広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

東アジア友好博物館(大連市旅順博物館(中国)、仁川広域市立博物館(韓国)、いのちのたび博物館(北九州市))の館長が来学されました【広報係長日記】


八幡東区にある北九州市立いのちのたび博物館、仁川広域市立博物館、大連市旅順博物館は、

東アジアに位置する友好博物館として、

友好交流の推進と歴史・資産の友好活用のため、

具体的な交流事業の推進を目的として「東アジア友好博物館 館長会議」を開催しているそうです。


この館長会議後の11月16日(水)、

本学創立70周年記念事業の一環として、3館の館長による講演会が開催されました。

この講演会に先立ち、仁川広域市立博物館から館長の趙宇星(チョー ウソン)氏と展示教育部長の裵晟洙(ペ ソンス)氏、

旅順博物館から館長の王振芬(わん しんふん)氏がお見えになり、

本学の近藤学長・松尾副学長らと懇談されました。


大連市旅順博物館は創立100周年、

仁川広域市立博物館は本学と同じ創立70周年を迎えたということもあり、

行政レベルでの姉妹都市締結・交流事業のほか、

市民間、大学間での各種交流も古くから行われていたことや、

今後の更なる交流発展に向けて話が尽きないご様子でした。


     


<登録日>
2016年11月21日

月別アーカイブ