広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

JICA短期ボランティアとしてグアテマラ共和国へ出発します!【広報係長日記】

平成2711月に独立法人国際協力機構(以下、JICA)と連携協定を結んだ、

「グアテマラ共和国スポーツ・健康振興ボランティア連携」事業により、

月下旬から第一陣が出発します。


この事業は、スポーツ(野球)を通じたグアテマラ共和国の青少年の健全育成や

本学学生の国際協力分野での人材育成を目的として、

2018月までの間に年回4週間程度、本学の学生を派遣するものです。

 


218日(木)にJICA九州で行われた出発式には、

学内公募で選考された8名の野球経験者である男子学生が出席しました。

いずれも本学硬式野球部・軟式野球部に所属する2年生で、

北方キャンパスの各学部から1〜3名程度派遣されます。


式では、JICA九州の瀧沢課長および地域創生学群の眞鍋学群長から

「経験を生かして充実した活動を」

「最後まで気を抜かず、体調管理は万全に行いつつ、楽しんできてほしい」

といった激励を受けました。

 

        


また、学生代表の文学部2年の浦瀬さんは

「今回の活動を通じて、グアテマラでの野球技術の普及とともに、

自分自身の人間形成にもつなげられるよう、

北九大生としての誇りを持って臨みたい。

帰国後は、この経験を今後の学生生活に生かしていきたい。」

と抱負を語っていました。


        

 

これに先立ち行われた、

JICA東京本部およびグアテマラ現地事務所とのテレビ会議では、

現地での活動に関する注意事項や滞在中の生活に関する情報提供のほか、

学生達からは野球指導対象者の技能レベルや

現地での生活で必要なものの確認など熱心な質問が続き、

今回の派遣に対して真剣に取り組む学生の姿に頼もしさを感じました。


 

227日から324日までの約4週間、体調にはくれぐれも気をつけて、

ひと回りもふた回りも成長した元気な姿を見せてほしいと思います!

<登録日>
2016年02月18日

月別アーカイブ