広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

TGC KITAKYUSHU 2016 by TOKYO GIRLS COLLECTIONに参加します!【広報係長日記】


昨年度、ついに北九州でも初開催となった、

TGC地方創生プロジェクト」が

TGC KITAKYUSHU 2016 by TOKYO GIRLS COLLECTION』(以下、TGC北九州2016

となって今年もやってきます!


しかも、今年は新たな取組みとして、

TGC北九州2016を活用した就業体験企画のもと、

本学地域共生教育センター(通称:421Lab.)に所属する学生が、

一部のステージをプロデュースさせていただくこととなりました!

 


今回参加する学生たちは、

「ファッションを通じて地域を元気にする」活動を行うファッションプロジェクト「mArs」のメンバー13人です。

この企画は、TGC北九州2016を通じて

地域活動を応援したいという熱い思いをもった企業の方々のサポートを受け、

ヶ月半にわたり、マーケティング・プロモーション領域の実務を体験するという、

非常に貴重な経験を積めるチャンスです。


毎回、東京ガールズコレクションや

TGCの数々のステージをプロデュースされている奥田真希さんを講師として迎え、

10回にわたり、トップスタイリストやTGC総合演出家の方々に特別講師としてお越し頂き、

講義・ディスカッション・フィールドワークを通じて、

最終的に10分程度のステージを実施することになります。

 


812日には、

この「ワイエスフード株式会社寄付セミナー 

TGC KITAKYUSHU 2016 by TOKYO GIRLS COLLECTION

 ステージプロデュースプロジェクト」の

回目のキックオフゼミが開催されました。



      



今回の特別講師は、

ファッション誌「ViVi」の専属モデルや東京ガールズコレクションをはじめとした

数々のファッションショーで活躍されているモデルの宮城舞さんを迎え、

モデルになったきっかけやTGCや各ショーでの経験、

華やかなステージの裏の苦労話をはじめ、

「出る側」から「見せる側」として

人気ブランドのショーのプロデュースを手がけた際の難しさなどをお話いただきました。



      



また、講師の奥田さんからは、

東京ガールズコレクションを立ち上げた狙い・TGCの目指すものといった背景から、

単なるファッションショーとしてではなく、

1日を通じて楽しめる総合ファッションイベントとするためには、

企業協力(協賛)が欠かせないとするレバレッジシステムの収支構造など、

実務的な講義を行っていただき、

改めてこのTGC北九州2016が非常に大きなイベントであるという認識を持つこととなりました。



学生たちも、最初は少し緊張気味でしたが、

講義が進むに連れ、普段自分達が企画するイベントよりも

はるかに大きなプロジェクトへ参加できることへの期待感と責任感がひしひしと感じられ、

積極的に打ち合わせする姿が非常に頼もしく感じられました。


 

2016109日(日)の本番に向けて、

これから学生達の少し遅めの夏が始まります。



「北九州でしかできないこと」、「北九州だからできること」をぜひ形にして、

TGC北九州2016で飛躍してくれることを願います。



TGC KITAKYUSHU 2016 by TOKYO GIRLS COLLECTIONについては、こちら (外部リンク)



<登録日>
2016年08月19日

月別アーカイブ