向上を目的として、


先週土曜日2月6日に、OB・OGの方々13名をお招きし、在学生との交流会を開催しました。

 

 公務員や金融、マスコミ等様々な業種の先輩にお集まりいただき、後輩へのアドバイスを行っていただきました。


 前半を座談会、後半を立食形式で行い、活発な意見交換がなされました。


 在学生も先輩の姿に自分の将来像を描き、間もなく本格化する就職活動に向け、意欲を高めていました。


 参加した学生からは、


 「和気藹々とした雰囲気で、質問もしやすかった。」、


 「これから自分がするべきことが分かった。」、


 「今まで意識していなかった視点での就職活動を学んだ。」


 と好評でした。


  ご参加いただいたOB・OGの皆様は、貴重な休日にご来学いただき、誠にありがとうございました!


  

<登録日>
2016年02月08日

北九州市立大学が「面倒見がよい大学」ベスト100ランキングにランクインしました【広報係長日記】


 東洋経済オンラインに2016年2月4日に掲載された


「面倒見がよい大学」ベスト100ランキング において、

北九州市立大学が第72位にランクインしました。

 なお、公立大学では第6位 、 九州の国公私立大学では第6位 となっております。

 このランキングは、大学通信が全国約2000の進学校の進路指導教諭にアンケート調査を

行った中で(回答校:750校)、「面倒見がよい大学」はどこかを聞き、5大学連記で挙げてもらい

最初の大学を5ポイント、次の大学を4ポイント・・・といった形で集計したものです。

 おそらく、本学の

 ・教員と学生の距離が近い

 ・少人数によるきめ細やかな授業

 ・問題を抱える学生を速やかにサポートする「早期支援システム」

 ・就職活動や留学への学生一人ひとりに対するサポート

 などの取り組みが評価されたものと思われます。

 これからも、学生一人ひとりをサポートし、しっかり学べる大学を目指して参ります。

<登録日>
2016年02月05日

北九州市立大学外国語学部とJICA九州が、異文化理解教育促進に関する協定を締結しました【広報係長日記】

北九州市立大学外国語学部では、異文化理解教育を促進するため、

JICA九州と協定を締結し新たに授業科目を開設します。

 

新たに開設される授業では、

JICAの専門家や青年海外協力隊経験者を講師としてお招きするとともに、

JICA研修員との交流会を行い、研修員の母国の事情についても学習していく予定です。

 

これに伴い、協定締結式を120()、八幡東区平野の九州国際センターにあるJICA九州にて行いました。


        





<登録日>
2016年01月29日

サンデー毎日の文部科学省支援事業採択数ランキングにランクインしました【広報係長日記】

少し前の話になりますが、サンデー毎日(2016年1月10日発行・新春合併号)に掲載された


文部科学省支援事業採択数ランキングの国公立大学編において、北九州市立大学が

第11位にランクインしました。

 なお、公立大学では大阪府立大学と並び第1位となっております。

 このランキングは、文部科学省の各種支援事業の採択数をランキング化したもので、

北九州市立大学が採択された事業は、

 ・ グローバル人材育成推進事業

 ・ 地(知)の拠点大学による地方創生推進事業

 ・ 大学教育再生加速プログラム

 ・ 大学間連携共同教育推進事業

以上の4つとなります。

 引き続き、より一層の教育環境の充実に努めてまいります。

<登録日>
2016年01月28日

地熱発電の導入・拡大へ貢献します!【広報係長日記】

このたび、北九州市立大学国際環境工学部エネルギー循環科学科 吉塚 和治教授は、


国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公募する

「地熱発電技術研究開発」に企業と共同で応募し、採択されました。


今回採択されたプロジェクトは

地熱発電時に出る還元熱水から、地熱発電プラントの抱える大きな問題の一つである

スケールの主要因となるシリカを回収し、

さらにシリカ回収後の熱水からレアメタル資源であるリチウムを採取することによって、

地熱発電プラント設備の操業リスクを軽減し、

発電量の拡大を目指すものです。


本技術開発によって、我が国の地熱発電の導入拡大の促進に貢献します。



【研究開発プロジェクトについて】


①名称

 「還元熱水高度利用化技術(熱水中のスケール誘因物質の高機能材料化に

 よる還元井の延命・バイナリー発電の事業リスク低減)」


②研究体制・役割

 地熱技術開発株式会社(代表者)

  :コロイダルシリカ回収技術の開発、パイロットプラント建設、実証試験、
   発電事業への波及効果ならびに事業化検討

 公立大学法人北九州市立大学

  :リチウム回収技術の基礎研究

 日揮株式会社

  :実規模プラント概念設計


③研究期間・予算規模

 3年間(平成27年度〜平成29年度)

 約7億円(暫定)、うち北九州市立大学 約7千万円(暫定)



詳しくは、こちらをご覧ください。

<登録日>
2016年01月28日

月別アーカイブ