付属機関・施設

キャリアセンターについて

キャリアセンターのご紹介

キャリアセンターとは?

キャリアセンターは学生の進路・就職を支援するために2006年4月に設置されました。3、4年生になってからの就職活動支援はもちろん、1、2年生に対しても様々な情報提供や相談、アドバイスを行うことを目的としています。また、社会人として必要になる基礎的な力や態度を、大学時代を通して形成していけるよう、学生の皆様をサポートしていきます。2007年10月、学生プラザ内にリニューアルオープンしました。 

キャリアセンターの取り組み

キャリアセンターでは、企業からの求人票や会社説明会などの情報提供や、各種ガイダンスの実施などの従来の就職活動支援に加え、低学年生への社会人基礎力育成を目指した授業や、大学内外でのインターンシッププロジェクトなど新しい取組みを行っています。 

4年間のキャリアセンターの取り組みについてはこちらをご覧ください。


 

本学の特色ある就職支援


 「就職支援パートナーシップ制度」

本学では、出身地近郊で就職を希望する学生の就職活動支援を強化するため、就職希望地域の大学で求人情報閲覧等が可能となる「就職支援パートナーシップ制度」を実施しています。これにより学生は、就職を希望する地域の本制度参加10大学で、就職支援、就職関連資料の閲覧、就職ラウンジの利用などの支援が受けられます。協定締結大学は、横浜市立大学、静岡県立大学、兵庫県立大学、広島市立大学、大阪市立大学、福井県立大学、信州大学、都留文科大学、国際教養大学、名古屋市立大学です。


   

      就職支援パートナーシップ制度                           エアライン講座

 

「エアライン講座」

本学では、地元航空会社と連携し、学部3年生を対象とした「エアライン特別講座」を実施しています。航空業界の現状及び職務内容を現役のキャビンアテンダント等から学び、航空業界の採用試験対策を行っています。こうしたことから、本学は、近年、キャビンアテンダントへの採用者数が全国の国公立大学でトップクラス(第3位)となっております。詳しくはこちらをご覧ください。


 「公務員研究室」

 平成26年度より「公務員研究室」を開設し、1年生の早い時期から、公務員試験に向けた勉強を習慣付け、知識・学習・体験・面接まで一貫して身に付けさせます。週に一度の公務員専門学校講師による面談や、面接対策等を行います。