広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

ひびきのキャンパスの国際交流 ~ 授業のオフシーズンは、学外活動のハイシーズン ~ 【広報係長日記】


日本と同様、海外の大学でも夏休みなどの長期休暇期間は、研究活動や国際交流活動のハイシーズンです。



7月20日には、中国の浙江大学城市学院から、

建築を勉強している学生19人が国外研修旅行でひびきのキャンパスを訪れました。

浙江大学城市学院は、国際環境工学部建築デザイン学科と学術交流協定を締結しており、

これまでも国際ワークショップの参加など、

学生の短期派遣や受入れでも交流が盛んな大学です。


当日は、本学の概要や学部・学科での活動について本学教員から講義を受けた後、

北九州学術研究都市全体の電気やガスなどのエネルギーを管理している環境エネルギーセンターなど、

「エコキャンパス」の視察をし、カフェテリアで昼食をとりました。


  




また8月4日には、本学と大学間学術交流協定を結んでいるタイのタマサート大学から

学生9人の来訪がありました。


国際環境工学部の学部長への表敬の後、

タマサート大学出身のタイ人の大学院生から、本学の紹介を行いました。

キャンパス見学では、建築デザイン学科のアトリエで、

本学の学部生・大学院生の製作物や、

過去の国際ワークショップでの発表パネルに特に関心を持ったようです。


          


   


午後には、TOTOミュージアムや環境ミュージアムなど市内の環境関連施設の視察を行いました。



海外からの大学生に本学の魅力を伝えていくことで、

その学生が未来の大学院生として国際環境工学研究科へ入学してくることを心待ちにしたいと思います!




<登録日>
2016年08月12日

月別アーカイブ