広報スタッフ日記
 国際環境工学部「ひびきの通信」はこちら

この夏、142人の北九大生が、海外へ出発します。【広報係長日記】

北九州市立大学では、平成24年度に文部科学省より「グローバル人材育成推進事業」の指定を受け、グローバル人材育成プログラムを実施しています。そのプログラムの一環として、海外インターンシップや海外留学などを行なっています。

87日に北方キャンパス本館において、「北九州グローバルパイオニア 海外プログラム出発式」を開催しました。この夏に開始するプログラムに参加する学生は、外務省などが実施する「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の第1期派遣留学に選ばれた学生も含め、総勢142名です。春季に出発した派遣留学生を含めると、今年度海外に派遣する学生数は、192名(16カ国)となり、本学始まって以来、最多となりました。

北九州市立大学では日本一留学しやすい大学を目指して様々な支援制度を用意し、海外留学を希望するみなさんの入学をお待ちしています。


<登録日>
2014年08月08日

月別アーカイブ