広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

「北九州ゆめみらいワーク」に参加してきました!【広報係長日記】


8月26日(金)・27日(土)に西日本総合展示場新館で行われた、

「北九州ゆめみらいワーク」に、

出展者として参加してきました。


今年で2回目を迎えるこのイベントは、

北九州市が主催し、中学生・高校生・大学生・保護者等を対象にしたもので、

北九州地域を中心に企業・大学・短大、専門学校などが一堂に集まり、

地元企業の魅力や仕事と学びのつながりを理解しつつ、

これからの進路選択について、

学びながら考える機会を提供することを目的としています。



今年は、北方キャンパス(文系)から、

「通訳訓練と英語学習」をテーマに外国語学部英米学科の伊藤健一教授に、

ひびきのキャンパス(理系)からは、

「工学で環境と社会を変える〜エネルギー・科学編〜」をテーマに

国際環境工学部エネルギー循環化学科の今井裕之准教授に、

ブース参加していただきました。



予め設定された10のキーワードのうち、

「まちづくり」ブースに参加した文系ブースでは、

国際会議やオリンピックなどの国内外のあらゆる場面で活躍する『通訳』に焦点を当て、

基礎的知識のお話から簡単な実践練習まで体験できるミニ講義を行い、

本学でも実践している「対話型の少人数授業」形式で

高校生の皆さんに体験してもらいました。


通訳に興味のある方はもちろん、英語はちょっと苦手という方まで、

熱心に耳を傾けていました。


   



また、「エコ・エネルギー」ブースに参加した理系ブースでは、

私達の身近なジュースを使って、

目で見て分かる化学反応の実験を実施しました。


参加した高校生は、一瞬で色が変化したり元の色に戻ったりする化学反応に驚いていました。

実験の後は、なぜ色が変化するのか化学式を使って、

先生や大学院生が説明を行いました。


    



このほか「地(知)の拠点大学による地方創生推進(COC+)事業」に採択された

「北九州・下関まなびとぴあ」ブースに、

事務局を代表して本学職員が参加し、

まなびとぴあ関連のパネル展示や、

北九州・下関市の「好きなもの」を来場者に自由に書いてもらうという体験コーナーを展開しました。



         



北九州市内の高校をはじめ、遠く熊本からもバスで来場していた高校生のみなさんには、

一人でも多く今回の体験から本学の学問分野に興味を持ってもらい、

本学への進学を目指していただけるといいなと思った2日間でした。



<登録日>
2016年09月01日

月別アーカイブ