学部学科・大学院

文学部比較文化学科|教育設備・教育方法の特色

文学部比較文化学科の教育課程、教育方法の特色

多彩な地域・領域

比較文化学科では、日本と欧米・アジア、いずれかの地域に軸足を置きながら、文学、言語、歴史、美術、宗教、生活様式、メディアなど、多様な文化領域について、総合的・学際的に学習します。

柔軟性に富んだカリキュラム

比較文化学科の専門科目の多くは、「領域系」科目と「地域系」科目に分かれており、それぞれの系から一定数以上の科目を履修することになっています。
「領域系」科目では、文学、美術、映像、歴史、宗教、ジェンダーなど、ジャンルやテーマに焦点を合わせ、その中で地域間の比較をしたり、時代間の比較をしたり、作家・作品の比較をすることが中心になります。
「地域系」科目では、日本、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、ロシア、中国、インドネシアといった国々、さらには、環大西洋、北ユーラシア、アジアといった大きな広がりの地域を枠組としながら、その地域の特性が見えるジャンルやテーマについて探究することが中心になります。
「領域系」と「地域系」から、それぞれどのような科目を選んで履修するかによって、特定の地域・領域を深く掘り下げていくタイプの学習もできますし、複数の地域・領域へとどんどん視野を広げていくタイプの学習も可能です。

外国語運用能力の強化

異文化間の橋渡しをするためのコミュニケーション能力を高めるため、基盤教育科目の英語以外にも、1〜3年次に外国人教師による英会話・英作文を配し、英語の運用能力を高めます。また、英語力と意欲が特に高い学生は、選抜により少人数による特別クラスに参加できます。
フランス語・ドイツ語・スペイン語・ロシア語などの第二外国語を担当する教員が揃っているのも本学科の特徴で、英語以外のヨーロッパの言語と文化を深く学ぶことができます。これらの国々への留学も積極的に支援していきます。

履修の方法

1年次では、全学共通の基盤教育科目を中心としながら、基礎的な専門科目を履修します。
2年次では、基盤教育科目と並行して多様な専門科目の中から、自分の関心に即した科目を履修します。
3・4年次では本格的に専門教育科目を履修します。3年次から少人数の演習(ゼミ)を選択し、指導教員のもと、卒業研究に取り組み、卒業論文を執筆します。

取得できる免許・資格等

●教職課程を履修することにより、中学校教諭一種及び高等学校教諭一種免許状(国語・英語)を取得できます。
●指定された自由科目などを履修することにより、日本語教師・博物館学芸員の単位修得証明書を得ることができます。

※4年間でスムーズに、国語の教員免許と日本語教師資格の両方、あるいは英語の教員免許と日本語教師資格の両方を取得することが可能なカリキュラムが整備されています。



比較文化学科の教育課程・教育方法の特色
比較文化学科のカリキュラム
比較文化学科の教員紹介