広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

この夏、131名が世界16カ国・地域で留学・研修等に挑戦します【広報係長日記】

北九州市立大学では、

平成24年度から文部科学省の

「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」の採択を受け、

グローバル人材の育成に向けた

Kitakyushu Global Pioneers」プログラムに取組んでいます。

 

その一環として提供している海外プログラム

(海外留学、語学研修、海外インターンシップ)では、

多様化する学生ニーズに応えるべく、

この夏 本学の創立以来最多となる16 ヵ国・地域、

40 プログラム(大学)に、131名の学生を派遣します。


   

 

84日には、

「北九州グローバルパイオニア 海外プログラム出発式」が開催され、

学長・副学長から激励の挨拶と、

代表の学生から決意表明が行われました。

交換留学プログラムを代表して、

外国語学部2年の谷本さんは「新たに本学と協定を結んだカリフォルニア州立大学での1期生として、

いろんなことにチャレンジして自分自身を成長させていきたい」、

海外インターンシッププログラムを代表して、

文学部3年の大里さんは「日本企業の台湾支店での課題解決型インターンシップで、

主体性とコミュニケーション力を身につけ、将来はグローバルな環境での仕事につなげていきたい」

との頼もしい決意表明でした。

 

     


また、学生には記念品として、

「海外との懸け橋」となるよう願いを込めて、

携帯用の折りたたみ箸が贈られました。


本学では、様々な海外留学のための支援制度をご用意して、

学生のサポートを行っていきます。


<登録日>
2015年08月05日

月別アーカイブ