広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

大學堂発「和蜂蜜」、クリスマス限定スペシャルパッケージは本日から発売です!【広報係長日記】

先週の日曜日に1日がかりで、

本学で8名の学生たちがハチミツを追加瓶詰めしました。

すべて九州の奥山で秋にとれたばかりの、天然ハチミツです。

12月1日から販売を開始し、去年はあっというまになくなってしまいましたが、

今年はたくさんご用意しています。


     


さらに新しく学生たちのアイデアで、

今週からクリスマス時期限定の「ハニー・クリスマス」プレゼントパックを作りました。

ハチミツ3種類と紅茶とメッセージカードが付いています。


      


メッセージカードは

「君とよく聴いたボブディランがノーベル賞をとったね」

「いつもありがとう これからもよろしく」など4種類あり、

自分で書ける無地のカードもあります。

身近な人に、ふだん伝えにくい感謝の気持ちを伝えるための贈り物としてみてはいかがでしょうか。


本日から、大學堂に置いてありますので、

気になる方はぜひお早めに覗いてみてください。


お問い合わせ先:大學堂 080-6458-1184 / daigakudo.net@gmail.com

大學堂HPは、こちら

放課後みつばち倶楽部は、こちら



 <豆知識>

大學堂で扱っている今年の3種類のハチミツは、

夏の調査で知り合ったベテランの養蜂家が、

九州の奥山に仕掛けた巣箱をつかって集めたニホンミツバチの蜂蜜です。

北九州市内では手に入らない極上の天然ハチミツばかりです。

「ととろ」は傾山、「高千穂」は高千穂や日之影、「霧島」は霧島や米良です。

一般に売られている西洋蜂の蜜とは味も香りも全く違います。

大學堂では、試食もできます。

実際、現在日本に流通しているハチミツは約9割が外国産で、

残り1割の国産蜜のうち和蜜はさらにその約1%です。

つまり和蜜は販売されているハチミツ全体のわずか0.1%にすぎず、

そのためニホンミツバチの蜜(和蜜)は幻の蜂蜜ともいわれています。



<登録日>
2016年12月13日

2016年模擬国連世界大会に本学学生が参加しました【広報係長日記】


11月20日から26日まで、神戸市外国語大学で行われた模擬国連世界大会に、

本学から外国語学部および法学部の4名の学生が参加してきました。


模擬国連とは、国際連合の会議をシミュレーションする教育活動で、

参加者は担当国の外交官として、その国の利害を代弁して交渉・議論を重ね、

問題解決への合意形成を図ります。

このプロセスを通じて、実際の国際問題や国連システムへの理解を深めるものです。


今回行われた世界大会は、

世界各地で行われている模擬国連活動の中で、最大規模の大会だそうです。

春にニューヨークで5,000人規模の大会を、

秋には世界各地の大学をホスト校として開催しており、

今回は日本で初めて神戸市外国語大学での開催となりました。


       
                    NMUN提供(Photo credit: NMUN) 


本学の学生達は、南米・グアテマラ共和国代表団として23日から行われた会議に出席し、

公式スピーチや各国代表の学生達と交渉・討議に積極的に参加したとのことです。


             
                       NMUN提供(Photo credit: NMUN)


会議では全て英語のみ使用とのことで、

担当教員の外国語学部・国際関係学科の齊藤園子准教授らとともに、

念入りに練習した成果を見事発揮できたようです。


9月末から10月初旬にかけて本学でも行われた日本初開催の国際会議のアジア未来会議をはじめ、

グローバルに活躍できる人材を育成するために、北九州市立大学では今後とも様々な取り組みを行っていきます。


<登録日>
2016年12月13日

Go Global Japan Expo 2016/グローバルパイオニアシンポジウムin北九州を開催しました!【広報係長日記】

北九州市立大学では、


文部科学省補助事業「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」に採択された、

グローバル人材育成推進事業「Kitakyushu Global Pioneers」の一環として、

12月11日(日)にグローバルパイオニアシンポジウムin北九州を開催しました。


今年度のシンポジウムは、

全国イベントのGo Global Japan Expo 2016と合同開催で

九州・山口の採択6大学(立命館アジア太平洋大学、山口大学、九州大学、長崎大学、山口県立大学、北九州市立大学)が

本学に集結して実施しました。


トークイベントでは、

NHK(Eテレ)の「しごとの基礎英語」にも出演中の東洋学園大学の大西泰斗先生と

東進ハイスクールの人気講師の安河内哲也先生をトークゲストに迎え、

「世界のトビラの開きかた 〜Step Out to the World〜」をテーマに

英語の学習に関する実践的なアドバイスや

実際に来場者がペアワークによる英語のプレゼンを行うなど会場内が英語にあふれていました。


        


