広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

地域創生フォーラムが開催されました【広報係長日記】

 現在、地方からの人口流出、首都圏への一極集中を防ぎ、地方を活性化するための


「地方創生」の取り組みが活発化しています。

 北九州市立大学は、北九州市が設置した公立大学として、開学以来様々な地域活性化

に取り組んでいます。

 その取り組みの一つとして、2月15日(日)に北九州市立大学北方キャンパスにて、

「第8回地域創生フォーラム」が開催されました。

 今回は、「大学生と地域が繋がり、生み出されるもの」をコンセプトに、

 第1部では、地域創生学群の学生が、高齢化が進む小倉南区合馬地区の特産品である

タケノコを使ったギョーザを開発した事例など、地域の方々と一緒に地域の活性化に

取り組んだ活動を報告しました。

 第2部では、AERAが選ぶ「日本を建て直す100人」に選ばれたこともある

地域活性コンサルティング会社「合同会社五穀豊穣」代表の西居豊さんに、

講演していただきました。

 北九州市立大学では、学内キャンパスにとらわれず地域全体をキャンパスとして、

学生が主役となって地域で活躍しています!


<登録日>
2015年02月17日

月別アーカイブ