広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

仁川広域市立博物館と教育研究の交流に関する覚書を締結しました【広報係長日記】

8月26日(水)に北九州市立大学において、北九州市と友好都市である韓国仁川広域市の


仁川広域市立博物館の趙宇星(チョ・ウソン)館長と、本学田中信利文学部長との間で

教育研究の交流に関する覚書が署名されました。

 引き続き趙館長と本学近藤学長との面談が行われ、北九州市と仁川広域市の一層の文化の

発展と交流のため、本学と同博物館の協力を役立てていきたいという意見で一致しました。

  

<登録日>
2015年08月27日

振込詐欺防止の啓発CM第2弾、鋭意制作中!【広報係長日記】

先日、小倉南警察署と協同で振込詐欺防止の啓発CMを制作した

防犯・防災プロジェクトMATE’s】が、

第2弾CMを制作するという話を伺い、その打ち合わせにお邪魔してみました。


夏休み期間中ということですが、今回は担当の村江先生をはじめ、

プロジェクトの学生5名が参加して、

小倉南警察署から3名お越しいただき、活発な意見交換が行われました。


            


前回の第1弾は、高齢者の方向けに分かりやすくお伝えする内容となっていましたが、

今回は学生向けの内容として、

振り込め詐欺の「受け子」アルバイトと知らずに、安易に引き受けた結果、

犯罪に巻き込まれるケースが増えていることから、

若い世代にも関心を持ってもらい、

家族ぐるみで振り込め詐欺の被害者・加害者となることを防ごうという狙いがあるそうです。


          


実は、

この打ち合わせの様子をテレビ西日本の方が取材に来られており、

次週以降、夕方18:00からのテレビ西日本8ch  「TNC6時のニュース」で放送される予定だそうです。

 

第2弾CMについては、これから制作されるということですが、

完成したらまたご紹介したいと思います。

<登録日>
2015年08月21日

2015学びシティ!北九州が開催されました【広報係長日記】

先月、22日に行われた、毎日新聞社主催の2015学びシティ!北九州へ参加してきました。

これは、市内10大学の関係者と行政などが一堂に会して、

北九州地区の大学の将来像を語る意見交換会として、

2005年より毎年1回行なわれているものです。

今回は、本学より近藤学長と地域創生学群の眞鍋学群長が意見交換会へ参加し、

各大学の学長・理事長らと3つのテーマ(「地の拠点としての地方大学の強化」

「学生の地元定着促進」「北九州市に特色ある教育環境」)の中から、

本学の取組みや今後の課題などを報告・議論しました。


                   


また、意見交換会後には、各大学の学生も参加した懇親会が開催され、

各大学のPRや学部の紹介などを行いました。

本学からは、地域創生学群3年の東原さん、法学部3年の吉竹さん、文学部2年の平さんが参加し、

地域共生教育センター(通称:421Lab.)で取組んでいるプロジェクトについて、発表を行いました。


                


短い時間ではありましたが、少し緊張しつつもしっかりと本学をPRし、他大学の学生とも積極的に交流を深めていました。


<登録日>
2015年08月07日

この夏、131名が世界16カ国・地域で留学・研修等に挑戦します【広報係長日記】

北九州市立大学では、

平成24年度から文部科学省の

「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」の採択を受け、

グローバル人材の育成に向けた

Kitakyushu Global Pioneers」プログラムに取組んでいます。

 

その一環として提供している海外プログラム

(海外留学、語学研修、海外インターンシップ)では、

多様化する学生ニーズに応えるべく、

この夏 本学の創立以来最多となる16 ヵ国・地域、

40 プログラム(大学)に、131名の学生を派遣します。


   

 

84日には、

「北九州グローバルパイオニア 海外プログラム出発式」が開催され、

学長・副学長から激励の挨拶と、

代表の学生から決意表明が行われました。

交換留学プログラムを代表して、

外国語学部2年の谷本さんは「新たに本学と協定を結んだカリフォルニア州立大学での1期生として、

いろんなことにチャレンジして自分自身を成長させていきたい」、

海外インターンシッププログラムを代表して、

文学部3年の大里さんは「日本企業の台湾支店での課題解決型インターンシップで、

主体性とコミュニケーション力を身につけ、将来はグローバルな環境での仕事につなげていきたい」

との頼もしい決意表明でした。

 

     


また、学生には記念品として、

「海外との懸け橋」となるよう願いを込めて、

携帯用の折りたたみ箸が贈られました。


本学では、様々な海外留学のための支援制度をご用意して、

学生のサポートを行っていきます。


<登録日>
2015年08月05日
1

月別アーカイブ