ワークショップ「グローバルな場面での英会話」では、

実際に海外で遭遇するシチュエーション(留学先の大学や海外での空港での一コマ)を想定し、

高校生などに登壇してもらって英語による会話を進め、

大西先生と安河内先生から具体的なアドバイスをもらいながら英会話を学びました。

先生からは、英語表現だけではなく、

コミュニケーションの取り方についてもアドバイスがあり、

参加者も熱心に聞き入っていました。


        


また、九州・山口の採択大学の大学生やグローバルに関する企業・団体によるプレゼンテーションの実施に加え、

個別相談ブースを設置し、高校生を中心とした参加者に様々な情報提供を行いました。


当日は、福岡をはじめ、山口、大分、長崎から多くの高校生が来学し、

トークイベントの会場は400名を超える参加者でほぼ満席の盛況でした。


<登録日>
2016年12月12日

推薦入試の合格発表がありました【広報係長日記】

12/9(金)に、推薦入試と社会人特別選抜試験の合格発表がありました。



      


北方キャンパスの掲示板に

推薦入試の合格者441名と社会人特別選抜の合格者11名の受験番号が張り出されると、

発表を待ちわびた多くの受験生や保護者が自分の番号を確認されていました。


なお、本学ホームページ及びひびきのキャンパスの掲示板でも合格者の受験番号を確認できます。


合格された受験生のみなさん、おめでとうございます!

<登録日>
2016年12月09日

「留学生交流会・バスツアー」(大学コンソーシアム関門事業)を開催しました!


11月27日(日)に大学コンソーシアム関門事業として、

北九州市立大学・九州共立大学・九州国際大学・下関市立大学・西日本工業大学に在籍する

留学生と日本人学生60名が2台のバスで

角島大橋、角島灯台、土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアムを見学して、交流を深めました!!!



             
                     バスツアー参加メンバー(一部)



  
           角島大橋                       道の駅「豊北」



                



※大学コンソーシアム関門とは、

北九州市立大学・九州共立大学・九州国際大学・下関市立大学・西日本工業大学で構成された、

関門地域の高等教育の充実及び発展を図るとともに地域社会へ貢献することを目的とした団体です。


大学コンソーシアム関門の公式ホームページは、こちら


<登録日>
2016年12月06日

卒業生対象のU・Iターン就職相談窓口を開設しました!【広報係長日記】


北九州市立大学では、12月1日より、卒業生の北九州市内企業等へのU・Iターン就職を支援するため、

本学卒業生が多数就職している東京・大阪・九州地区を中心に事業展開を行う

「株式会社アソウ・ヒューマニーセンター」と連携し、就職相談窓口を開設しました。


相談窓口は、東京・大阪・神戸・広島・山口・福岡・北九州・久留米・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島の

アソウ・ヒューマニーセンター事業所内13か所に設置し、

電話相談や来社相談を受け付けています。


利用にあたっては、本学ホームページから事前申込を行い、

最寄りの相談窓口を利用(利用料無料)してください。

現在、1名の卒業生が相談窓口を利用し、北九州市へのUターン就職を目指しています。


          



【U・Iターン就職相談窓口の概要】
 
1 相談日   
  
  月曜日〜金曜日(祝日及び年末年始を除く)


2 相談方法

 (1)電話相談  9:00〜18:00 (電話番号 0120-09-1616

 (2)来社相談  9:00〜20:00 (事前予約必要)


3 問い合わせ先

  北九州市立大学就職支援室 電話 093-964-4014



<登録日>
2016年12月02日

海外インターンシップ公開報告会が開催されました!【広報係長日記】

11月30日、本学図書館本館にて海外インターンシップに参加した学生達の公開報告会が行われました。


海外インターンシップは、文科省「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」事業の一環として、

本学では平成25年度から実施しています。

今年度も、夏休み期間を利用して、2週間から6週間の間、

世界14ヶ国(地域)・24プログラムに50名の学生が、

OJT(On the Job Training)型あるいはPBL(課題解決)型のプログラムを通して

海外でのビジネスの現場を学んできました。


当日は、漆原副学長およびグローバル人材育成推進室・特任教員の永田公彦教授より、

ご挨拶と本事業の概要説明のあと、

図書館のラーニングシアターとホールに分かれて、

参加学生らがそれぞれの活動経験とこのインターンシップから得られた成果などをプレゼンテーションしました。


  


