広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

のべ5千人の汗により「緑化功労者賞」を受賞!~竹林・里山保全活動「平成竹取伝説」~【広報係長日記】

国際環境工学部のあるひびきのキャンパスの教職員が主体となり、

市民とともに竹林・里山保全の活動をするNPO法人北九州ビオトープネットワーク研究会が、

平成28年度「福岡県緑化功労者 福岡県知事賞」を受賞しました。

 

   



「平成竹取伝説」の名称での活動は、

2004年から毎月1回、計126回、のべ5,000人近くの市民の参加により、

北九州学術研究都市周辺の竹林・里山の景観・生態系の保全に貢献してきました。

こうした地道な活動により、緑化の推進や森林の保全管理に顕著な功績があったと評価され、

受賞に至ったものです。

 

528日の授賞式では、

理事長のデワンカー バート教授(国際環境工学部建築デザイン学科)と

理事の草葉 敏一氏(同所属のエンジニアリング・アドバイザー)が出席し、

小川知事から直接、立派な表彰状が授与されました。


今回の受賞を励みに、これからも市民力による地域の環境保全活動の継続発展と

地域の環境意識の喚起に繋げていきたいと思います。


   



受賞の様子(福岡県HPhttp://www.pref.fukuoka.lg.jp/contents/syokujyusai67.html

 

「平成竹取伝説」では、地域のみなさま、学生、教職員から多くのご参加をお待ちしています!

⇒活動日程や参加方法はこちらから

<登録日>
2016年05月31日

月別アーカイブ