広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

北九大で「放課後みつばち倶楽部」によるハチミツお茶会が開催されます!【広報係長日記】

文学部 竹川教授や学生たちによる研究グループ「放課後みつばち倶楽部」からのお知らせです!

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

昨年は天候不順により、北九州一円で蜂群の全滅の報告が相次ぎ心配していましたが、
今年のミツバチはとても元気です!
そこで2年ぶりにお茶会を行います。

ゴールデンウイーク中にずっと学生たちとともに観察していた
北方キャンパス本館の屋上で飼育中のニホンミツバチは、
なんと今年は5回も分蜂し、しかも全群捕獲しました。

  

このため、大学の「放課後みつばち倶楽部」の蜂箱は7つに増え、
うち4つを屋上に置いています。
ニホンミツバチの屋上飼育自体、全国であまり例がないのですが、
そこでの分蜂と捕獲の記録はとても珍しい事例です。
「放課後みつばち倶楽部」 には、随時報告をあげています。
詳しくは、こちら(外部リンク)

そんな元気なハチたちの様子を皆に見てもらいたい。
というわけで5月17日(水)12時より13時まで、
本学北方キャンパス本館4階B棟の屋上養蜂場にて「ハチミツお茶会2017」を開催いたします。

    

昨年に大学で採れたハチミツと紅茶をご用意しお待ちしております。
会場では巣箱の観察会も開催いたします。
ニホンミツバチはとてもおとなしいハチです。
手に乗せることもできます。
ただし好かれてしまうので香水はつけずにきてくださいね。
(参加費無料・ランチは持参・時間内は出入り自由です)


     

また今後の予定ですが、
今年の11月に筑波大学で開催されるミツバチサミット (外部リンク) では、
全国で養蜂に取り組んでいる大学生や高校生が一堂に会する学生サミットが予定されています。
本学からも学生たちが参加し研究発表を行う予定です。

ニホンミツバチのハチミツは幻の蜜ともいわれ、
とってもおいしい貴重なハチミツです。
味わってみたい方のために、小倉北区にある旦過市場の「大學堂」で、
昨年秋に九州山地で収穫されたニホンミツバチの天然ハチミツを販売しています。
また、6月6日には地域の個人養蜂家の人たちとの研究会である
6回目の「みつばち会議」を予定しています。


<登録日>
2017年05月09日

JICA短期ボランティア(第2期)の学生たちがグアテマラから帰国しました【広報係長日記】


昨年度に続き、
本学とJICAの連携事業「グアテマラ共和国スポーツ・健康振興ボランティア連携」事業により、
2月28日〜3月20日までの約4週間、
本学学生8名が第2期生として短期ボランティアに参加し、
松尾学長にその帰国報告を行いました。

    


第2期生たちは、グアテマラ共和国内の4都市を訪問し、
現地の青少年の健全育成を目的に野球教室を行いました。
グアテマラの子どもたちとのふれあいや親善試合を通じて、
言葉の壁を越えた交流を図るとともに、
純粋にスポーツを楽しむことの大切さなど、
現地の人々に教わることが多くあったと報告していました。

    


この事業は、来年度も派遣を予定しています。
今後もグアテマラ共和国との交流が続くことを期待しています。

<登録日>
2017年04月28日

「学生による学生のための北九州・下関業界MAP 2017年版」が完成しました!【広報係長日記】


本学では、地方創生に資する取り組みの一環として、
地域の学生の地元定着・地元就職促進を目的に、
地域の産官学が連携し「北九州・下関まなびとぴあ」による取り組みを推進しています。

このたび、本学地域戦略研究所と学生の協働により、
北九州・下関地域の企業約300社の情報を網羅した業界マップを3,000部制作し、
学長への完成報告を行いました。

      

当日は、制作に携わった学生のうち、
法学部法律学科4年の久野さん、賀治さんが出席し、
地域戦略研究所の柳井 雅人所長(副学長)とともに、
業界マップの特長や制作にあたって工夫した点などを発表しました。

また、報道関係者の皆さまにも多数お越し頂き、
インタビューもしていただきました。

    

就職活動中の学生さんはもちろん、1・2年生のみなさんにも、
北九州・下関地域の企業情報が業種別にまとまったこの業界マップを使って、
来るべき就職活動に役立ててもらいたいと思います。

