広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

大分県臼杵市で政策提案報告会を開催しました!【広報係長日記】


2月17日(金)に大分県臼杵市内で、
本学法学部政策科学科による政策提案報告会を開催しました。
この報告会は、政策科学科が行っている2・3年生を対象とした
フィールド系演習科目「政策実践プロジェクト」のうち、
田代洋久教授の学生グループによるものです。

当日は、臼杵市役所、臼杵市観光情報協会、臼杵商工会議所、
臼杵市中央通り商店街振興組合、市民グループなどの参加がありました。

大分県臼杵市は、自然、歴史、文化など地域資源の豊かなところです。
秋には公民協働による文化イベントとして、
竹ぼんぼりに明かりを灯して町中を彩る「うすき竹宵」が知られています。

      


法学部田代ゼミでは、
公民協働による地域の価値創出に挑む臼杵市をフィールドワークの対象地に選定。
地域学習だけでなく、来訪者の視点でまちづくり政策に関する政策提案を目指して
昨年5月から3つのチームを編成してプロジェクトをスタートさせ、
事前学習、フィールドワーク、政策検討と9か月間にわたって検討を進めました。

      


この日は、ゼミ長の池田さん(3年生)からプロジェクトの概要を説明したあと、
各チームが政策提案の報告を行いました。

  


質疑応答では、
「商店街のテーマはまちなかまち歩き。今日の提案は自分たちの思いと一致していて嬉しくてしかたがない。」
「公共施設と空き家の活用をいかに図っていくかが本市の課題。今回の提案は目の付け所が素晴らしいです。」
などの好意的なご意見をいただくことができました。

        

臼杵市の皆さん、どうもありがとうございました!

また、当日会場にお越しいただいた
西日本新聞佐伯支局の浦田支局長さまのブログ
「佐伯支局長日誌」でも、
この報告会についての記事をアップしていただきました!
詳細は、こちら(外部リンク)

ぜひご覧ください!


<登録日>
2017年02月23日

月別アーカイブ