会場には、派遣先としてご協力いただいた企業関係者の方々もお見えになり、

学生の発表に対して、「(別の企業への派遣であるが)現地での取組みが非常にすばらしく、

ぜひ当社に来てほしいと思った」などと高く評価していただいたり、

今後についてのアドバイスをいただいたりしていました。


  
     (派遣先:ジェイアイエヌ 台湾 )             (派遣先:ROHTO ASIA HERB タイ)


  
 (派遣先:日米協会(南カリフォルニア) アメリカ)      (派遣先:AMUSE GROUP USA アメリカ)


このインターンシップでの経験と今回の報告会での評価は、

学生達にとってひと回りもふた回りも自身の成長につなげられる貴重な経験になったことでしょう。

参加した学生は1年生から3年生までと様々ですが、

特に3年生は本格化する就職活動への将来ビジョンがはっきりと描けてきたようです。


国内外で活躍できるグローバル人材になれるよう、これからも頑張ってください!

<登録日>
2016年12月01日

ビブリオバトル全国大会出場決定!【広報係長日記】


11月19日(土)に開催された、「全国大学ビブリオバトル2016京都決戦 九州A,Bブロック地区決戦」に

半田鈴音さん(文学部比較文化学科3年)が出場し、

見事九州A,Bブロック地区チャンプ本に選ばれました! 

12月18日(日)に京都大学で行われる京都決戦(全国大会)に出場します。


           



地区決戦では8大学22名が参加し、

図書館で開催された北九大予選会を勝ち抜いた半田さんが代表として出場しました。

京都決戦では、全国各地で開催された予選会・地区決戦を勝ち抜いた精鋭30名によってビブリオバトルが行われます。


半田さんは2014年に九州ブロックの代表の1人として京都決戦に出場し、

九州勢初のグランドチャンプ本を獲得(全国優勝)しています。

史上初2度目のグランドチャンプ本獲得を目指す半田さんをみんなで応援しましょう!


公式ツイッターアカウントはこちら → @bibliozenkoku


公式ホームページは、こちら(外部リンク)

        



<登録日>
2016年11月25日

ひびきのオープンキャンパスin響嵐祭を開催しました!!【広報係長日記】

11月12日(土)、13日(日)の2日間、


北九州市立大学ひびきのキャンパスの大学祭、

「響嵐祭(きょうらんさい)」が開催されました。


響嵐祭2日目の日曜日には、

「ひびきのオープンキャンパスin響嵐祭」も同時開催しましたので、

その様子をご報告します。


    



詳細は、こちら

<登録日>
2016年11月24日

地域に根ざす企業の魅力をまるごと紹介!学生による、学生のための『しごとZINE』完成!【広報係長日記】


本学の学生も制作プロジェクトに参加した、

地域の企業の魅力発信マガジン『しごとZINE』が11月19日(土)に完成しました!

就職活動を控える学生へのメッセージをこめた漫画や、

北九州・下関に本社を置く11社へのインタビュー記事など、読み応えのある内容になっています。


     



『しごとZINE』を制作・広報する「しごとZINEプロジェクト」には、本学のほか、

九州工業大学、西日本工業大学、下関市立大学、梅光学院大学から33名の学生が参加。

アミュプラザ小倉西館8階「まなびとJOBステーション」を拠点に、今年の7月末から活動を行ってきました。


インタビュー記事の制作にあたっては、

企業への取材依頼、取材撮影、原稿作成、校正までを学生が担当。

依頼をする際の電話・メールのマナーや、原稿の校正などは、地

域で働く社会人の方々がサポーターとしてバックアップしてくださいました。


     



また、表紙や巻頭・巻末特集は、企画からデザインまでの全工程を学生が担当しています。


     


こうして完成した『しごとZINE』は、

今後、北九州・下関市内の教育機関や、コンビニ、カフェなどの店舗で設置・配布されます。

また、12月23日(金・祝)にはこれまでのプロジェクト活動を通して学び、

成長したことをテーマに活動報告会も行いますので、

ご興味のある方はこちらも是非ご参加ください。

活動報告会当日も『しごとZINE』を配布いたします。


 詳細はこちら(北九州・下関まなびとぴあHP)



地域の企業の魅力がぎゅっと詰まった『しごとZINE』。

皆様も是非、手に取ってご覧ください。


※『しごとZINE』は、文部科学省補助事業「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」により作成しました。


<登録日>
2016年11月22日

月別アーカイブ