本学では、業界マップをキャリアセンターに設置していますので、
気になる学生さんは足を運んでみてください。

業界マップはこちらからもダウンロードできます。


<登録日>
2017年04月24日

環境技術研究所新研究施設〔愛称 IEST Lab.(イーストラボ)〕が完成しました!【広報係長日記】


本学創立70周年記念事業の一つとして、
ひびきのキャンパスに建設を進めていた新たな研究施設が3月末に完成し、
4月21日に完成式典および記念セミナーを開催しました。

     

本研究施設では、次世代産業の中核と期待される『バイオマテリアル分野』と
低炭素社会実現に向けた『エネルギーマネジメント分野』を柱に、
世界的な研究開発拠点として活動を開始します。

■「バイオメディカル材料開発センター」
がん細胞などの特定細胞に薬剤を効率良く送達するDDS(ドラックデリバリーシステム)など
バイオマテリアル分野の世界最先端の研究・技術開発を通じ、
北九州市内に先進バイオテクノロジー産業の萌芽を促進します。

■「都市エネルギーマネジメント研究センター」
北九州市のもつ次世代エネルギー先進地域という特徴を活かし、
OECD グリーン成長モデル都市のパリ、シカゴ、ストックホルムの4 大学連携により、
低炭素化、持続可能な都市機能実現に向け、
環境・エネルギーの世界的な研究・技術開発拠点形成を進めます。

     
             <研究室・実験室の様子>

        
              <学生デザインによるサイン・什器(テーブル)など>

当日は、式典の後、来賓・報道関係者の皆さまに向けた内覧会が行われ、
午後からは記念セミナーとして、
九州先端科学技術研究所の新海 征治所長(九州大学名誉教授)、
国際科学振興財団 再生医工学バイオマテリアル研究所の赤池 敏宏所長(東京工業大学名誉教授)、
バイオメディカル材料開発センターの櫻井 和朗センター長(本学国際環境工学部教授)
による講演が行われました。


<登録日>
2017年04月24日

北九州市作成の動画「“バナナ姫ルナ”の観光PR 『 KOKURA編 』」に「大學堂」が登場します!【広報係長日記】


北九州市職員による「本気すぎるコスプレ観光ムービー」の完成について、
北九州市の北橋市長とともに記者会見を行った“バナナ姫ルナ”さんですが、
その動画の1つ「“バナナ姫ルナ”の観光PR 『 KOKURA編 』」に、
「大學堂」提供の大學丼が紹介されています!

大學丼は、小倉北区旦過市場内にある「大學堂」でベースとなるごはん入りの丼を購入後、
市場内のお店で好きな具材を購入・トッピングして、
自分だけのオリジナル丼を完成させるというユニークな商品です。

たびたびこの係長日記でもご紹介していますが、
「『大學堂』ってどんなところ?」と気になる方は、
ぜひこちらから覗いてみてください。(外部リンク)

親子で参加できる講座の「たんたんマルシェ」や、
旦過市場の各店舗の達人を講師に迎えて行う「市場の達人講座」など、
いろんなイベントも行っています。

また「市場の達人講座」については、今年度から本学の公開講座として開催しています。
上半期に開催する講座の詳細については、こちらから。


話題の“バナナ姫ルナ”さんによる
「本気すぎるコスプレ観光ムービー」については、
こちらからどうぞ。(外部リンク:北九州市HP)

<登録日>
2017年04月20日

地域創生学群・猪倉実習、銀幕デビュー!【広報係長日記】

3月25日より、小倉昭和館(北九州市)、有楽町スバル座(東京都)などで公開された

映画「グッバイエレジー」(監督:三村 順一、出演者:大杉 漣、石野 真子、吉田 栄作ほか)に
本学地域創生学群の猪倉実習で活動している学生と
担当教員の廣川准教授が出演しています!


       


オール北九州ロケで行われた本作品の中で、
北九州市出身の三村 順一監督より、
幸運にもお声を掛けていただき、
八幡東区猪倉町で地域の皆様と共に「農業」をツールとして
地域活性化に向けて活動を続けている学生たちの取り組みを
映画のワンシーンに取り上げていただきました。

また、北九州フィルム・コミッション制作のロケ地マップにも、
撮影場所として掲載されています。

小倉昭和館での上映は、4月14日(金)までとなりますが、
戸畑区にあるイオンシネマ戸畑では、
4月21日(金)まで上映が予定されています。
映画では、門司港駅をはじめ小倉昭和館や小倉南区の春吉眼鏡橋、
若戸渡船などといった各地でのシーンが登場します。


まだご覧になっていない方は、この機会に是非どうぞ!

