広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

今年も、ハチミツできました!【広報係長日記】

文学部 竹川大介教授より、「放課後みつばち倶楽部」のハチミツ販売開始のお知らせです!

-----------------------------------------------------------------------------------------------
「放課後みつばち倶楽部」の学生たちとともに、
12月2日に大学のハチミツをとりました。
本学北方キャンパスの屋上で今年の春に分蜂し、
夏と秋にたくさんの蜜を貯めた3つの巣箱のものです。

  

とてもよい蜜がとれ、昨日、瓶詰めが終わりましたので、
12月14日(木)の10時より旦過市場の大學堂にて発売することになりました。
北九大のハチミツは、昨年は蜜が少なかったため販売することができず、
2年ぶりの登場となります。

    

今回は、椎葉村で学んだ最も濃厚な「冬蜜」に挑戦しました。
この時期の採蜜は難しいのですが、最高品質の蜂蜜がとれます。
瓶詰めの際に糖度を計測したところ、85.2度という驚きの数値でした。
柔らかいキャラメルのようなねっとりとした蜜です。

    

【発売開始】
 12月14日午前10時 旦過市場大學堂(北九州市小倉北区魚町4丁目4-20)
【価格】
 ○北九州市立大学の冬蜜 50グラム瓶 1,000円
 ○九州山地の山蜜(ととろ・高千穂・霧島) 50グラム瓶 800円
 ○「味くらべセット」北九州市立大学の冬蜜+2種類の山蜜 2,500円


大学の冬蜜だけは限定おひとり1瓶まで。
山蜜および味くらべセットは、在庫がある限り購入できます。
クリスマスのプレゼントやお正月の楽しみにどうぞ。

※大學堂の店頭のみの販売となり、電話での予約や取り置きはしておりません。
※すべてニホンミツバチの百花蜜で、試食もできます。
※九州山地の山蜜は、秋にとれた蜜です。
※北九大の「放課後みつばち倶楽部」を主に取材して書かれた
 「誰でもチャレンジできる! イラストマニュアル・はじめての養蜂」も
 2,000円(税抜)で販売しています。


「放課後みつばち倶楽部」の活動については、こちら(外部リンク)

<登録日>
2017年12月12日

月別アーカイブ