学部学科・大学院

文学部人間関係学科|教育設備・教育方法の特色

文学部人間関係学科の教育課程、教育方法の特色

人間関係学科

基礎科目の履修

人間関係学科の基礎となる専門基礎教育科目(全11科目)に関しては、1年次に学び、人間の存在、行動、発達を社会環境や自然環境などの関連において総合的に学習します。

7つの専門領域のいずれかに重点をおいた履修

2年次以降は、「心理学」「社会学」「社会福祉学」「人類学」「環境学」「生涯教育学」「生涯スポーツ学」などの専門領域について、講義だけでなく、実験・実習や演習によって研究・実践の方法を学びます。

●社会心理学演習/対人認知、集団における人間関係、リーダーシップなどの社会的行動について学びます。
●臨床心理学演習/人の不適応や障害の成り立ちと、その援助について学びます。
●発達心理学演習/時間の経過に沿って人間に生じる生理的・身体的・精神的な機能の様々な変化を学びます。
●コミュニケーション論演習/人と機械のコミュニケーション、メディアを介した人と人とのコミュニケーションの問題を学びます。
●社会学演習/現代人の人間関係や意識や文化の裏側に隠れているある種のルールを発見することを目指します。
●家族福祉演習/現代社会における児童家庭福祉問題を検討し、政策的、実践的課題について学びます。
●社会福祉援助論演習/社会福祉援助に関する理論と実践を学び深めることにより、社会福祉援助のあり方について検討します。
●人類学演習/フィールドワークによって、人の文化的・自然的適応について研究します。
●環境社会学演習/人間を取り巻く環境のなかでも、自然的なものごとを、とくに人間の手が加わった自然を扱います。
●人間環境演習/私たち人間がどのように自然と関わっているかという視点から環境を考えます。
●人間教育学演習/教育及び自己教育による人間形成や教育関係について研究します。
●臨床教育学演習/児童虐待、不登校などの問題を取り上げ、その理解と解決方法を探究します。
●教育行政学演習/子ども、若者の学びや生活に関わる権利保障、学校を中心にした教育制度の問題を考えます。
●生涯教育演習/人間の主体形成のプロセスや市民活動の展開・支援について研究します。
●生涯スポーツ演習/人とスポーツの関わりについて、行動、文化、制度などの面から学びます。
●健康スポーツ演習/選手の競技力向上や健康管理について、生理学的・心理学的側面から学びます。

取得できる免許・資格等

指定された科目を履修することによって、
■中学校教諭一種免許状(社会)及び高等学校教諭一種免許状(公民)
■認定心理士の資格
■社会福祉士の国家試験受験資格
■社会福祉主事の任用資格
■社会教育主事の任用資格
■博物館学芸員の単位修得証明書
を得ることができます。



人間関係学科の教育課程・教育方法の特色
人間関係学科のカリキュラム
人間関係学科の教員紹介