広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

今年も大学ブランド酒 「ひびきのの杜」 、おいしくできました!【広報係長日記】

今年で3年目を迎えた、大学オリジナルブランド酒「ひびきのの杜」が完成し、

6月3日(金)から販売を開始しました。


         


今年の仕込みの様子は、こちら(広報係長日記)



販売開始記念イベントとして、
同日朝から北九州市役所地下1階にある「玉屋食堂」様のご協力により、
食堂をお借りして報道機関の皆さまへのプレゼンテーションと、
「ひびきのの杜」製造時にできた「酒粕」を使った特別メニューの紹介を
行いました。


     


今回は、特許を取得した麹菌の開発に携わった国際環境工学部 森田 洋教授や
全面的にご協力いただいた
溝上酒造株式会社の溝上 智彦社長らによる概要説明に加え、
実際に日本酒作りに携わった森田研究室の学生による
プレゼンテーションも行い、
お集まりいただいた報道機関の記者の皆さまから
熱心な質問や取材をしていただきました。


また、お昼には
株式会社 井筒屋小倉店様のご協力により、
地下1階の和洋酒売り場にて試飲会を行い、
たくさんの方に足を止めていただき、
ご紹介することができました。


     

  
              



例年、発売開始から1週間から10日程度で完売していた「ひびきのの杜」ですが、
今年は本学創立70周年として2,500本製造しています。

今年もワインを彷彿とさせるような味わい深く、
すっきりとした飲み口の日本酒となっていますので、
店頭でお見かけの際は、
ぜひお早めにお試しいただければ幸いです。

<登録日>
2016年06月03日

月別アーカイブ