<登録日>
2017年04月13日

新しい授業が始まります 「教養を磨く『新聞のちから』」【広報係長日記】

北九州市立大学では1学期の授業が始まります。

特に1年生の皆さんは、大学で受ける初めての授業に、期待を膨らませているのではないでしょうか。

そこで、今年度に開講される授業について、1つご紹介したいと思います。3月26日付の読売新聞の紙面でも、「北九州に新しい学びの場」という見出しで、この授業が取り上げられました。

 

○教養を磨く『新聞のちから』(教養特講I

 

こちらは、本学の基盤教育センターと読売新聞西部本社と共同で開講する新しい授業です。授業は、新聞を使って考える力や質問する力などを高めるための様々なグループワークを取り入れながら進めていくもので、就職活動や社会人生活に役立つ基礎力を楽しみながら養っていきます。

 

「新聞を通じて学びの立て直しに貢献したい」という読売新聞西部本社「新聞のちから」委員会と、基盤教育センターの先生方が互いに知恵を絞りながら、実践的な新しい学びのスタイルを築こうとしています。

 

授業は、昨年度に完成した図書館の「ラーニング・コモンズ」で実施されます。

多くの学生の皆さんの受講を期待しています。

   

  3月26日付 読売新聞朝刊(クリックで拡大)

 

※この授業は2学期(10月開講)の授業科目です。

1年生から4年生まで、全ての学年の学生が受講できる科目です。

※シラバスはこちらから確認してください。

<登録日>
2017年04月10日

平成29年度の入学式が開催されました【広報係長日記】


4月4日に北方キャンパス体育館兼講堂にて、平成29年度の入学式が開催されました。
この日北九州市立大学に入学したのは、大学・大学院合わせて、1,658人です。

       

式では学長から新入生へ、
「30年後の未来を想像し、今までの自分の活動範囲を少しずつ広げていくことで
生まれる新しい出会いが、皆さんの財産となるよう学生生活を有意義なものにしてほしい」と式辞を行ました。

また新入生総代の文学部人間関係学科の横山彩香さんが
「移り行く現代社会を担っていく一員として、真摯に勉学に励み、
様々な物事に向上心を持って取り組むとともに、
名誉ある北九州市立大学の学生としての本分を全うすることをここに宣誓いたします。」と宣誓しました。

  


入学式終了後は、オリエンテーションが行なわれました。

<登録日>
2017年04月04日

小学生対象の第2回プログラミング教室を行いました!【広報係長日記】

3月28日(火)、本学基盤教育センター(地域創生学群担当)の佐藤貴之教授と

地域創生学群学生により、春休みの小学生を対象とした公開講座を行いました。

8月に行った第1回は身体を動かしながらプログラミングの考え方を学ぶ内容でしたが、
第2回は実際にパソコンを使って、プログラミングを大学生と一緒に学びました。

   


今回使用したのは、マサチューセッツ工科大学メディアラボが開発した
プログラミング言語学習環境Scratch(スクラッチ)と呼ばれるものです。
これは、アニメーションやゲームの製作を通して、
子どもたちが楽しく学べることを意図して開発されたものです。

今回の教室では、前半の90分はScratchの基本操作を学び、
後半の2時間は、ものがたり、ダンス、クイズ、ゲームの中から
児童が作りたいテーマを選び、自由に作品を作る課題に取り組みました。

今回は北九州工業高等専門学校の学生と連携を図り、
当日は運営のサポートをしていただきました。

   

社会的に関心が高まっている中で、
地域の子どもたちに情報技術への興味を持たせる取り組みを
様々な組織と連携してこれからも行っていけたらと思います。


<登録日>
2017年03月30日

卒業おめでとうございます!【広報係長日記】

本日3/25(土)に、北方キャンパス体育館兼講堂にて

平成28年度北九州市立大学学位授与式が行なわれました。


 


今年度で退任となる、石原理事長・近藤学長の挨拶・告辞のあと、


卒業生総代として、法学部の小柳 綾夏さんが謝辞を述べました。


       


学部・大学院合わせて1,471人がこの日北九州市立大学を卒業しました。

卒業・修了されたみなさん、おめでとうございます!

本学での学びや友人たちとの絆、学内外での数多くの経験を

今後の人生の糧とし、

今よりもさらに大きく羽ばたいていくことを願います!


<登録日>
2017年03月25日

月別アーカイブ