広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

今年も「ひらめき☆ときめきサイエンス」を実施しました【広報スタッフ日記】

 ひびきのキャンパスで2019年8月9日に、「ひらめき☆ときめきサイエンス」のプログラムを実施しました。小学5年生から中学3年生を対象に、昨年好評だった「メダカの透明骨格標本づくり」を行いました。
 骨格標本づくりは、体を半透明化したメダカの骨を染色して透明な樹脂で固めます。今年のメダカは昨年よりも大きかったようです。
 実験では、大学生や大学院生が参加者のサポートをしました。

木原准教授が担当

学生がサポート

骨を染色中

   樹脂を型に注入

 出来上がりはこんな感じ

 骨格標本づくりが済んだ後には、サイエンスカフェで「ペーパークロマトグラフィー」の実験をしました。
 サイエンスカフェは今井准教授が担当

 折り目を付けた紙に色付け

 アルコールが染み込むと模様が!

 参加した皆さんは「苦手だった理科に興味を持てた」「なぜ透明になるのかもっと知りたい」「大学生優しく教えてくれた」と、とても楽しんでくれました。

<登録日>
2019年08月26日

月別アーカイブ