広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

基盤教育センター 神原ゆうこ准教授の著書「デモクラシーという作法 スロヴァキア村落における体制転換後の民族誌」が第6回地域コンソーシアム賞を受賞しました【広報係長日記】

本学基盤教育センター 神原 ゆうこ准教授が2015年11月に刊行した、

『デモクラシーという作法:スロヴァキア村落における体制転換後の民族誌』(神原ゆうこ著・九州大学出版会)が、

地域研究コンソーシアム賞の部門の一つである登竜賞に2016年度(第6回)の受賞作品として選出されました。


地域研究コンソーシアムとは、世界諸地域の研究に関わる研究組織や学会などからなる組織連携であり、

国家や地域を横断する学際的な地域研究を推進することを目標としています。


この地域研究コンソーシアム賞(JCAS賞)は、その目標を達成する上で大きな貢献のあった研究業績などに授与されます。

著書では、1989年に社会主義国から転換を経験し、

現在はEU加盟国であるスロヴァキアの村落でのフィールドワークをもとにしており、

人々の実践のあり方に注目して政治的価値観の変容が描かれています。

ミクロなフィールドに焦点をあてた文化人類学的視点を保ちつつ、

政治学の架橋を試みた点が受賞にあたって評価されました。



        



詳しい審査結果はこちらです。(外部リンク)

<登録日>
2016年11月17日

月別アーカイブ